1. トップ
  2. 恋愛
  3. まさかの逆ギレ…浮気女が暴露した「罪悪感が消えた」瞬間3つ

まさかの逆ギレ…浮気女が暴露した「罪悪感が消えた」瞬間3つ

  • 2018.8.3
  • 501 views

浮気は、正式なパートナに対する罪悪感や背徳感があるから、気分が盛り上がるものだと言われます。しかしなかには、そういった感情に苛まれ、苦しみ続けている人もいる。たった一度の過ちで、一生を棒に振ることになるのか……。今回は“浮気の罪悪感が消えた瞬間”について経験者たちに聞いてみたので、参考にどうぞ!

文・塚田牧夫

彼がかつての浮気を告白

「五年付き合った彼がいるにもかかわらず、私はあるとき浮気をしてしまいました。ものすごく後悔しました。

私はもう絶対にその人に会うつもりはなかったんですが、向こうからはしつこく連絡が来て、そのせいで彼にもバレてしまいました。

彼はもちろん激怒。三日間、口を利いてくれませんでした。しばらくして、ようやく話し合う機会ができました。そこで彼が、思いがけない告白をしました。

実は彼も、三年前に浮気をしたと言うんです。だから、今回のことは水に流す……と。

しかし、三年前というのは、私の親が倒れて大変な時期で、彼とも会おうにも会えなかったとき。そんなときに浮気していたなんて……。罪悪感なんて吹き飛び、逆に腹が立ってきました」ナオ(仮名)/30歳

浮気相手の会社が倒産

「友だちに誘われて、飲み会に参加したときです。会社を経営しているという、イケメンの男性と知り合い、仲良くなりました。そして、彼に黙って会うようになり、ついに浮気をしてしまった……。

もちろん罪悪感はありました。でも、私はもうその人のことが好きになってしまっていて、好意が勝っていました。彼とは別れて、その人のもとに行くつもりでした。

何度か浮気を重ね、そろそろ彼に別れを告げようとしたとき、なぜか急にその人と連絡が取れなくなったんです。

親しい人に聞いたら、なんとその人が経営する会社が倒産したと。しかもすでに、かなりの借金を背負っていたそう。

危なかった……。そのときは衝撃すぎてもう、罪悪感なんてものはどこかにいってました」ナルミ(仮名)/29歳

ゆっくり時間をかけて

「会社の飲み会があり、そこで飲み過ぎてしまったせいもあって、上司と関係を持ってしまいました。付き合っている彼に対して、すごく申し訳ないことをしたと思いました。

それが原因で、私は会社を辞めました。これからは、彼一筋。彼に尽くして尽くして尽くし抜くことで、償っていこうと決意しました。

彼のいうことなら、多少無茶なことでも言う通りにしてきました。同棲が始まってからは、料理や掃除、洗濯など、できる限りのことはしました。

そして、付き合って四年目に結婚を申し込まれ、かつての罪悪感はふっと消えました。私はあのとき浮気をしたからこそ、これだけ頑張ってこれたんだと思ったからです」アサミ(仮名)/32歳

“浮気の罪悪感が消えた瞬間”をご紹介しました。

罪悪感がすぐに消えてしまう人、ずっと引きずってしまう人、いろいろいます。もう二度としない……と思っていたのに、過ちを繰り返す人もいます。身の破滅だけは招かないように、気を付けてほしいものです。

(C) g-stockstudio / Shutterstock
(C) Iakov Filimonov / Shutterstock
(C) Shipilov77777 / Shutterstock

元記事で読む