1. トップ
  2. 恋愛
  3. 食事に行った時に彼が彼女に気になるトコロ

食事に行った時に彼が彼女に気になるトコロ

  • 2018.7.29
  • 20320 views

楽しいデートといえば食事はつきものですが、より楽しいデートになることもあれば、反対にがっかりされる事もありますよね。

そこで男性が女性と食事に行った時に、無意識にチェックしているポイントを聞いてみました!

最低限の食事マナー

意外に多かったのは、「極端に食べるのが遅い子」

男性は女性よりも食べる速さがはやいのは当然なのですが、食べるのが遅いのにもかかわらず、スマホをいじりながら食べていたりするとやっぱり幻滅してしまいます。

食べるのが遅い自覚がないのか、待たせて当然と思っているのか、とあまりいい印象はありません。

食べ終わる時間を少しでも合わせられるようにする気遣いくらいは見えないと、次のデートにつながりにくいでしょう。

女性が男性のスピードにある程度合わせて食べるとなれば、はじめから量を調節するなどの工夫が必要になってきます。

もちろんほかにも最低限、お箸の持ちかたや髪の毛の処理などもだいじですが、食べきれない量を頼んで残すのももちろんマナー違反ですよ。

次はないな……と思うNG例

「せっかく自分が美味しいと思うお店に連れて行っているのに、連れて行ったお店の文句を延々という。」(32歳/会社員)

「食通ぶって他の店の同じ料理の方が美味しかったって言われると、この子と次の食事は無いなって思う。」(41歳/サービス業)

食通の子と食事に行くのって、確かにハードル高いからなかなか誘いづらいかも。逆に「美味しいお店を紹介して! 」と素直にいえないのも男性独特のプライドなのかも知れませんね。

美味しそうに食べるのが一番!

美味しそうに残さず食べてくれるのは、自分を褒めて貰うのとおなじ感覚で男性はいます。

なのでやっぱり美味しそうに食べてくれると嬉しいのです。また次も誘いたいなって思うんです。

おたがいが楽しく美味しい食事の回数がふえれば、それだけふたりの距離もちかくなるという訳です!

もし好きな男性が食事に連れて行ってくれたら、自分がもっと美味しいお店を知っていたとしても、黙って美味しそうに食べるのが、男性から見た「かわいい女子」のつくり方なのではないでしょうか?

まとめ

男性が自分が知ってるお店に誘うということは、女性でいうなら手料理を食べてもらうような感覚なのでしょう。

だからこそ、食べている時間のコミュニケーションを大事にして、相手に失礼のないように心がけていきたいものですね!(只野あさみ/ライター)

(愛カツ編集部)

 

元記事を読む