1. トップ
  2. 狂気のイス獲りゲームの結末は? 実話に基づくブラックコメディ『スターリンの葬送狂騒曲』【今月のプロ押し映画!】

狂気のイス獲りゲームの結末は? 実話に基づくブラックコメディ『スターリンの葬送狂騒曲』【今月のプロ押し映画!】

  • 2018.8.4
  • 154 views


狂気のイス獲りゲームの結末は? 実話に基づくブラックコメディ『スターリンの葬送狂騒曲』【今月のプロ押し映画!】
2018.08.03 22:00
虐殺による恐怖で国を支配してきた独裁者スターリンが急死した。彼の側近たちは、我こそは次期最高権力者だと、滑稽で卑劣な権力バトルを繰り広げる。ロシアでは、政府が急遽上映を禁止した黒歴史が、ブラックコメディとしてスクリーンに蘇る。

(C)2017 MITICO・MAIN JOURNEY・GAUMONT・FRANCE3 CINEMA・AFPI・PANACHE・PRODUCTIONS・LACIECINEMATOGRAPHIQUE・DEATH OF STALIN THE FILM LTD

【さらに写真を見る】狂気のイス獲りゲームの結末は? 実話に基づくブラックコメディ『スターリンの葬送狂騒曲』【今月のプロ押し映画!】



1953年3月5日、ソビエト連邦の最高指導者スターリンが死んだ。20年もの間、超大国を支配し、大粛清によって無数の政敵を排除して恐怖政治を敷いてきた独裁者の突然の死に、それまでスターリンのイエスマンだった側近たちは、盛大な国葬の準備を始める裏で、次期最高指導者の座をめぐって醜い権力争いをはじめる。スターリンの側近マレンコフ、第一書記長フルシチョフ、秘密警察隊長ベリア……、卑劣で情無用な策力と裏工作の果て、権力の座を手にするのはいったい誰か?


ロシアでは上映禁止となったフランスのグラフィック・ノベルの映画化。スティーブ・ブシェミが濃厚なメイクでフルシチョフを演じるのをはじめ、米英の名優たちが、敢えてロシア語なまりの英語で当時のソ連上層部を演じるブラックで激辛な痛快作。この滑稽でスラップスティックな爆笑権力闘争は、単に現ロシアの政治を風刺しているだけでなく、もちろん日本も含む世界中で今起こっている政治的茶番や、~大学とか、~連盟なども含めた、さまざまな腐敗した組織に巣食う強欲な権力者たちの恥知らずな愚行までをも嘲笑っている。

『スターリンの葬送狂騒曲』

8月3日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ他全国順次ロードショー

配給/ギャガ
http://gaga.ne.jp/stalin

元記事を読む