1. トップ
  2. ダイエット
  3. 熱帯夜もぐっすり快眠!ヨガで不眠を解消する「花輪のポーズ」

熱帯夜もぐっすり快眠!ヨガで不眠を解消する「花輪のポーズ」

  • 2018.8.22
  • 6707 views

猛暑が続くとどうしても眠りが浅くなったり、デスクワークで背中が丸まると呼吸が浅くなり、疲れが溜まりがちです。眠りが浅いときにおすすめの「合掌した花輪のポーズ」で胸をしっかり開き、深い呼吸で疲れを溜めない体を目指しましょう。

「マーラ・アーサナ(合掌した花輪のポーズ)」

股関節を開いてしゃがむポーズです。腕と脚を押し合うようにしながら胸を引き上げましょう。そうすることで脚を閉じるときに働く内転筋群をストレッチできます。

足首が硬くてしゃがむときにかかとが浮いてしまう方は、畳んだタオルなどの上にかかとを乗せましょう。しゃがむのがつらい場合は、おしりを下げきらなくてもOKです。

TIP1. 胸の前で両手を合わせて立つ

まずは立位の基本となる「ターダ・アーサナ(山のポーズ)」で立ちます。骨盤を中心に上下に伸びるようなイメージで、肩の力を抜いてまっすぐ立つことを意識しましょう。

POINT. 両脚を腰幅より広めに開き、つま先をやや外側に向ける

両足を腰幅よりやや広めに開いて、つま先を少し外側に向けましょう。両手は胸の前で合わせます。

TIP2. ゆっくりとしゃがむ

両手を合わせたまましゃがみ、上腕をひざの内側に当てて押し合います。背中を丸めず、背骨を伸ばすと綺麗な「花輪のポーズ」になります。

TIP3. ひじとひざの内側で押し合う

両手をしっかり合わせたまま、床と前腕が平行になるようにして、ひじとひざの内側を互いに押し合います。

POINT. 胸を引き上げる

このとき胸をしっかり引き上げて、おなかでしっかり呼吸します。股関節が開くのを意識して、背骨の伸びを感じましょう。

正座に戻る

「花輪のポーズ」から、正座の姿勢に移ります。両手を床について、ひざをおろし、全身の血がめぐるのを感じながらリラックスして呼吸を続けましょう。

監修:スタジオ・ヨギー
衣装協力:ヨギー・サンクチュアリ

スポット情報

  • スポット名:スタジオ・ヨギー
  • 住所:東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル南館2F
  • 電話番号:03-6212-6851
オリジナルサイトで読む