1. トップ
  2. メイク
  3. ふんわりモテ顔になりたい♡女性らしい柔らかfaceの作り方☆

ふんわりモテ顔になりたい♡女性らしい柔らかfaceの作り方☆

  • 2018.8.17
  • 14720 views

“ふんわりモテ顔”をつくり出すポイント

ふんわりモテ顔
出典:GODMake.

女性らしい“ふんわり”とした柔らかい印象はポイントさえおさえれば、メイクで簡単に近づくことができます。ポイントをおさえて、上手に近づけていきましょう!

ピンク系の下地で顔全体の印象をまろやかに

ピンク系のコントロールカラー効果をもつメイク下地を使って、顔全体をやわらかくまろやかな印象に仕上げましょう。特にくすみが気になるような、小鼻や目の下のクマの部分には丁寧に重ねて塗ることで、お肌の色ムラ悩みの解消にもつながります!

ふわっと柔らかい太眉

その人の印象を左右する大きなポイントといえば、“眉毛”。ふんわりモテ顔を狙うなら、ナチュラルで傾斜のゆるやかな太眉に仕上げて、やわらかな表情をつくりましょう。

もともとの眉毛を活かしながら、“ほわっと”仕上げるのがポイント。いかにも「描いています!」という印象にならないように、パウダータイプのアイブロウを中心に仕上げていきましょう。

自身の眉毛の色よりも少し明るめのカラーを使って、眉頭から眉山までがストレートのラインになるように、眉毛の上側に足りていない部分を描き足しましょう。傾斜がつくとキツイ印象に見えやすいので、平行ラインに仕上がるように、穏やかな直線ラインを描いてみてください。

濃い色味の細めの眉毛はクールな雰囲気を与えやすいので、角度のゆるやかな太眉を明るいカラーで仕上げてふんわりとした雰囲気を演出してみましょう。

ピンク系ブラウン × パールで優しげな目元

アイラインをしっかりひいた目元は、キツくクールな印象に見えてしまいやすいもの。ふんわりモテ顔を目指すのであれば、アイシャドウパレットの中の一番濃い色でアイラインの代わりに目のキワを締める程度で充分okです。

また、優しげな印象を目指すのであれば、アイシャドウも“抜け感”がとても重要。パール入りのピンク系ブラウンのアイシャドウパレットで、やわらかなグラデーションを作ってふわっとやわらかい眼差しを目指しましょう。

濃いブラックなどの印象の強い締め色を使わないことで、抜け感のある女性らしい目元が手に入りますよ。

甘めのモテ顔チークはやっぱりピンク

最近はチークレスのメイクもトレンドですが、血色感を感じないメイクは一歩間違えるとクールで冷たい印象になりかねません。ふんわりモテ顔を目指すならば、血色を感じるチークはやっぱり必要不可欠!頬に血色を感じるメイクは何となく高揚しているような印象に見えて、優し気な雰囲気に見えますよ。

カラーはやはり王道モテのピンク系がおすすめ。少し高めの位置にチークを入れて若々しい明るい印象も手に入れちゃいましょう!

ふっくらリップで色気も柔らかさも手に入れる

女性らしいパーツといえば、ふっくらしたリップを思い浮かべる人も少なくないはず。立体感のある少しボリューミーなリップは、やわらかさ以外にセクシーさも手に入れられる大切なポイントです。話しているときに、ついつい視線が向きやすいパーツだからこそ、丁寧に仕上げましょう。

もともとの唇の大きさよりも少しオーバーにリップの色味をのせていきましょう。もともと薄い唇の場合は、リップライナーを使って輪郭をオーバーに縁どってみるのもおすすめです。少しはみ出す程度までリップをのせることで、自然にふっくらとした印象を手に入れられますよ。

リップはトレンドのマットリップだとクールな印象になりやすいので、ふんわりモテ顔を目指すのであればツヤ感を感じるピンクやローズ系のリップを選んでみてください。

ポイントをおさえて“ふんわりモテ顔”を手に入れよう

ふんわりモテ顔を手に入れよう
出典:GODMake.

血色を感じるふんわりやわらかな印象のメイクは、モテ顔をつくるだけでなく、明るくはつらつとした健康的なイメージを与えることもできます。

ピンク系のカラーを取り入れたメイクの場合、使い方を少し誤ると野暮ったく見えてしまったり、膨張して見えてしまいがちですが、今回ご紹介したポイントをおさえながらチャレンジしていただければ、きっとそんな悩みは無くなりやわらかい印象に仕上がるはず!

ぜひこの機会に、ふんわりモテ顔メイクに挑戦して、女性らしいやわらかな雰囲気を手に入れてみましょう。

オリジナルサイトで読む