1. トップ
  2. ファッション
  3. プチプラなのにトレンド感たっぷり。最旬“韓国ファッション”で今夏のお洒落を底上げして

プチプラなのにトレンド感たっぷり。最旬“韓国ファッション”で今夏のお洒落を底上げして

  • 2018.8.9
  • 4645 views

お洒落を愉しむ強い味方となってくれるプチプラブランドですが、中でも最近特に人気が高まっているのが、韓国のデザイナーズブランド。そこで今回は70を超える韓国ブランドを揃える「DHOLIC SELECT」から今夏のお洒落を底上げしてくれる高見えアイテムを着こなしのコツとともにチェックしてみましょう。

▶︎【GU】トレンド感を損なわない秋まで着回せる“今買い”4アイテム

ブーム継続中。こだわりの詰まった“チェック柄”アイテム

どんなアイテムでも主役級の存在感を放つ人気の“チェック柄”アイテム。流行りの色やパターンはシーズンごとに異なりますが、今夏は小物やカラーとのバランスを重視したコーデでワンランク上のスタイルに仕上げるのが着こなしのコツです。

まずはKIRSH(キルシュ)というブランドの軽いコットン素材のチェック柄シャツ。シャツはクロップド丈を選んでオンナらしさをプラスするのがポイントです。

出典:DHOLIC

ハイウエストのデニムと合わせてもバランスの良いカジュアルな着こなしが叶いますし、スニーカーやハットを合わせるときもチェック柄の色と同系色で合わせるとまとまり感もグッと高まりますよ。

続いてはANEDIT(アンエディット)スクエアネックのナチュラルなシルエットが素敵なチェック柄ロングワンピース。

出典:DHOLIC

ミニマルでスッキリとしたシルエットがさり気なく上品な印象を与えてくれます。また、バックスタイルもには大ぶりのボタンデザインが施されていますよ。

楽チンなのにお洒落が叶う“セットアップ”アイテム

もはやワードローブの定番とも言える“セットアップ”のアイテム。今夏もマニッシュからフェミニンまで様々なアイテムが登場していますから、気分やシーンに合わせて着こなしを愉しむのがお約束です。

今季トレンドのアースカラーのセットアップはPARTIMENTO(パルティメント)というブランドのアイテム。

出典:DHOLIC

通気性の良いリネン素材が使用されており、ゆったりとしたサイズ感でメンズライクな着こなしにピッタリです。秋トレンドのゴールドのアクセとも相性抜群なので、秋まで上手に着回しましょう。

少しラグジュアリーな印象のシルエットとディテールのユニークなセットアップはO!Oi(オーアイオーアイ)というブランドのアイテム。

出典:DHOLIC

デコルテをキレイに見せるスクエアネックは、夏に続き秋も抑えておくべきキーワード。また、スカートはボタンの止め方によってアシンメトリーで着用できる2WAYタイプというのも嬉しいポイントです。

襟と裾襟部分にサテン生地をポイントに施したブラウスとスリット入りミニ丈のスカートのセットアップはoneninenineone(ワンナインナインワン)というブランドのアイテム。

出典:DHOLIC

ボタンを留めてブラウスとして着用しても、前開けしてインナーを合わせてジャケットとしても2WAYで愉しめますし、ハーフスリーブなので今から秋にかけての着用にも最適。レトロ感のある着こなしを愉しみたい方に特にオススメです。

シンプルなのにしっかりキマる注目の“ロゴT”

どんなスタイルにも合わせやすい夏アイテムとして真っ先に挙がる“ロゴT”。シルエットやプリントされているロゴのデザインなど自分らしさを出しやすいアイテムでもあります。ぜひインパクトと着回し力の高いお気に入りの1枚を見つけましょう。

“Chérie”とフランス語がプリントされたロゴTは CLIF(クリフ)というブランドのもの。ベージュグレーにレッドでプリントされたロゴがお洒落度をグッと引き上げてくれます。

出典:DHOLIC

ナチュラルなシルエットが叶う絶妙なサイズ感も魅力。ショート丈のボトムスを合わせて「シンプルだからこそオシャレ」な着こなしを愉しみましょう。

胸元にインパクト大のロゴがプリントされたTシャツはCRUMP(クランプ)というブランドのアイテム。黒ボディですが、首元と裾の白が配色されメリハリのあるデザインになっています。

出典:DHOLIC

ライン入りのボトムスを合わせるなど、トレンドのスポーツミックススタイルにもしっくりハマるのも嬉しいポイント。また、秋口にはジャケットを羽織ってもインパクトのあるプリントがバッチリ映えますよ。

このようにプチプラなのにトレンド感たっぷりのデザインとシルエットのアイテムが揃えられる韓国のファッションブランド。ぜひ今後も小まめにチェックしてみてくださいね。

オリジナルサイトで読む