1. トップ
  2. ファッション
  3. 『プチプラ×カラー』で個性を活かして♪秋の大人コーデを楽しもう!

『プチプラ×カラー』で個性を活かして♪秋の大人コーデを楽しもう!

  • 2018.8.23
  • 23634 views

暗い色を選びがちな秋冬のコーデや、オフィスに使いやすいモノトーンコーデが多い方も必見♪

今回は、プチプラ&綺麗色を取り入れた大人のコーディネートをご紹介します。ビビットカラーも、コーディネート次第で大人スタイルが作れますので、是非チェックしてみて下さいね♡

ブラウン・ベージュ系コーデ

出典:http://zozo.jp/

地味過ぎないシアーチェックのブラウンブラウスを使ったコーディネート♪

トレンドライクなベージュのワイドパンツと合わせれば、シックで大人な秋コーデに。

出典:zozo.jp

モカ×ホワイトは、上品な大人カラーの組み合わせですね♪

スッキリ広めのネックラインと、ウエストラインから広がるプリーツが、女性らしいスタイルに仕上げてくれます。

出典:http://zozo.jp/

ウエストの絞ったようなデザインが特徴のシンプルカットソー。上品なテラコッタカラーが、顔を明るく見せてくれますよ♪

テーパードパンツに合わせれば、オフィスにもピッタリです。

出典:zozo.jp

秋にピッタリな起毛素材のプルオーバーは、ウエストの結びデザインがポイントに♪

デニムはもちろん、ワイドパンツやロングスカートとも合わせやすいです。

イエロー・マスタード系コーデ

出典:zozo.jp

ビビットなイエローからは、今季の注目カラー♪

薄手なので、秋冬はインナーとしても着回しが効きます。

トレンドライクなドット柄のフレアスカートと合わせれば、大人のアーバンスタイルに。

出典:zozo.jp

Uネックが人気を集めているプルオーバーです。

しっかりした厚みのあるフォルムと、ゆったり身幅で、ボディーラインも気になりません。

上品なベージュのワイドパンツと合わせれば、大人のカジュアルスタイルにピッタリですね。

出典:http://zozo.jp/

肌を明るく見せるレモンカラーは、優しい風合いで、着回しやすいカラーです。

人気のグレンチェックも、レモンイエローと合わせると大人の爽やかコーデになりますね。

グリーン系コーデ

出典:zozo.jp

フリルのような加工が可愛いメロウ仕様のリブカットソー。

さらに、今季人気のボトルネックもポイントになっています。

一枚で着るのはもちろん、スーツのインナーにも使いやすい素材感で、オンオフ着回しの効くアイテムです。

出典:http://zozo.jp/

ハンサムライクなコーデや爽やかコーデにピッタリなグリーンですが、ふっくら身幅のシルエットが可愛いプルオーバーならフェミニンな雰囲気のコーディネートに使えます。

ウエストにはギャザーが入っているので、インしなくてもコンパクトな上半身が作れ、スタイルアップ効果も。

出典:http://zozo.jp/

柔らかな風合いの落ち感があるTシャツは、ドルマンスリーブで大人スタイル♪ビビットなグリーンカラーが、全体のコーディネートを引き締めてくれます。

出典:zozo.jp

グリーンはオレンジやレッドとも相性の良いカラーなので、花柄のフレアスカートとも相性抜群♪

落ち着きのあるグリーンなので、コーデ全体が大人っぽくまとまります。

パープル・ピンク系コーデ

出典:zozo.jp

女性らしい淡いピンクは、秋コーデの上品な差し色にピッタリ!

明るく上品で清潔感のあるブラウスは、ベージュのテーパードパンツに合わせてもエレガントな雰囲気になりますね。

出典:zozo.jp

ビビットカラーのピンクも、ベージュと合わせれば都会的な大人スタイルに♪

Vネックやフレアスリーブ、ストレッチ性のあるジョーゼット素材などディティールも凝ったアイテムなので、上品にキマります。

出典:zozo.jp

パープルは、トレンド感のあるドット柄のワイドパンツとも相性抜群♪

Vネックのシンプルなシルエットは、どんなボトムスにも合わせやすく重宝しますね。

さらにウォッシャブル加工のニットは、デイリーコーデの強い味方です。

出典:zozo.jp

パープル系ピンクは、女性らしさがとても引き立つカラーですよね♪

トレンドのトレンチスカートと合わせれば、カジュアル過ぎないきれいめコーデが作れます。

袖丈も長めなので、1枚で着ても大人っぽいスタイルに♡

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、人気カラーのプチプラアイテムを使ったコーディネートをご紹介しました。

普段モノトーンコーデが多い方でも合わせやすいアイテムばかりですので、是非参考にしてみて下さいね。

オリジナルサイトで読む