1. トップ
  2. レシピ
  3. 子どもが集まる夏休みのランチに! 「ごちそうコブサラダ」【今日の時短ごはん Vol.75】

子どもが集まる夏休みのランチに! 「ごちそうコブサラダ」【今日の時短ごはん Vol.75】

  • 2018.7.31
  • 5593 views

こんにちは。料理研究家の越野美樹です。
夏休みのお昼ごはん、どうしていますか? 家族だけならまだしも、ほかの子が遊びに来る日のランチは、何を作っていいのか迷いますね。今回は、子どもが集まる夏休みのランチにオススメの「ごちそうコブサラダ」をご紹介します。



コブサラダは、カリフォルニアのレストランでコブさんというシェフが開発した素早く作れる手軽なサラダ。本来はたくさんの食材をダイスカットして作りますが、今回ご紹介する「ごちそうコブサラダ」は、ミニトマト、ゆで卵などの身近に用意できる材料を使い、さらに手軽に具材を大きめにカット夏休みのお昼時にも手軽に作れるサラダです。



ごちそうコブサラダ」はたくさんの食材を使っているので、栄養のバランスも良く、これ一品でおなかいっぱいになります。ボリュームたっぷりなので、育ち盛りの子どもたちにもってこいのサラダです。カラフルな食材を並べると見た目も華やかで、おもてなしにぴったり。生野菜や、ゆで野菜、ゆで卵など、あまり手間をかけずに作れます。彩りの良い野菜が整列しているから、思わず子どもたちも手づかみでどんどん野菜を食べることうけあいです!

■ごちそうコブサラダ

調理時間 15分

レシピ制作:藤野料理教室にじ 越野美樹


<材料>作りやすい分量
卵 3コ
スナップいんげん 3コ
きゅうり1本
赤かぶ 1コ
ミニトマト 6コ
いちご 3コ


<作り方>
1、鍋に卵とかぶるくらいの水を入れて中火にかけ、沸騰するまで菜箸で時々転がし、沸騰したら中弱火にして10分ほど火にかける。冷水にしばらくつけてから皮をむき、半分に切る。

2、スナップいんげんはさっと塩ゆでする。

3、きゅうりは6等分にする。赤かぶはくし形切りにする。

4、ミニトマト、いちごは洗って水気をきる。

5、1~4をお皿に並べる。



今回はミニトマト、きゅうり、スナップエンドウ、赤カブ、いちごを使いましたが、冷蔵庫にある赤、黄色、白、緑などの野菜を使って彩りよく仕上げてみてくださいね。アボカドなどもオススメです。写真のように食材ごとに縦に並べてもいいですし、円形に並べるのもまた楽しいですよ。にんじんなどは、型抜きしてゆでてもかわいいく仕上がります。マヨネーズやシーザーサラダなどのクリーミーなドレッシングのほか、お好みのドレッシングをかけて召し上がれ!

■「ごちそうコブサラダ」のディップ

●「ピーナッツペーストディップ」



ごちそうコブサラダ」に合わせたい、コクのあるディップをご紹介します。ピーナッツペースト1に対して、みそ半量、しょうゆ半量、米酢半量、オリーブオイル同量をボウルに入れて混ぜればできあがり! とろーりディップに、次々手が伸びること間違いなしです。ピーナッツペーストをごまペーストに代えても、同じように作れますよ。



ワンプレートで大満足の「ごちそうコブサラダ」。カラフルな見た目に子どもが喜ぶサラダは、パーティーメニューにもオススメ。手に入りやすい材料で手軽に作れるので、ぜひ試してみてください。

(越野 美樹)

元記事を読む