1. トップ
  2. いい女の料理は茶色!? 横澤夏子の言い分…

いい女の料理は茶色!? 横澤夏子の言い分…

  • 2018.8.21
  • 876 views

出会った女性がネタの源。そんな横澤夏子さんが、街で見つけたいい女を実演。今回は手間のかかる料理をきちんと作る女になりきり。

素敵な人は茶色い料理の魅力を知っている。

突然ですが、みなさんは豆を煮ることがありますか? 豆は、おせち料理に入っていたり、節分には「年の数だけ食べなさい」と言われたり…、昔からの日本文化のひとつです。長寿大国である日本のおじいちゃんやおばあちゃんが食べていることを考えても、いかに体にいいかということがわかりますよね。でも、見た目は決しておしゃれとはいえず、作ったとしてもインスタグラムにアップして報告するという人は、ほとんどいないと思います。だからこそ、煮豆を作る女性を尊敬せずにはいられません。誰かに見せるわけでもなく、自分の体のことを考えて豆を煮る。その考え方自体がカッコいいです。

それに、煮豆を作るのは思いのほか手間がかかるうえ、ほっくりと美味しく作るにはかなりの腕が要求されるので、そういったスキルがあるところも素敵ですよね。友だちの家に遊びに行ってタッパーに入った煮豆が出てきたら感動すると思います。それに、子どもの頃には嫌いだったかもしれない煮物をはじめとする“茶色い料理”の魅力を理解しているところも、大人な感じがしますよね。こういう女性はきっと、キッチンのことを“おかって”と呼ぶし、“黒豆を作るときには錆びた釘を入れるといい”などの、料理に関する豆知識もたくさん知っているはず。そう、豆だけに…!(笑)

きっと、“普段は豆を食べない”という人もいると思うので、まずは定食屋さんなどに行って、煮豆料理を食べるところから始めてみようと思います。豆を使った料理が身近な存在になることで“作ってみよう”という意欲がわくし、食事への取り入れ方や味付けの方法を勉強できます。また、煮豆作りには下ごしらえが必須。挑戦するうち、人生においても下準備ができる女性になれそうです!

よこさわ・なつこ 芸人。『バイキング』(フジテレビ系)や『王様のブランチ』(TBS系)など、数多くのバラエティ番組にレギュラー出演している。初の著書『追い込み婚のすべて』(光文社)が発売中。

※『anan』2018年8月15・22日号より。写真・中島慶子 イラスト・別府麻衣 文・重信 綾

(by anan編集部)

オリジナルサイトで読む