1. トップ
  2. メイク
  3. 王道から変化球まで!みんな大好き「ピンクリップ」3本を徹底比較

王道から変化球まで!みんな大好き「ピンクリップ」3本を徹底比較

  • 2018.8.4
  • 2455 views

女性なら誰もが1本は持っているであろう、ピンクリップ。しかしピンクといってもその種類は無数にあり、どれを選ぶかで顔の印象は大きく変わります。

そこで今回は、リップマニアの筆者が太鼓判を押すおすすめピンクリップを3本厳選してご紹介。あなたもきっと、ほしいピンクが見つかるはずです!

1:いつでも誰でも使えるお守り的ピンク

国産メーカーならではの、日本人の肌色にぴったり合う色展開が魅力のリップ、コスメデコルテ『ザ ルージュ』。中でもPK851は、肌や髪の色、アイメイク、そしてシーンまでも選ばず使える、“キングオブ万能ピンク”です。

ナチュラルな顔に仕上げたいときにも、リップ以外の部分を派手にしてバランスをとりたいときにも使えます。赤みが控えめなので、唇の赤みが強い方にもおすすめ。もちろん、華やかさもちゃんとあるので、唇にあまり色がない方も楽しめます。

また、リップクリーム顔負けレベルに潤うので、唇が荒れやすい方にもぴったりですよ。

2:上品かつ華やかな大人の勝負ピンク

コスメデコルテの『ザルージュ』PK851に比べてやや赤みが強いのが、イヴ・サンローランの『ルージュ ヴォリュプテ シャイン』43。より華やかな雰囲気にしたいときにおすすめです。

目を引く華やさがありながら、ローズピンクならではの上品さが感じられるのもうれしいポイント。リップをメインにしたオフィスメイクや、デートメイクにも活躍してくれますよ。

しっかり発色するのに、塗り心地はとてもなめらかで乾燥知らず! リップブラシで輪郭をきれいにとって、たっぷりと塗るのが筆者のおすすめです。

3:おしゃれなのに難しくない絶妙ピンク

同じピンクでも、上記の2色とは一味違うのが、ランコムの『ラプソリュ ルージュ』S317。一瞬で視線を奪われるビビッドな青みピンクで、みんなと同じでない”ちょっと違う”個性を感じさせる顔に仕上げたいときにイチオシです。

とはいえ地の唇がほんのり透けるシアーな発色だから、やりすぎにもなりません。パキッとした鮮やかな色と、うるうるとしたツヤ感、その両方を楽しめる唯一無二の1本といえるでしょう。定番ピンクの他にもう1本買い足すなら、断然おすすめしたいリップです。

おしゃれな友達が集まる女子会には、ぜひこんなリップにチャレンジしてみてください。

まとってみたいピンクは見つかったでしょうか? ピンクは決して、かわいらしいだけの色ではありません。大人っぽくも、セクシーにも、おしゃれにも……さまざまな表情を引き出してくれます。ぜひあなたも、自分らしいピンクを探してみてくださいね。

オリジナルサイトで読む