1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. お手本にしたい♪毎日の洋服選びが楽しくなる衣類収納の実例集!

お手本にしたい♪毎日の洋服選びが楽しくなる衣類収納の実例集!

  • 2018.7.30
  • 17803 views

出し入れが多い衣類収納は、気を抜くとぐちゃぐちゃになりがちです。

洋服が綺麗に収納されていると、毎日の洋服選びもなんだか楽しくなりますよね。

今回は、インスタグラムで見つけたお手本にしたくなる衣類収納をご紹介します。ぜひ、最後までご覧ください。

お手本にしたい!衣類収納

お店のような見せる収納

かもめさん(@lokki_783)がシェアした投稿 -

お店のディスプレイのような見せる収納は、見ているだけで楽しい気持ちになりますよね。

掛ける収納と置く収納、隠す収納を上手く使い分けられていて、とてもバランスが良いですね。

可動棚になっているので、好きな位置に棚板をつけられて便利です。

かもめさん(@lokki_783)がシェアした投稿 -

旦那さんとお子さんのお洋服も、おしゃれに見せて収納されています。

手に取りやすい位置で収納されているので、お子さんも自分で服を選べるようになっていますね。

ブリキのボックスには、旦那さんのカバンなどを収納されているそうです。

@itdm.hoがシェアした投稿 -

お気に入りの服をラックで、見せる収納にされています。

可愛らしいお洋服が並んでいて、インテリアの一部のようですね。

ボトムスや他のお洋服はクローゼットに収納されているそうです。

ボトムス収納を工夫しよう。

どらこさん(@doraco0331)がシェアした投稿 -

畳んで収納するとシワが気になるボトムスは、スラックスハンガーでまとめて収納されています。

ボトムスを左側にまとめて収納されているので、見やすく選びやすいですよね。

ハンガーの位置を変えるだけなので、ぜひ試してみてくださいね。

えりかさん(@penta_room)がシェアした投稿 -

トップスは上のスペースに、ボトムスは下のスペースに分けて収納されています。

上下で収納されているので、コーディネートのイメージがしやすいですよね。

yukiさん(@letoile__life)がシェアした投稿 -

キャスター付きのスラックスハンガーなら、コロコロっと引き出して選んだり収納が出来るのでとても便利です。

ハンガーの位置を簡単に入れ替えられるので、カラー別に収納することが出来ますよ。

emiさん(@emiyuto)がシェアした投稿 -

スラックスハンガーを置くスペースがないという方にオススメなのが、ボトムハンガーです。

ボトムハンガーの中でも、片方が開いているこちらのタイプは、取り出しもお片づけもとてもスムーズで使い勝手が抜群です。

emiさん(@emiyuto)がシェアした投稿 -

ベルトを通す部分に、S字フックを掛けてミニマムに収納されています。

とても簡単に収納出来るので、お子さんのボトムス収納や洗濯前の仮置きにもオススメのアイデア収納です。

吊り下げ収納でニットや小物を見やすく収納。

Mariさん(@lovehome_5)がシェアした投稿 -

かさばるセーターや小物を、さっと収納出来る吊るす収納。

吊るす収納は、収納スペースが狭いクローゼットでも大活躍してくれますよ。

掛ける収納が難しいスカートも、スッキリ収納することが出来ます。

kao.さん(@kao_kurashi)がシェアした投稿 -

吊るす収納は、マジックテープで簡単に取り付けられるのでとても便利なんです。

今の時期は、Tシャツを畳んでカラー別にまとめて収納しておけば、見やすく取り出しやすい収納が出来ますよ。

あゆみさん(@ayumi._.201)がシェアした投稿 -

吊るす収納に、ボックスやケースを組み合わせればベルトや靴下など、小物もスッキリ収納することが出来ますね。

1つ1つが独立した収納スペースになっているので、型崩れしやすい帽子も綺麗に収納出来ますよ。

ハンガーを揃えよう。

ハンガーがバラバラだと、綺麗に収納していても統一感のない収納になってしまいます。

衣服収納では、素材やカラーの同じハンガーを使ってみてください。それだけで、ガラッと印象が変わりますよ。

こちらは、木製のハンガーで統一されていて、まとまりがありますよね。

airaさん(@love.net.aira)がシェアした投稿 -

シンプルなデザインのアルミハンガーで揃えて、スッキリした収納に。

ハンガーが変わるだけで、収納の印象も変わりますよね。

無印良品では、子供サイズのハンガーも販売されているので、これを機に家族みんなのハンガーを変えてみても良いかもしれません。

asamiさん(@asamiiimasa)がシェアした投稿 -

収納用品に合わせて、ハンガーも白で統一されています。

スッキリ清潔感があって整えられているので、扉で隠してしまうのがもったいないくらいですよね。

ゆとりをもって収納しよう。

Yukikoさん(@__.yukiko)がシェアした投稿 -

クローゼットがお洋服でいっぱいだと、取り出しずらいですよね。服はあるけれど、結局同じ服ばかり着てしまったりしますよね。

ゆとりを持って収納することで、1着1着をもっと大切にできますよ。

kozueさん(@kozue._.pic)がシェアした投稿 -

どのくらいクローゼットに服を掛けていますか?クローゼットのバーの長さを3で割った数が、クローゼットに掛ける服の適正量だそうです。

一度計算してみると、掛ける目安になるのでぜひ試してみてくださいね。

引き出しには立てて収納しよう。

かもめさん(@lokki_783)がシェアした投稿 -

引き出しにお洋服を収納する際は、取り出しやすい立てる収納がオススメです。

タオルなども立てて収納すると、取り出しやすくて見やすいですよね。

お洋服によって、畳み方を変えて立てて収納されています。

@itdm.hoがシェアした投稿 -

立てて収納していても、取り出すたびに倒れてしまうと毎回ストレスが溜まりますよね。

こちらでは、ディッシュスタンドを使って立てて収納されています。

スタンドに挟まるように畳むので、大きさにも統一感がでてとってもスッキリしますよ。

yukaさん(@yuka3246)がシェアした投稿 -

仕切り板を使えば、自分の好きな大きさで自由に仕切りが作れますよ。

下着や靴下など、小物の収納にも使えるアイデア収納です。

仕切り板は100円ショップやネットショップで購入出来ます。

mai ˹simplelife˼さん(@_____mai.3)がシェアした投稿 -

こちらはブックエンドを使って、引き出しで立てる収納をされています。

Tシャツなどの倒れやすいものも、綺麗に立てて収納されていますね。

立てて収納することで、どの服がどこにあるのかすぐにわかります。

まとめ

お洋服を選ぶのが楽しくなる衣類収納をご紹介しました。いかがでしたでしょうか?

ごちゃごちゃ詰め込んでしまいがちな衣類収納を、見直してスッキリとした収納を目指してみてくださいね。

元記事を読む