1. トップ
  2. インテリア
  3. あとちょっとがキマらない…を払拭しよう♪「段差」で叶えるストレスフリーな暮らし

あとちょっとがキマらない…を払拭しよう♪「段差」で叶えるストレスフリーな暮らし

  • 2018.7.31
  • 7223 views

お部屋を作っていくうちにどんどん気になる小さなスペースや、微妙な収まりの悪さ。そんなモヤモヤやストレスを払拭してくれるのが、段差を活かした収納&インテリア方法なんです♡

ちょっとした隙間や空間に棚や壁を使って段差を作ることで、「あとちょっとがキマらない…」を「あの絶妙さがたまらない!」に変えてくれますよ。

今回は、そんな参考にしたくなる段差使いをご紹介します。

「段差収納」で納得の空間美を作ろう

角の収納に段差をつける

@harmaacoがシェアした投稿 -

家具の高さを揃えたり、お部屋の形にきっちりフィットさせたりしても、何故か出てしまう圧迫感。

そんなお部屋も、平坦な収納ではなく段差収納を作るだけで、納得の空間美が作れるかもしれません。

こちらはお部屋のコーナーにバケツで段差収納を作り、バランスの良い空間を実現させています♡

ファブリックパネルやカレンダーとの絶妙な配置で、お部屋の奥行きも出ていますよね。

Reikoさん(@retti_0511)がシェアした投稿 -

カウンターの境目にディアウォールを配置して、小物や雑貨も段差収納しています。

ただ並べるだけではゴチャついて見えてしまいそうな小物も、ディアウォールの高さを活かしてディスプレイすれば、視線が誘導されて美しい空間に早変わり。

Tomomiさん(@__tm_ak__)がシェアした投稿 -

お部屋の角にDIYした収納アイテムを取り入れ、カラーボックスやパネルとの段差をつけて見事なバランスを作っています。

高さのある家具は、ただ壁に付けて配置するだけではなく、壁に向かって高くなるような段差を作ることで、違和感なく馴染んでくれますよ。

ちょっとの隙間も逃しません♡

mari♡さん(@f.a.m___home)がシェアした投稿 -

こちらはハンガーラックの段差のちょっとした隙間に、しっかりと収納スペースを作っている実例です。

バッグやアイロン台などの意外とスペースを取ってしまうアイテムも、段差を活かして収納すれば、隙間を無駄なく活用できるんですよ。

さらにこちらのように、壁のクロスやポールなどに合わせたカラーのアイテムを集めて収納すれば、存在感も軽減できますね。

置型だと高さが決まっていて、どんどん圧迫感が出てしまうシェルフ。

こちらのようにシェルフを壁に取り付ければ、冷蔵庫の高さに合わせて自分好みの段差収納にできるんです。

見逃しがちなキッチンと冷蔵庫スペースの隙間も、無駄なく活用できていますね♪

airararaさん(@airarara_room)がシェアした投稿 -

ランドリースペースの壁にボックスを取り付けて、小さなスペースにも収納を設けています。

天井や柱の造りによって出てしまっている段差でも、こちらのように段差を活かした収納なら、納得の空間使いができますよね♪

kikiさん(@kiki_nekko)がシェアした投稿 -

ランドリースペースには、洗剤や掃除用具だけでなく置いておきたいものがたくさん。

気が付けば、小さな小物がたくさん集まってしまっていた!なんて経験ありませんか?

こちらは洗濯機周りの壁に段差収納を取り入れて、スペースを無駄なくオシャレな空間に変身させています♡

よく使うアクセサリーを鏡のある洗面スペースに収納しておけば、とっても便利ですよね。

ayaさん(@konoasa_i)がシェアした投稿 -

こちらは縦に段差を使った収納で、アクセサリーをスッキリ見せています。

平置きや留めた状態だと場所を取ってしまって収まりの悪い腕時計も、こちらのようにスタンドタイプのアクセサリー収納なら、隙間を無駄なく活用できますね。

えりかさん(@penta_room)がシェアした投稿 -

スペースを見逃しがちなカウンターの下にも、ウッドボックスやケースなどを活用して無駄なくスッキリ見えに♡

物が増えがちなリビングでも納得の空間美を生む、カウンターの段差を活かした収納方法です。

インテリアにも段差をつけてセンスアップ♡

壁のインテリアにも差をつける!

minamiさん(@mmm_09)がシェアした投稿 -

小物のインテリアも、段差を意識して飾ればハイセンスにキマりますよ。

こちらは高さの違うコーヒーセットをバランス良く収納して、雑貨屋さんのようなオシャレ空間に。

さらに壁に付けたウッドフレームも段差をつけて飾ることで、さりげなくセンスをアピールしています。

Emily Katzさん(@emily_katz)がシェアした投稿 -

一歩間違えば圧迫感の原因になってしまう壁のインテリア。結局何も飾らず、物足りなさを感じてしまうこともありますよね。

それならまずは、ナチュラルなアイテムから取り入れるのがおすすめ。

ユニークなマクラメとリースを段差をつけて飾ることで、ラフさが出てしっかりお部屋に馴染んでいますよね♡

ナチュラルさを感じる木のオブジェともバランス良く配置されていて、より洗練された印象も感じられます。

ルルさん(@maynum00)がシェアした投稿 -

こちらはクリスマスの飾りとして、ポストカードを段差をつけて貼ることでツリーを再現しています。

モノトーンな空間でも、段差をつけてカードや写真を貼るだけで季節感を楽しめるインテリアテクニックは、ぜひマネしたくなりますね♪

段差を上手く使いこなせば、壁の一部が一気にアート空間になりますよ。

グリーンも段差をつけてディスプレイ

大好きなグリーンたちも、ただ並べるだけじゃもったいない!段差をつけた置き方で、その存在感が一気にアップするんです。

家具に負けないほど、ハイセンスなインテリアの主役になっていますよね。

Emily Katzさん(@emily_katz)がシェアした投稿 -

好きすぎて集めたものの、行き場に困ってただ置くだけ。無意識のうちにグリーンの魅力が隠れてしまっていませんか?

葉の長いものは天井から吊るして、小さなものは壁に取り付けたシェルフに、太さのある幹や高さのあるものは床にと、段差をつけて配置してみて下さい。

どこを見渡してもグリーンが楽しめる、ボタニカルガーデンのようなお部屋ができちゃうんです♡

kikiさん(@kiki_nekko)がシェアした投稿 -

小さなプランターやフラワーベースなど、少しぶつかっただけなのに軽くて倒してしまった!なんてこともありますよね。

こちらはキッチン棚の段差に、小さなグリーンをたくさん取り入れています♪

段差に収めて飾っているので、ぶつかって倒してしまったり傷めてしまう心配もありません。

まとめ

いかがでしたか?今回は段差を活かした収納だけでなく、お部屋の作り方やインテリア方法も併せてご紹介しました。

今までいまいちしっくり来なかったり納得のいかないスペースも、段差を上手く活用すれば、納得の収まりになるかもしれませんよ。

ぜひ今回の記事を参考に、段差によるストレスフリーな暮らし作りに挑戦にしてみて下さい♪

元記事を読む