1. トップ
  2. お弁当で大失敗…「前日の残り物」のおかずに要注意!【コソダテフルな毎日 第88話】

お弁当で大失敗…「前日の残り物」のおかずに要注意!【コソダテフルな毎日 第88話】

  • 2018.8.23
  • 25357 views

こんにちわ! みなさん、お弁当作りは得意ですか?

私は長男の幼稚園入園から計算して、通算7年お弁当を作り続けています。


自分の食べるお弁当なら残り物をザっとタッパーに詰めるだけでもいいですが、子どものお弁当となると悩みますよねぇ。

おかずの内容、食べやすさや、量、栄養面など頭を悩ませるポイントがいくつもありますが、さらには子どもによって食べる量も違えば好き嫌いも違うので、要領をつかむまではなかなか大変です。

ちなみに我が家の三兄弟の場合はこうです。

■きょうだいでも違うお弁当の食べ方
・長男
長男はなんでも残さず食べるけれども、食べ方が下手くそでした。なのでご飯はご飯でお弁当箱に詰めて、おかずはおかずで別のお弁当箱に詰めて、食べやすくなるように入れ物を二つに分けて入れていました。おかずについては出来るだけ無添加・を心がけて、なんでも手作りしていました。

・次男
次男は好き嫌いが多い偏食家で小食っ子です。よって、今度はものすごく小さなお弁当ひとつにして、おかずは好きなものだけを詰めました。
栄養面は度外視して思い切って加工品メインで詰めるようにしました。ソーセージやミートボールが大好きな次男。彩はほとんど茶色。それでも全部食べきってお弁当箱を空っぽにする喜びを味わってもらうことを優先して、野菜がほとんど入っていないお弁当を作りました。完成したお弁当を眺めながら「幼稚園の先生になんて思われてるだろう」と思いながら包んでいたっけ(笑)

・三男
そして、現在進行形で作り続けている三男はというと、好き嫌いのない食べることも上手なタイプです。

やっと理想的なタイプが来た…! と思うでしょう? ノンノンノン。


今度は私が息切れ状態です(爆)!!

もう手作りお弁当への情熱が急降下。なんでも手作りしていた長男時代から比べたらまぁ~~三男のお弁当の手抜きっぷりったら凄いです。

「無理なく簡単に」をモットーに、冷凍食品を活用しまくっています。長男時代にはあまり使いたくなかった冷凍食品だったのに、三男時代ではなくてはならないものになるだなんてあの当時は思いもしませんでした。

でも、使ってみると味も美味しいし、なによりほんっとに楽チン! なんでもっと早く冷凍食品のお世話にならなかったんだろうと後悔しているほどです。

というわけで三者三様のお弁当を作り続けてきて今思う、お弁当作りのコツは、「とにかく楽に作れること」に尽きます。

冷凍食品でも昨日の残り物でも、気楽にぱぱっと作れることが細く長く続けられるコツだと思います。

がしかし!! 前の日の残り物で…といえば、私、失敗したことがあるんです。

■お弁当で大失敗!
あれは長男が年中さんだった頃。

お弁当に前の日の晩御飯で炊いた栗ご飯を入れたことがあったんです。

そして、長男が幼稚園でお昼のお弁当を食べているであろうその頃、私も自宅でお昼ご飯を食べようとしていました。

栗ご飯を一口食べてみると???


明らかに臭いがおかしい…。…あれ? 栗ご飯ってこんな味だったっけ???

これ、もしかして傷んでる!? と思ったんです。

そう思ったのにも関わらず、何を根拠にそう思ったのか謎ですが、幼稚園のお弁当に入れた栗ご飯はきっと大丈夫だろうと思い込んでしまったんです。(なんでや!!)

家の栗ご飯を置いてあった環境がたまたまよくなかっただけで、お弁当の栗ご飯は大丈夫かな?? と思い込むことにして、そっと放っておくことにしました。

そしてお迎えの時間に長男を迎えに行ったのですが、靴箱を出るなり長男が不思議そうに相談してきました。



ぎゃーーーーーーー!! しまった!! やっぱり!? やっぱり腐ってた!?

長男:「え。あれ、腐ってるの? なんか変な臭いがして、全然美味しくなかった」

うわぁぁぁぁーーーー!! それでどうしたの?

長男:「全部食べたよ?だって、残しちゃダメだと思ったから」

なんということでしょう。けなげに、傷んだ栗ご飯を完食してしまいました!!!!

残しちゃダメだと必死に食べた長男に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

そして不幸なことに、これをきっかけに、あんなに好きだった栗ご飯を大嫌いになってしまいました…(私のせい)

強靭な腸の持ち主なのか、お腹を壊すこともなくなんともなかったことが不幸中の幸いですが、本当に申し訳ないことをしてしまったと深く反省しました。

異臭に耐えて一生懸命食べきった長男の姿に思いを馳せては夫が涙出そうになってましたよ…。


ほんとごめんなさい。

その後知ったことなのですが、栗ご飯ってもともとすごく腐りやすいものらしいですね!?


一晩台所に置いておくだけでもあっという間腐ってしまうほど傷みやすい食べ物なのに、それをお弁当に入れちゃったんですからそりゃぁもう…ねぇ?子どもの健康を守るのがお母さんの役目なのに、壊しにいってるようなもんです。

あと、意外かもしれませんが、カレーも傷みやすい料理だそうです。ご存知でした?

2日目のカレーは美味しいイメージがあるでしょう? 私も美味しいからとカレーをお弁当に入れて持たせていたのですが、この情報を知ってからは入れるのをやめました。


■数年後のある日。次男のお弁当の白米が…
この栗ご飯事件から数年たったある日。

今度は次男のお弁当の時間に、自宅でお米を味見してみたら…わーーーーお! ご飯がなんだか変な味がする…かも? …いや、よくわからない…。

そうなようなそうでないような、いまいち確証が持てなかったのですが、前回のこともあるので、疑わしきは交換しろということで、 新しいお弁当を作ってダッシュで幼稚園に向かったのでした!!


セーーーーフ!! 次男がお弁当を食べる前に間に合いました!! 危なかった~~~。

お米って結構早くに腐りやすいんですよね。

これらはすべて私の危機管理能力の低さゆえ巻き起こしてしまっている現象なので、しっかりしている皆さんはこんなヘマはしないとは思いますが、前の日のおかずやご飯をお弁当箱に入れる時には、くれぐれも気をつけてください。

(ちゅいママ)

元記事で読む