まずはこれだけ要チェック!今使えて秋まで着回せるトレンドアイテム特集

うだるような暑さが続く今年の夏もいよいよ折り返し。そろそろ、秋服を意識してショッピングしていきたいですよね。

今回は、今使えて秋まで活躍するオススメのアイテムをご紹介します!

シャツワンピ

出典:http://zozo.jp/

薄手のシャツワンピは、夏の時期は室内用の羽織として、秋にはワンピースとしても使える優秀アイテム。

さわやかなホワイトトップスや、かごバッグとサンダルを合わせて、夏らしい着こなしを楽しんでいます。

出典:http://zozo.jp/

先ほどの色違いをワンピースとして着こなしたコーディネート。

今の時期は腕を捲り上げて、明るめのカラーのサンダルで涼やかに。秋からは足元に変化を与えて季節感を出していきましょう。

襟付きデザインはオフィスコーデでも活躍してくれるので、長い期間スタメンアイテムとして使えそうです。

undefined
出典:zozo.jp

ジューシーなカラーのこちらのシャツワンピは、襟なしタイプなのでラフに羽織れそう。

秋口には、ワイドなデニムを合わせて重厚感のある着こなしをしたいですね。

カーディガン

undefined
出典:zozo.jp

シンプルなロングカーディガンは、時期を選ばず重宝するので何枚も持っていたいもの。

特にダークカラーや、トップスを選ばないワイドなアームのタイプはオススメ。ダークカラーは夏のコーディネートを引き締めるのに役立ちますよ。

また、ワイドアームなら秋口に袖の広がったブラウスを着たときでも、もたつかずに羽織れます。

出典:zozo.jp

ニットでも、ポリエステル100%なら軽やかな印象に。夏にニットは敬遠しがちかもしれませんが、サマーニットは風通しが良くて案外涼しいんですよ。

ヒップも隠れるミディアムロング丈のボリュームニットなので、重ね着が増えてくる秋にももちろん大活躍します。

undefined
出典:zozo.jp

ビックシルエットなこちらのロングカーディガンは、嬉しいベルトロープ付き。夏はしっかりウエストマークしてカジュアル感を演出しましょう。

レオパード柄/ゼブラ柄アイテム

出典:zozo.jp

2018年の秋冬はレオパード柄が流行の兆し。ということで、大胆に今からブラウスで取り入れてみましょう。

うるさすぎない程よい強みの柄と、光沢のあるサテン地が大人の上品さをしっかり保ってくれているので、クラシックに着こなすことができます。

動きやすさとシルエットの美しさを兼ね備えたテーパードパンツに合わせて、すっきりとしたコーディネートがオススメ。

夏はフロントボタンを開けて、中にタンクトップやキャミソールを合わせてもいいですね。

出典:zozo.jp

こちらはモノトーンベースのレオパードシャツで落ち着いた印象に。

キュプラ100%の素材は肌馴染みがよく落ち感も美しいので、大人のきれいめコーデにぴったりです。

バッグや足元もスマートにまとめ上げて、オフィスでデキる女を演出しちゃいましょう。

出典:http://zozo.jp/

服で取り入れるのに抵抗がある人には、小物で取り入れることをオススメします。

バランスを取りやすいちょうど良い大きさのゼブラ柄バッグは、コーディネートのポイントになってくれるので、服はシンプルにまとめましょう。

意外とオールマイティなシーンで使えるので、一つ持っておくと重宝しますよ。

出典:zozo.jp

足元からまず取り入れるのも、おしゃれに敏感なファッショニスタのテクニック。

コーディネートのポイントになりながらも主張が控えめなので、季節の服に応じて合わせられます。

きれいめな印象を狙うなら、ポインテッドトゥがオススメですよ。

ピンクカラー

undefined
出典:zozo.jp

2018年秋冬に流行るカラーは、鮮やかなピンクカラーとの情報をキャッチ!女性が大好きなピンクカラーが流行るとなれば、早速取り入れていきたいですよね。

ボリュームたっぷりなフリルが印象的なこちらのトップスは、甘くなりすぎないようにボトムスはブラックで引き締め。

ハイウエストでさらにスタイルアップを狙いましょう。 秋口になったら、ざっくりしたニットカーディガンを合わせて着回したいですね。

出典:zozo.jp

ブラウスで取り入れることに抵抗がある方は、カーディガンで取り入れてみてはいかがでしょうか。

スタンダードなシルエット、丈感のカーディガンなら何かと合わせやすいですし、オフィスでも使えるので着回し力も抜群です。

出典:zozo.jp

お休みの日には、思いきってボトムスで取り入れてみるのもオススメ。

甘さ×カジュアルのミックスを楽しみつつ、大人らしい余裕のあるコーディネートができそうです。

カジュアルになりすぎないように、抜け感を演出したヘアアレンジでしっかりおしゃれ感をキープしましょう。

出典:zozo.jp

服にピンクを取り入れにくい方は、バッグなど小物アイテムで楽しみましょう。 麻素材のバッグなら夏らしいコーディネートにぴったり。

秋口にも、重たいカラーコーディネートの差し色として使えます。

出典:zozo.jp

ちょこっと先取りしやすいアイテムNo.1は、シューズかもしれません。

フラットパンプスならシーズン問わず履くことができて、ピンクカラーはあらゆるコーディネートのアクセントになります。

カラーがぶつからないように他のアイテムはシンプルを心がけて。

まとめ

まだまだ暑さが続いて夏真っ盛りですが、心はもう秋色!今年の秋はどんなおしゃれをしようかな?と考え出すと、今から待ち遠しくなりますね!

今から秋まで使えるアイテムをゲットして、季節の変わり目もおしゃれを楽しみましょう。

元記事を読む
提供元: folkの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。