1. トップ
  2. 恋愛
  3. 非モテの原因?恋を遠ざける「自分ルール」

非モテの原因?恋を遠ざける「自分ルール」

  • 2018.8.23
  • 50767 views

恋愛には、人によって理想やクセがあります。

でも、「恋愛はこうじゃないと!」という思い込みがすぎると、せっかく恋のチャンスがあってもスルーしてばかりに。

何年も彼氏がいないという人は、こんな「恋の自分ルール」に囚われていませんか?

自分ルール

絶対男から追いかけてほしい

「女から追いかけると、安く見られたり本気になってもらえない」と思い込んでいる人はいませんか?

確かに、相手が乗り気ではないうちから一方的にデートに誘ったり告白してしまったり、などガツガツ攻めるのはNGです。

女子があまりに積極的すぎると、引いてしまったり面倒くさく感じてしまう男性がいるからです。

でも、好きな人が何もしなくても向こうから追いかけてくれる確率はほとんどありません。

用もないのに何度もLINEしたり、ほかの女子に焼きもちを焼くなど「好意が丸わかりになる行為」以外はむしろ女子からやらなきゃ損!

相手を意識するきっかけにもなるので「オレのこと好きなのかな?」と気づかせるのは大事です。まずは好意をチラ見せしてみるところから始めましょう。

自分の時間が一番大事

「恋人ができると休みはいつもデートしなきゃいけないし、マメに連絡するのもめんどくさい」という女子も多いようです。

しかし、恋人になってもお互いの時間を尊重できるタイプの男性も多数いますし、彼がそのタイプかどうか知るにはある程度デートを重ねてみることも必要。

自分の時間を尊重してほしいばかりに、デートの誘いをすぐ断ってしまったり「忙しい!」続きで数週間先でないとアポが取れないようでは恋愛には全くプラスになりません。

敬遠すべきは「恋人ならいつもベタベタしてたい」というタイプの男性であって、一人の時間も大事にできる人なら恋人になっても楽しいはず。

まずは自分の予定を分刻みで入れるのをやめ、ゆとりを持ったスケジュールで過ごすようにしてみましょう。

そして「いいな」と思った人には、自分の時間の使い方を話しておけば「時間の使い方が上手くて、充実した女性が好き」というタイプと巡り合える確率もアップするでしょう。

お金を稼げない人は嫌

「次に付き合う彼とは結婚したいし、稼いでいるかどうかは交際相手を選ぶ上ですごく大事なこと」と考える人も多いです。

確かに、ある程度の年齢になると、収入は社会的な賢さのバロメーターになります。

収入がどのくらいか分かれば、金銭面以外でもその人をジャッジする基準にできることもあります。とはいえ、正直に口に出せばいいものではありません。

言ったが最後、男性から光の早さで足切りされ、本命候補にはしてもらえないことも。

また、稼いだお金をどれだけ彼女のために使うか……というのは人によって感覚がバラバラです。

「お金を稼げない人はレベルが低く感じるから」なのか「ゴージャスなデートがしたいから」なのか、彼にお金を稼いでいてほしい「理由」は女子も自覚しておく必要があります。

なお、お金を稼いでいる男性と知り合いたければ、自分でお金を稼げる人間になるのが一番の近道です。

スキルアップ、勉強などに目を向けてみると、同じフィールドの男性との出会いにもつながるかもしれません。

さいごに

恋愛に対し譲れない部分を持つことは大事。

でも、そこにこだわる理由を自分でもわかっていないと、ただ出会いを遠ざけるだけになってしまいます。

自分にとってどうしても譲れないことは何か考え直し、それ以外はおおらかに受け止める姿勢がモテにつながります。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)

オリジナルサイトで読む