1. トップ
  2. 産後に号泣…帝王切開で産後ブルー!? 赤ちゃんが抱っこできない【メンズかーちゃん~うちのやんちゃで愛おしいおさるさんの物語~ 第42回】

産後に号泣…帝王切開で産後ブルー!? 赤ちゃんが抱っこできない【メンズかーちゃん~うちのやんちゃで愛おしいおさるさんの物語~ 第42回】

  • 2018.8.25
  • 32304 views


こんにちは! イラストレーターのにわゆりです。

前回は逆子がなおらず帝王切開になってしまった話を書きましたが、今回はその後のお話です!

》「逆子体操やお灸をがんばるも…。出産当日は想定外が次々襲ってくる!」


「帝王切開は楽でいいわね~」なんて話を聞くことはありますが、そんなことはありません(笑)。帝王切開ならではのつらい体験が、いろいろあるのです!



まず生まれたらすぐにわが子を抱きたい気持ちでいっぱいですが、抱けません!

感動する間もなく、かーちゃんは手術続行。そして赤ちゃんはとーちゃんの元へ…もちろん一番最初に抱くのはとーちゃんです。悔しい!

術後は傷の痛みで起き上がることもできずにひたすら寝るのですが、かーちゃんの病院は次の日から歩く練習がはじまり、母子同室も始まりました。



個室だったのでトイレも近くにあったのですが、たどり着くまで何分かかったかわかりません(笑)。



そのくらい歩くのもひと苦労なのに、赤ちゃんを抱っこするなんてもってのほか!

夜な夜な痛みに耐えながら必死にオムツ替えと授乳。授乳室で、自然分娩のママさんがひょいっと赤ちゃんを抱き上げて授乳している姿を見て、涙がこぼれました。

ほかのママさんもみんな大変な思いをして出産しているのをわかっているのに、このときはうらやましくて仕方なかったです。



痛みと寝不足と慣れない育児にあっという間に情緒不安定になり、たまたまかかってきた母からの電話で号泣。これが世にいう産後ブルーというやつですか!?

とにかく、つらくてつらくて大泣きでした。あんなに泣いたのはいつぶり!? っていうくらい泣いて、母もびっくりしていました(笑)。



初めての試練を乗り越え、痛みも5日目くらいでひいていき、退院のときにはすっかり元気に! とはいえ1ヶ月くらいは手をつかないと起き上がれなかったので、無理せずたくさん休みました。

想像以上に大変だった育児の始まり。どんな形でも、出産というものは本当に大変で負担も大きいですよね。子どもを産んで、世の中のお母さん全員に対して尊敬のまなざしでいっぱいになりました。



ちなみにキーちゃんのときも帝王切開と決まっていたので、迷わず母子別室の病院を選び入院中の夜もゆっくり休むことができました。1人目はいろいろとこだわりが強かったかーちゃんですが、2人目で完全にこだわりは崩れますね(笑)。

「病院選びも大事だな~」と実感したかーちゃんなのでした。

※私が長男を出産したのは、2011年です。また、この体験記に記載された症状や治療法は、あくまでも筆者の体験談であり、症状を説明したり治療を保証したりするものではありません。

(にわゆり)

オリジナルサイトで読む