1. トップ
  2. ヘア
  3. 色気も可愛らしさも手に入る♪柔らかいウェーブで作るとろみスタイルを紹介

色気も可愛らしさも手に入る♪柔らかいウェーブで作るとろみスタイルを紹介

  • 2018.8.28
  • 51580 views

ゆるさのある柔らかいウェーブは、女性らしさをより強調してくれるモテスタイルの1つ。

可愛さだけではなく大人っぽくスタイリングしていくことで、色気のある雰囲気も持たせることができるんです♪

今回はそんなとろみウェーブスタイルをレングス別に紹介していきます。

大人女性のトレンドは柔らかいとろみウェーブ♡

ボブ

佐藤 康文さん(@yasufumisatou)がシェアした投稿 -

柔らかいカールで外ハネにしてまとめたボブヘアです。

ストレートをベースにして、外ハネをするのではなく、曲線を描くようにサイドから毛先にかけて巻いていくことで、女性らしいとろみウェーブを作る事が出来ますよ♪

前髪もワンカールしてから少し横に流す様にスタイリングし、上品にまとめましょう。

酒井 皓平さん(@ciena_sakai)がシェアした投稿 -

顔まわりの髪を巻いていくだけで、女性らしさと色気のあるスタイルを作る事ができます。

顔まわりを華やかに見せるウェーブがある分、後ろの部分はニュアンスをつける程度にゆるく巻き、ふんわりと仕上げましょう♪

全体的にあまり巻きすぎず、ゆるさを保つことがポイントです。

佐藤 康文さん(@yasufumisatou)がシェアした投稿 -

癖っ毛風のウェーブスタイルです。

ニュアンスウェーブにナチュラルな質感を作ることで、エアリーかつ可愛らしい雰囲気を表現することができますよ♪

毛先もまとめて巻かず、あえて自然にラフに。

前髪も隙間を作りつつ、手櫛で軽くまとめるくらいの無造作感をプラスしましょう!

佐藤 康文さん(@yasufumisatou)がシェアした投稿 -

前髪にもニュアンスをプラスし、カジュアルな雰囲気がボブの可愛さを引き立ててくれるスタイルです。

サイドから毛先までを少しラフに巻いていき、ゆるやかなウェーブスタイルを作っていきましょう。

作ったウェーブを手櫛で軽く崩しつつ、ニュアンスをプラスした前髪もラフ感を持たせれば完成です♪

レイヤーの入った女性らしいボブスタイルです。

サイドと毛先の間にレイヤーが入っているので、サイドは内巻きでふんわりと。

毛先は癖っ毛風に外ハネにしていくことで、フェミニンかつ小顔効果もある絶妙なバランス感を作れます♪

前髪も少し厚めにカットし、可愛らしくまとめましょう。

ミディアム

嶋田全克さん(@shimadamasakatsu)がシェアした投稿 -

ミディヘアは毛先にふんわりとしたボリューム感を作ることで、大人可愛い雰囲気と上品な雰囲気のあるスタイルに。

外ハネ・内巻きと交互になる様に巻いていくことで、こなれ感のあるウェーブスタイルになりますよ♪

サイドの部分はあまりボリューム感を持たせないことがポイントです。

外人風のカジュアル感がプラスされた抜け感スタイルです。

柔らかい質感のウェーブを作った後に、ウェットスタイリングでカジュアルにまとめていきます。

前髪やウェーブ部分にウェットな束感を作ることで、カジュアルなだけではなく色っぽさのある雰囲気に♪

暗めの髪色を合わせることがポイントです。

セミロング

吉野内 裕一さん(@rejouer__yuichi)がシェアした投稿 -

毛先にかけて少しボリューム感が出る様に、ふんわりとしたウェーブでスタイリングしたスタイルです。

軽くレイヤーを入れることで、巻いた時に髪に段差ができるので、エアリーで柔らかい質感が作りやすくなるのでオススメ♪

前髪もうざバング風に少し長めに下ろして、おフェロ風にまとめましょう。

酒井 皓平さん(@ciena_sakai)がシェアした投稿 -

ウェットスタイリンでしっとりとまとめたニュアンスヘアは、大人っぽさと色気を表現できる大人のモテスタイルです!

前髪は流しバングにして大人っぽく、サイドの部分と合わせて一緒にゆるくウェーブさせていくことで華やかさを作れますよ。

佐藤 康文さん(@yasufumisatou)がシェアした投稿 -

ニュアンスを軽くプラスし、柔らかく女性らしい自然なウェーブヘアにまとめたスタイルです。

顔まわりから毛先にかけて、あまりしっかりと巻くのではなく、少し低めの温度のコテなどを使いゆるく優しく巻いていきましょう。

ボリューム感を作るために、毛先はカールしてふんわりとまとめれば完成です♪

佐藤 康文さん(@yasufumisatou)がシェアした投稿 -

毛先を少しラフに巻くことで、大人可愛い雰囲気が作れます。

巻く方向を全て同じにしてしまうと、ボリューム感や立体感が出過ぎてしまうため、とろみのあるウェーブヘアを作る時は、なるべくランダムに動きをつけていく程度に巻いていく事がポイント!

前髪も横に軽く流し、片側だけ耳掛けアレンジにしてまとめれば大人っぽくなりますよ♪

ロング

酒井 皓平さん(@ciena_sakai)がシェアした投稿 -

ロングヘアでとろみのあるウェーブスタイルを作りたい時は、あまりコテで巻き過ぎない様にする事です。

他のレングスよりもウェーブに長さが出て派手になりやすいので、波ウェーブ風に髪の流れを作っていきましょう♪

ツヤ感が出る様に髪表面の一部分だけ少しウェットにまとめて束感を作ると、大人っぽい色気のある印象に。

可愛らしさを重視したゆるふわなとろみウェーブスタイルです。

毛先にボリューム感を持たせる様に、鎖骨から毛先にかけてスタイリングしていくことがポイントです♪

巻いた後はふわっと空気感を持たせる様に少し崩しつつ、派手になり過ぎない様に全体をまとめていきましょう。

アッシュカラーで透明感を出し、大人っぽくまとめたウェーブスタイルです。

全体をウェーブするのではなく、ベースはニュアンスストレートの内巻きにし、表面など一部のみをゆるく巻いても柔らかい質感を作ることができますよ♪

前髪もあえてあまり巻かずに、自然な雰囲気を残してまとめましょう。

まとめ

いかがでしたか?女性らしさと色気を演出できる、とろみウェーブスタイルをレングス別に紹介してきました。

今のトレンドは、ナチュラル感も感じられる優しいウェーブです♪

巻き方が難しい、という方は低めの温度にしたコテで巻くことから挑戦してみてください。

オリジナルサイトで読む