1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「ラブラブなカップル」に共通する長続きポイント4選

「ラブラブなカップル」に共通する長続きポイント4選

  • 2018.8.8
  • 100221 views

長く付き合っているのに、いつ見てもラブラブなカップルって、本当に幸せそうでうらやましいものですよね。

そういうカップルになるための秘訣がわかれば、あなたの恋愛にも大きな影響を与えてくれることでしょう。

そこで今回は「ラブラブなカップル」に共通しているポイントを紹介します。

ラブラブなカップル

■「言いたいこと」を言い合う

好きな男性や彼氏に対して「言いたいことが言えなくなる」というのは、非常によくあること。

「嫌われたくない」とか「良く思われたい」という気持ちがどうしても働くので、たとえ不満に感じることがあっても、それを言い出せなくなるのでしょう。

でも、ラブラブなカップルは、お互いに言いたいことをちゃんと言い合うことで、不満やストレスを溜めこまなくなります。

ときには衝突することによって、関係性が改善されていったり、信頼感だって生まれてくるものですよ。

■「はしゃぐとき」ははしゃぐ

ラブラブなカップルの大きな特徴として「一緒になって大はしゃぎができる」という点があります。

はしゃぐときは一緒に心からはしゃげるような相手なら、いつまでも楽しいふたりでもいられるはず。

どちらか一方だけがテンションが上がっているようなことが多いと、気持ちにもすれ違いが生まれてきてしまうでしょう。

彼氏が楽しそうにしているときは、ちゃんとあなたも楽しんでいる姿を見せたり、ふたりで楽しめるものを見つけたりできると、より二人の絆も深まるものですよ。

■ケンカをしても「引きずらない」

ラブラブなカップルだって、ときにはぶつかったり、ケンカになることだってあるもの。

ただ、ケンカをいつまでも長引かせるようなことはしません。

ちゃんとお互いの不満を言い合い、ケンカが終わったあとは、気持ちを切り替えてスッと元の関係に戻ることができるのです。

いつまでも不機嫌なままだったり、よそよそしい感じで接したりすると「うっとうしい女」とか「面倒な女」「重い女」などと彼氏に思われてしまうだけですよ。

■恋愛が「最優先」ではない

恋愛を最優先にしすぎると、次第にお互いのことが負担になっていきやすいです。

ラブラブなカップルは、意外にも恋愛を最優先にはせず「それぞれの時間」もちゃんと持つことを大事に思っています。

趣味を楽しむ時間や友達と遊ぶ時間なども持つことで、恋愛に依存したりしなくなりますし、ストレスを溜めるようなこともなくなるもの。

常に一緒にいるのではなく「会えない時間」があることで、会ったときのドキドキやときめきも維持していけるのでしょう。

おわりに

不満やストレスが多くなると、一緒にいることが苦痛にしか感じられなくなってしまいます。

ずっとラブラブでいるためには、お互いに思いやりを持って、居心地のいい状況をつくり出すことがとても大事。

最近彼氏とケンカ続き……という方は試す価値アリ!でしょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)

オリジナルサイトで読む