1. トップ
  2. グルメ
  3. 東京にいながらネパールへ!? ネパールの家庭料理が食べられる!ランチタイムにおすすめエスニック店3軒。

東京にいながらネパールへ!? ネパールの家庭料理が食べられる!ランチタイムにおすすめエスニック店3軒。

  • 2018.8.10
  • 378 views
Hanako.tokyo
Hanako.tokyo

2018.08.10

東京にいながらネパールへ!?ネパールの家庭料理が食べられる!ランチタイムにおすすめエスニック店3軒。

学生は夏休み!しかし社会人は仕事仕事が現実…それならランチタイムで東京にいながらネパール旅行はいかが?ネパールの家庭料理が食べられるお店を3店ピックアップ。どこかホッとする家庭的な雰囲気が魅力のお店です。

1.ごはんと味噌汁のように 食べ疲れしない家庭料理を。〈ネパリコ〉/渋谷

Hanako.tokyo

マニアではなく一般の日本人に向けて 本当の家庭料理を出したいというオー ナー、パダムさん。派手さがない分、 理解してもらうのは難しいと言うのだ が、心地よい食後感で体が喜んでいる のがよくわかる。

Hanako.tokyo

前から、米粉の生地 にスパイスで和えたひき肉と半熟卵を のせた「チョタモリ」(700円)、発酵筍 とたっぷり野菜の「バンブースープ」 (700円)

2.ネパールの家庭料理専門店 都内で元祖はここ。 〈Soaltee Mode〉/恵比寿

Hanako.tokyo

おそらく都内で初めてダルバートをメ ニューに載せた店。エレベーターが5F で開いたらダイレクトに店内のため初 回はちょっと勇気がいるが、いったん 足を踏み入れてしまえば本当に居心地 がよく長居必至。店名がグルン族の言 葉で“友達の交差点”=みんなが出会う 場所というのにも納得。

Hanako.tokyo

右から「チキ ンチリ」( 1,300円)、「チャウミン」(1,0 80円、各税込)

3.伝えたいのは故郷の味だけ、 妥協なしの本気の家庭料理。 〈Purja Dining〉/巣鴨

Hanako.tokyo

おいしさの追求にいつも全力投球のプルジャさん。なんと群馬に畑をもっていて、いずれ野菜食材はすべて自家製のオーガニックにしたいと考えているそう。

Hanako.tokyo

前の「チャウチャウサデコ」(650 円)は新メニューの冷麺。干し飯チウ ラ、バトマスサデコ、アルコアチャル などのワンプレート「カジャ・セット」 (奥・1,000円)は、お酒のアテにもごは んにも打ってつけだ。

(Hanako1140号P82掲載/photo : Jiro Fujita text : Mick Nomura edit : Mick Nomura)

オリジナルサイトで読む