1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. 白く輝くエイジレスな手を演出する方法。(Misaki Yamashita)

白く輝くエイジレスな手を演出する方法。(Misaki Yamashita)

  • 2018.8.3
  • 1740 views


白く輝くエイジレスな手を演出する方法。(Misaki Yamashita)
2018.08.03 12:00
日差しが照りつけるこの季節、“うっかり焼け”しやすく、意外と人目にもついてしまうのが、手の甲や指先。夏こそ抜かりないケアでふっくらみずみずしく保てば、アクセもネイルも数倍映えるエイジレスハンドに。

優しいゴマージュでくすみをケア。


自分の手のシワっぽい質感や関節周りの黒ずみ、もやっとしたシミの予備軍がプチコンプレックスな私は、特にくすみが気になると感じたとき、エッフェオーガニックのクリアモイスチャーゴマージュを手指へ使用。アーモンド殻粒やマンナンといった天然由来のスクラブ剤が、酷使されて疲れた手のシワに優しく入りこみ、ワンランク明るいトーンに導いてくれます。

ハンドクリームは、求める効果で選ぶ。


保湿、ホワイトニング、アンチエイジング……求める効果はたくさんあるのに、自分のニーズに合うハンドクリームってなかなか見つけられないもの。フランスの自然派スキンケアブランド、コンダンセ パリのクレーム マン ジュネスは、ナチュラルな成分でできていながら保湿&美白&抗酸化という多彩な効果を望める、優秀な一品。9月5日に日本初上陸予定のブランドなので、ぜひチェックしてみてください!

美肌効果抜群のUVクリーム。


ファンデーションを塗らなくとも、可能ならば毎朝つける日焼け止めで、少しでも手を美しくできたら……。アクセーヌのスーパーサンシールド ブライトフィットには、日焼け止めながらほんのり肌色のテクスチャーが心地よく伸び、まるでパールの薄膜を張ったかのような輝きが。高い補正力とフィット感、さらにSPF50+/PA++++と、なんとも優秀で、この夏ヘビーローテーション中です!

肌色に合う、紅いネイルをお守りに。


手の肌をケアしたら、仕上げに施したいのはやっぱりネイル。中でも、自分の肌を白く見せてくれ、ここぞというときに使える赤ネイルを持っておくと、いざというときの強い味方になってくれるはず。ちょうど本日発売のウカ レッド スタディ ワンは、フレッシュカラーから深みのあるボルドーレッドまで6色もの赤が揃い、自分の肌色を最大限に引き立ててくれるシェードが必ず見つかります! 全色をドレッサーに並べると圧巻で、本当にかわいいので、ぜひそのときの気分で“紅を使い分けられる女性”になりたいものです。


私は色の深みとフレッシュ感が程よく調和した、4/1(いちぶんのよん)を塗ってみました。ズバリ色名は「love」。いい出会いがありそう?!

Misaki Yamashita

オリジナルサイトで読む