1. トップ
  2. ファッション
  3. スポサンの新定番。大人の足元に似合う、南アフリカ発祥『SHAKA』のサンダル

スポサンの新定番。大人の足元に似合う、南アフリカ発祥『SHAKA』のサンダル

  • 2018.8.4
  • 3563 views


この数年の間に、スポーツサンダルは夏の足元の定番となりました。メンズライクなファッションとの相性がよく、なんといっても歩きやすくて疲れないから、タウンだけでなくフェスやアウトドアでも愛されています。とはいえ、スポーツサンダルはカジュアルな印象になり過ぎてしまうことも。そんな悩みから今まで手を出せなかったという人には、大人の女性に似合う『SHAKA(シャカ)』のサンダルをぜひ。

『SHAKA』というサンダルブランドは、1990年代に南アフリカ共和国で生まれました。モチーフになったのは、アフリカの伝統的な編み上げのシューズ。その独創的なデザインと、アフリカらしい柄や色を使ったサンダルは人気を博しましたが、残念ながら2000年代に入るとブランドは消滅してしまいます。そこから十数年の時を経て、2013年に日本で復刻! ブランドの特徴であるソールや強くてしなやかなウェビングテープなどを忠実に再現し、さらには現代に似合うデザインになって戻ってきました。

シックなクロスストラップでエレガントに。
サンダル(FIESTA) 各¥7,800/SHAKA(ブルームーンカンパニー)


ワイドなウェービングテープを使ったクロスストラップが目を引くサンダルは、スポーツサンダルながら女性らしさを感じるデザイン。どんなテイストにも合わせやすい、シックなカラーも魅力です。かかとのストラップが外せる2way仕様なので、スリッパとして履くこともできます。

エレガントな見た目でも、機能は本格的。スニーカーで使用されているEVAミッドソールが採用されているから、クッション性があって軽快に歩けます。また、ソールのアーチ部分は日本人の足型に合わせて少し高めに設計されていて、土踏まずにもしっかりフィットして疲れにくくなっています。

トレンドの厚底タイプにも挑戦を。
サンダル 左(NEO BUNGY)¥8,800、右(NEO BUNGY PLATFORM)¥9,800/SHAKA(ブルームーンカンパニー)


ブランドの顔でもある「NEO BANGY」は、ユニセックスで履ける名作。この夏履くなら、クリーンかつかわいらしい印象のオールホワイトを。単色なので合わせやすく、スポーティーになりがちな足元をフェミニンに見せてくれます。

通常モデルでもソールは約3㎝とやや厚めですが、スタイルアップを狙いたいならより厚底になったプラットフォームタイプをどうぞ。足元にボリュームがでるので、サンダルを主役にしたコーディネートに挑戦してみましょう。

アメリカ発、カラーバリエ豊富なタフなバッグ。
ウエストポーチ 各¥7,800/Tough Traveler(ブルームーンカンパニー)


アメリカはNY州・スケネクタディで作られる『Tough Traveler(タフトラベラー)』は、その名の通り、丈夫でどこにでも連れて行きたくなるバッグが人気のブランドです。アウトドアで使うなら、両手が自由になるウエストポーチを。ころんと丸いフォルムは少しレトロさもあって、スタイルのポイントになってくれます。

サコッシュのようにショルダーバックとしても使えるうえ、マチもあるから収納力にも満足。ビビットなカラーからベーシックな色、涼しげなメッシュ地など、カラーと素材のバリエーションがあるので、好みの一品を探すのも楽しいひととき。もちろん、買いやすい価格なので色違いでまとめ買いしてもOK。アクティブシーンでもしっかり活躍してくれる、かわいい万能バッグです。

ブルームーンカンパニー

03-3499-2231

http://www.bluemoon-company.jp/

photograph:Masahiro Arimoto

styling:Yumika Asai

hair&make:Daisuke Yamada(Cake)

model:Kurumi Emond(BE NATURAL)

text:Kisae Nomura

元記事で読む