1. トップ
  2. 門脇麦「夢は諦めなければ叶う…わけじゃない」と悟った出来事

門脇麦「夢は諦めなければ叶う…わけじゃない」と悟った出来事

  • 2018.8.4
  • 155 views

若手演技派女優、なんて肩書は窮屈に見える。もっと複雑で、もっと清々しく、もっと静謐。独特の空気感と、不思議な存在感を放つ女優・門脇麦さんは、クールなようで、じつは素直で可愛い人でした。

静と動。穏やかさと強さ。冷静さと熱っぽさ。ふわふわとした女の子らしさと、凛とした少年ぽさ。映像で舞台で、その姿に思わず惹きつけられてしまうのは、そんな真逆とも思われる魅力をどちらも持ち合わせているからだろう。“系”なんて簡単な言葉で括れない、門脇麦さんを知りたくて―。

――9月に開幕するNODA・MAPの舞台『贋作 桜の森の満開の下』に出演されます。野田秀樹さんといえば、いま日本の演劇のトップランナー。ご一緒するのは、どんなお気持ちですか。

門脇:純粋に楽しみです。野田さんの舞台を観ると、役者さんがみなさん楽しそうなんですよね。あと、信頼しているいろんな方から、「麦ちゃんは、いつか野田さんとやったらいいよ」と言われていたので、ずっと興味がありました。野田さんの作品は、ものすごい情報量の中に観終わった後じわっとくるものが隠されている、という印象があります。今回の作品も、筋だけを追うと難解ではないけれど、そこに描かれているものをちゃんと拾おうと追っていくと複雑で難解。ただ、それを全部は理解できなくても、お客さんそれぞれにキャッチできるものがある。人によっていろんな受け取り方ができるところがいいなと思います。

――稽古はこれからですけれど、野田さんのワークショップにはすでに参加されているとか。

門脇:稽古は仕事のための準備の時間ですが、ワークショップって、それが直接作品になるわけじゃないので、仕事というには不確かな時間なんですよね。これまで何度かワークショップを経験しているけれど、野田さんのは、この先の公演に向けて、いろんな方法を模索する場のように感じました。こんなに効率がいいものは初めて。ワークショップは好きな人と苦手な人がいると思うんですが…。

――門脇さんはどっちですか?

門脇:私は好きな人です。みんなでアイデアを出し合って何かをするのが昔から好きで…。子どもの頃、春休みや夏休みにいとこが7~8人くらい集まると、私が台本を書いて、劇を練習をしたり、振り付けを考えてみんなでダンスの練習をしたりして、親戚一同の前で発表してました。そんなものとは比較対象にもなりませんし、次元が違う話ですが、でも少しその感覚に近いです。

――コンスタントに舞台に出演されていますが、門脇さんにとって舞台はどんな位置づけですか。

門脇:自分の実力のなさをきちんと認識できる大切な場所だと思っています。映像は、編集でいい部分を切り取ってくださるけれど、体ひとつで勝負する舞台は、下手は下手のまま提示されてしまう。怖い場所ではあるけれど、反省して次の日にダイレクトに活かせるので、筋力がつく気がします。

――周りから実力派女優という評価を受けていますけれど。

門脇:言っていただけるのはありがたいんですけれど、やっている作品がコアな感じのものが多いので、そう見えるんだと思うんです。この仕事を始める前に演技を勉強していたこともないし、そう言われるのは本当に…。去年、初めて舞台で古典の作品をやったんですけれど、日常とかけ離れたリアルな言葉じゃないセリフが、なかなか体の底に染み付かず、いくらしゃべってもツルツルと流れていってしまうような感覚がありました。本番が始まってもどうにもできず、結局、セリフが自分の中に落ちて、言葉の意味がちゃんとお客さんに伝わったと思えたのは公演半ば頃からでした。

――古典劇は確かに苦労されたかもしれませんが、門脇さんのお芝居を拝見していると、何気ない表情や動きのなかに、すごく繊細な心情を表現されているなと思います。表現力もですが、台本の読み込みが深いんだろうと…。

門脇:私、本当に台本を読み込めなくて。一生懸命読んでるつもりですが、撮影中に、このシーンってこういう意味だったのかって思うこともあるし、完成した作品を観て、意図に気づくことも多くて。台本もいつも真っ白です。野田さんの戯曲も難しくて、正直、読みながら何度かくじけそうになりました。

――まさか…意外です。

門脇:わかっているように見える顔なんだと思います(笑)。

――一筋縄ではいかない変わった役を演じることが多い印象がありますが、王道の恋愛モノを演じてみたい願望はないですか?

門脇:やりたいですね。少女漫画を読むのも好きですし。でも…意外とキラキラしたヒロインもやっているんですよ。インパクトが強い役の方が印象に残りやすいだけで。ちなみに私のなかでは、ドラマ『トドメの接吻』での役(キスをすると相手が死んでしまうヒロイン・佐藤宰子)もキラキラヒロインです。そう思うと、どんな役でも、私にとってはキラキラヒロインかもしれない。みなさんが変わっていると思う役も、身につけている鎧というか、ついている形容詞がちょっと変わっているだけで、中身は普通だったりするんですよね。どんなに癖がある役でも、私は、どうやれば普通の女の子に見えるのか意識して演じている気はします。ただ、変わった役は、キャラクターの色がつけやすいし、いろんなやり方ができるのでありがたい存在。正攻法のピュアなヒロインの方が、難しいんじゃないかな。

――ただ、濡れ場があったり、キスをしまくったりって、女優としての覚悟の表れではあるかもしれませんが、女の子の部分ではやっぱり抵抗があると思うんです。

門脇:そうですね。(しばしの間考えて)もうやると決まったら、しんどいと思いながらやるのはしんどいので、仕事だと割り切って、そこに対するナーバスな感情は排除して演じています。何も感じなくなっちゃいました、って言ってる姿勢の方がやりやすいんですよ。…でもやっぱり、前日はナーバスになりますし、終わってからも落ちます。そこの切り替えは、昔に比べて早くなったし、作品を成立させるために必要だと思えば、やるんですけどね。

――もともと目指していたバレエの道への未練はないですか。

門脇:結構頑張って、やるべきことはやり尽くしたので、いまは一切ないです。思えば、子どもの頃に劇を披露していたりとか、潜在的にそういうことが好きだったんだと思います。小学生の時から学芸会が好きで、目立ちたくないと言いつつ、最終的にいい役をやったりしていました。本当は目立ちたい願望があったんだと思います。私は覚えていないんですが、バレエをやめる時も、先生に「劇団に入ります」って言ったみたいですし、いま思うとそっちに舵を切るきっかけを探していたのかなと。

――バレエをやめたのは?

門脇:努力してもどうにもならないことってあって、バレエをやってて、子どもの頃にそのことを体で覚えました。例えば、つま先を伸ばした時に足の甲が出るか出ないかって、もって生まれた骨格の問題です。努力で1cmは出るかもしれないけれど、もともと5cm出る人には勝てない。私は昔から体が硬かったので、開脚しながら勉強したり、いろんな努力はしたけれど、結果的に体を傷めてしまい、整体に通わないと続けられないほどでした。夢は諦めなければ叶う…というわけではないことを、10代で学べて感じた体験は良かったです。人は、生まれながらにいるべき場所、なすべきものっていうのがあって、私にとってはそれがバレエじゃなかった。でも、あの時間がなかったら、いまこの仕事をしていなかったのかなとも思うんです。

――女優という道に来るための挫折だったのかもしれません。

門脇:そうだとしたら素敵ですよね。でも、もしかしたら、この先にさらに何かあって、この時間もそのためのものかもしれない(笑)。何があるかわからないです。

――いまのお仕事への執着みたいなものってないですか?

門脇:うーん…これが私の生きるべき道、みたいな強い気持ちは、あんまりないかも…です。

――年齢のわりに落ち着いている印象がありますが、テンションが上がってはしゃぐことって?

門脇:ありますよ。はしゃぐ時は全然はしゃぎます。

――ガールズトーク、とか?

門脇:それはあまりないかも(笑)。でも、美味しいごはんにはテンションが上がります。スーパーに行くのが好きなので、すごくいい食材が売られていたりする時とか。人といると気を使ってしまうので、ガールズトークより、スーパーの方が発散してるかもしれない。

――最近の掘り出し物は?

門脇:家の近所のスーパーがすごく良くて、魚のアラがとにかく安いんです。それが売られていたら、大量に購入して冷凍する。その時は、すごくテンション上がります。

――結婚したら、仕事を辞めて専業主婦になりたい、みたいな気持ちはあったりしますか?

門脇:そういう気持ちもありますし、同時に仕事に邁進したい気持ちもあります。もともとのベースの性格は、負けず嫌いで貪欲で、執着心も強いんです。でも、25年生きてきた環境から培われたものは、それとは真逆の部分。人はみんなそうだと思いますが、冷静な部分と熱い部分と…いろんな面が自分の中にあることを感じます。

かどわき・むぎ 1992年8月10日生まれ、東京都出身。‘11年にデビュー後、映画『愛の渦』(‘14 )やドラマ『まれ』(‘15)で注目され、数々の映画やドラマで活躍。今秋には出演映画『止められるか、俺たちを』『ここは退屈迎えに来て』が相次いで公開に。来年には『さよならくちびる』『チワワちゃん』など主演映画の公開も控える。

ワンピース¥110,000(ENFOLD/バロックジャパンリミテッド TEL:03・6730・9191)

門脇さんの出演するNODA・MAPの舞台『贋作 桜の森の満開の下』(野田秀樹作・演出)は、9月1日~12日まで池袋・東京芸術劇場プレイハウスにて上演。その後、パリ公演を経て大阪、北九州を回り、11月に再び東京に凱旋。1989年に劇団 夢の遊眠社で初演され、観客の心を鷲掴みにした傑作。7月28日からチケット一般発売開始。NODA・MAP TEL:03・6802・6681

※『anan』2018年8月1日号より。写真・内田紘倫(The VOICE) スタイリスト・岡本純子 インタビュー、文・望月リサ

オリジナルサイトで読む