1. トップ
  2. ファッション
  3. 【神戸レタス】でオン・オフ着回しコーデ!プチプラな大人女子コーデをご紹介♪

【神戸レタス】でオン・オフ着回しコーデ!プチプラな大人女子コーデをご紹介♪

  • 2018.8.1
  • 8801 views

オンとオフでコーデアイテムを使い分けている女性も多いはず!

そんな女性に嬉しい、安くて可愛い着回しの効くアイテムがGET出来る【神戸レタス】をご存知ですか?

大人女性にも大人気で、プチプラアイテムをGETしてヘビロテしている女性も多いんです!

そこで今回は、神戸レタスで人気のアイテムを集めました。

ベーシックで着回し力抜群のトップス

出典:zozo.jp

春夏定番のカーディガンも神戸レタスでお得にGET!

求めやすい価格なので、ベーシックカラーと刺し色にもなるカラーの2色買いも出来ちゃいます♡

出典:zozo.jp

無地のノースリーブは夏は勿論、秋にはジャケットに合わせたりとシーズンレスで楽しめるアイテム。

シンプルな見た目ですが、サイドにスリットが入っているこだわりのデザインでスッキリとこなれた印象です。

出典:zozo.jp

着回し力抜群のデザイントップスをお得にGET!

デザイントップスは、ワイドパンツと合わせるだけでも女性らしくまとめてくれる優れもの。

ドルマンスリーブやフレアスリーブなど、デザインの違いがあるのでお好みでチョイスして♡

出典:zozo.jp

大人の色気を醸し出すなら、上品に身体のラインを見せる事!

細リブが華奢なラインを強調しつつも、伸縮が効いて絶妙な緩さを実現。

大きく開いたオフショルダーから見えるデコルテが女性らしさ満点!

出典:zozo.jp

カジュアルの定番ボーダートップスを使ったカジュアルスタイル。

でも、タイトスカートと華奢なサンダルを合わせるだけでいつもと違ったキレイめカジュアルに大変身。

ボーダーをキレイめに着こなしたい時は是非挑戦してみて!

出典:zozo.jp

顔周りをすっきと見せてくれるVネックのトップスは、フレンチスリーブで気になる二の腕周りもしっかりカバー。

カラーバリエーション豊富なので自分の好みの物を見つけて下さいね♪

出典:zozo.jp

ビックシルエットTはそのまま着てもオシャレだし、ハイウエストのボトムスに入れてもとってもオシャレ!

着回しが効いて便利なアイテムなので、まだ持っていない人は要チェックです。

出典:zozo.jp

大人フェミニンなスタイルにぴったりなのが総レースのブラウス。

ハイネックが更に上品で大人女性に是非着こなしてもらいたい1枚。

フェミニンは勿論。今季はレースアイテムをカジュアルに着こなすのも大人気なので、カジュアルスタイルの多い女性にもオススメです♪

出典:zozo.jp

いつものシンプルスタイルを簡単に格上げしてくれるアイテムがガウン。

最近はシャツワンピースもガウンとして着ている女性も多いくらいガウンが大人気で、至ってシンプルのスタイルに合わせるのがオススメ!

ボトムスも選ばないので意外と簡単に挑戦出来ちゃいます♪

出典:zozo.jp

上品な肌見せが出来るオフショルダーは千鳥格子でガーリーさをプラス。

ボリューム袖でトレンド感もバッチリなトップスは、ハイウエストのワイドパンツと合わせれば細見え効果も抜群です♪

プチプラに見えないお得ボトムス

出典:zozo.jp

普段はベーシックなカラーが多い人も、夏にはイエローやブルーなどのカラーがとっても映えるので是非挑戦してみて♡

トップスは今までの定番カラーでOKです!

出典:zozo.jp

定番のワイドパンツも夏には柔らかい素材でサラッと履きこなしたいですね♪

たっぷりのギャザーによって生まれるフレア&ドレープで脚長効果も抜群。

出典:zozo.jp

即いい女コーデが完成するアイテムと言えばミディ丈のタイトスカート!

オフィススタイルは勿論、スニーカーを合わせたカジュアルスタイルも人気なのでオン・オフ問わず着回せます♪

出典:zozo.jp

ウエストのリボンが印象的なフレアスカート。

程よいボリュームが大人可愛いフレアスカートは、カジュアルやデート着にもピッタリです♡

出典:zozo.jp

プリントのスカートが苦手な人も、ベースのカラーがダークな物はシックにまとまって挑戦しやすいはず!

リゾートコーデにピッタリのパイナップル柄スカートはトップス次第でキレイめスタイルもOKです♪

まとめ

キレイめからカジュアルまで幅広いアイテムを揃える事が出来る神戸レタス。

シーズントレンドの物や、コスト面で購入出来なかった物も神戸レタスならプチプラでGET出来ちゃいます♪

これから夏物アイテムを追加する時には是非一度チェックしてみて下さい!

オリジナルサイトで読む