1. トップ
  2. ヘア
  3. レイヤーで毛先を軽めに♡大人は動きのあるナチュラルボブがおすすめ!

レイヤーで毛先を軽めに♡大人は動きのあるナチュラルボブがおすすめ!

  • 2018.8.8
  • 40272 views

お手入れもアレンジも簡単なボブは人気ですよね。毛先を軽くすると動きもつきやすく、さらにスタイリングしやすくなります。

今回は、そんな軽めが可愛いナチュラルボブをご紹介いたします♪

大人のボブは重めより軽めが可愛い♡レイヤーで軽さのあるナチュラルボブ

Yoshinori Uekiさん(@nanuk_ueki)がシェアした投稿 -

ゆるめの大きいカールが可愛いナチュラルボブ。前髪は重めですが、毛先が軽めで動きのあるスタイルになっています。

トップにレイヤーが入ると根元もふんわりして、ボリューム感のあるふんわりした仕上がりになります。

Nishimata Yumaさん(@yuma0209)がシェアした投稿 -

人気の外ハネアレンジも毛先を軽くするとアレンジしやすくなります。ゆるめの動きがあるナチュラルボブは、くせ毛の人にもおすすめです。

あまりボリューム感を出したくない人は、ウェット仕上げにするのもいいですよ。

Hironori Okadaさん(@hironori_okada)がシェアした投稿 -

はねやすい毛先はハネさせたほうが可愛くて、お手入れも楽ですよね。内巻きにしても気が付いたらハネてしまった

そんな人はナチュラルボブにして、軽さのある外ハネにするのもいいですよ。

a s u k aさん(@asuka__m)がシェアした投稿 -

トップが短めのれいやーが入ったナチュラルボブ。ルーズな感じに動く毛先が可愛いスタイルです。

キッチリ系よりクシャっと仕上げたほうが抜け感があっていいですね。

ゆるっと自然なカールが可愛いナチュラルボブ。毛先を軽めにして、くびれ感もあるのであごのラインもスッキリ見えやすいスタイルです。

内側からドライヤーを当てて、少しふんわり感を出して仕上げるのがおすすめ。

妹尾 譲次さん(@jyoji_seno)がシェアした投稿 -

フェイスラインが軽めのウルフベースのナチュラルボブ。くせ毛の人にもおすすめのスタイルです。

あまり動きのつきにくい髪質の人は、全体にゆるめのパーマをかけるとスタイリングしやすくなりますよ。

サイドパートに仕上げたナチュラルボブ。サイドに分け目を変えると、トップにボリューム感を出しやすくなります。

トップがペタッとしやすい人は分け目を変えてみるのもおすすめです。

岡田 有希さん(@okapi27)がシェアした投稿 -

くびれ感が可愛いナチュラルボブ。厚めの前髪は丸顔さんより、面長さんのほうが似合うのでおすすめです。

丸顔さんは長めの前髪や、少しおでこを見せるようにすると似合いやすくなります。

少しクールな印象のナチュラルボブ。ハイライトやローライトの入った、グラデーションのついたカラーもきれいですね。

分け目もルーズにふんわり仕上げると抜け感も出ておすすめ。毛先が重いと動きがつきにくいので、この位の軽さがあるとスタイリングしやすくなります。

ウェット仕上げが可愛いナチュラルボブ。

乾燥しやすい髪質の人は、オイルやクリームを少し多めにつけるとウェット仕上げにアレンジしやすくなります。

ジェル系のスタイリング剤もおすすめです。

二ノ宮 隆さん(@takashi20380329)がシェアした投稿 -

ふんわり感が可愛いナチュラルボブ。控えめに入ったハイライトもきれいですね。

ハイライトも太めに入れずに、内側に控えめに入れると大人の女性にも派手になりすぎずおすすめです。

クシャっとした質感と、アッシュ系のカラーがきれいなナチュラルボブ。

おでこを見せてスッキリとした印象になっています。トップに少しボリューム感を出すように仕上げるといいですね。

オレンジ系のブラウンカラーも夏に人気のあるカラーです。出始めの白髪もオレンジ系のカラーは、ボカシやすいのでおすすめです。

あごラインで少しくびれがあるスタイルは、小顔効果もあるのでいいですよ。

後頭部に丸みの欲しい人におすすめのナチュラルボブ。

トップが少し短めなので、ふんわり丸みのあるシルエットに。

ボサっと感が可愛いナチュラルボブ。内側からドライヤーをかけて、少しボリューム感を出すように仕上げると可愛いですね。

タイトにしたいときはウェット仕上げなど、アレンジを楽しむのも◎

まとめ

毛先が軽めになると動きがつきやすくなっていいですね。

大人の女性は重めでぱっつん系のボブにするよりは、ふんわり軽めのほうが柔らかい印象になっておすすめ。

動きのつきにくい髪の人はアイロンで巻くか、ゆるめのパーマをかけるとスタイリングがしやすくなります。

ブローやアイロンが苦手な人は、外ハネスタイルもお手入れが簡単なのでおすすめですよ。

オリジナルサイトで読む