1. トップ
  2. 天候不順で体調不良…天気に振り回される自分がイヤです【心屋仁之助 塾】

天候不順で体調不良…天気に振り回される自分がイヤです【心屋仁之助 塾】

  • 2018.8.9
  • 747 views



メディアで話題の心理カウンセラー、心屋仁之助さんとその一門があなたの相談に答える「凍えたココロが ほっこり温まる、心屋仁之助 塾」。今回は、「天候が気になり、振り回されています」という、てんきさん(37歳・主婦)に、心屋塾認定講師の田中佐緒利さんからアドバイスをいただきました。

■てんきさんのお悩み

私は天気の変化が怖く、毎日、毎時間チェックしています。雷、大雨、強風など荒れる日には体調不良になってしまい、そのせいで家族にも迷惑をかけています。

こんな自分にうんざりしており、疲れています。ここから抜け出すことはできますか? 毎日つらいです。

※一部、質問内容を編集しています。



■心屋塾認定講師の田中佐緒利さんより

てんきさん、こんにちは。心屋塾認定講師の田中佐緒利です。

てんきさんは、お天気が怖いんですね。天候が荒れる日に体調不良になり、ご家族に迷惑をかけていることがおつらいんですね。

「天気のせいで体調や心が乱れてしまう」というのは、てんきさんだけではなく、よく耳にするお悩みです。

かくいう私も以前は、低気圧のたびに毎回ひどい頭痛に悩まされていました。仕事にも行けない、ベッドから起き上がれない、鎮痛剤を飲んでも治らない…といった状態でした。

最近はそのようなことも激減しましたが、お天気によって体調や心が「なんだかしんどいな」と感じて、何もしたくない日はあります。

そんなてんきさんにおすすめしたいのは、一度「天気予報を見ない! チェックしない!」と決めること。

体調不良になるのが怖くて、天気予報をチェックされているんだと思いますが、チェックすればするほど、「また体調不良になるかもしれない。体調不良になるに違いない!」と不安が大きくなりませんか?

てんきさんの頭の中は「体調が乱れる。そしたら家族に迷惑をかける」。そうした思いでいっぱいになっているのではないでしょうか?

チェックしてもしなくても、体調は乱れる時は乱れます。そうなるのが怖くてチェックしているけれど、その行為が、体調不良の呼び水となっているようにも感じます。



それから、てんきさんに声に出して言ってみてほしい言葉があります。

「私も、天気のように荒れ狂ってもいい」
「私も、天気のように人間に迷惑をかけてもいい」

言ってみて、どうでしょうか?

天気や自然は、ありのままの姿を見せてくれます。おだやかな優しい日もあれば、カンカン照りで厳しい暑さの日もあり、また時には恐ろしいほどの豪雨や地震で人々の暮らしを一変させてしまう、そんな日もあります。

だけど、どうにもできませんよね。お天気や自然の変動をそのまま受け入れることしか、私たち人間にはできません。



どんなに予防をしても、どんなに準備をしていても、それをはるかに超えてくる自然の脅威に、私たち人間は無力さを感じてしまうこともしばしばあります。

だけど、悪いことばかりではありません。自然は「ありのままでいいんだよ」ということを私たちに教えてくれているのではないかな、と私は思います。

お天気や自然現象のように、すがすがしく晴れる日もあれば、怒り荒れ狂う日もあり、おだやかに落ち着いている日もある。

そんな自分自身が感じる感情を、心と体の変化を、てんきさん自身がありのまま受け入れ、認めてあげましょう。

家族に心配をかけることは、迷惑をかけることではありません。大切な家族が体調を崩していたら、心配にはなるけれど、迷惑だとは思いませんよ。てんきさんもそうではありませんか? ご家族が体調を崩されたのを見て、心配はしても、迷惑だと怒りはしないですよね?

「私は、家族に迷惑をかけてもいい」
「私は、家族に心配かけてもいい」
「私は、家族に甘えてもいい」
「私は、家族に頼ってもいい」
「私は、家族に助けてもらってもいい」
「私は、家族の前で不機嫌でもいい」
「私は、家族の前でしんどくてもいい」
「私は、家族の前で喜怒哀楽を出してもいい」

どうぞ、この言葉を何度も何度も、ブツブツブツブツとつぶやき続けてみてください。そのうちに、てんきさんが見ている世界が変わってくるかもしれません。

てんきさんも、お天気のようにくるくると変わる、ご自身のさまざまな感情を大切にしてあげてほしいなと思います。それこそが女性の魅力であり、才能ではないかと私は思います。

暑い日が続きます。どうぞ、心と体にやさしく、ご自愛くださいね。

・このカウンセラーのブログ
https://ameblo.jp/abyssinian23/

(編集/外山ゆひら)

(田中佐緒利)

オリジナルサイトで読む