1. トップ
  2. 恋愛
  3. バツイチ男性と結婚前提に付き合ってもいい?付き合う前に聞いておきたい5つのこと

バツイチ男性と結婚前提に付き合ってもいい?付き合う前に聞いておきたい5つのこと

  • 2018.7.27
  • 18656 views

最近では、夫婦の離婚率はうなぎのぼり。
婚活パーティーや、お見合いパーティーなどに出かけても「実はバツイチ」なんですと男性が告白するパターンも多く見られます。
夫婦関係には本人にしかわからないことがあるため、必ずしも男性側に非があって離婚するケースばかりではないものの、やはり離婚理由は気になりますよね。また前妻との関係などもスルーできません。
いいなと思った男性から「バツイチなんだ」と告白された時、お付き合い前に聞いておきたい項目をいくつかお伝えします。

1. 離婚した理由

離婚した本当の理由を言ってあなたに嫌われたくないので、はっきりとした理由は言わないと思います。
でも、「俺が浮気しちゃったんだ」「ケンカが絶えなくて妻が逃げ出した」という言葉が返ってきても、ありのままに信じちゃダメです!自分に非があることをそのまま話す人はいませんよね。
本当は、浮気を1年に10回以上していたとか、奥さんとケンカして暴力をふるって奥さんが実家に逃げたという事も考えられます。
一気に根掘り葉掘り聞くよりも、じっくり何回かに分けて「浮気しちゃったってどうしてなの?寂しかったから?」と相手の心に寄り添うように話しかけて相手から本音を聞き出しましょう。

2. 前妻との関係

どのような離婚の仕方をしたかにもよりますが、前の奥さんと仲が悪くなって別れたのか、それとも違う理由があって別れなければならなくなったのかによっても前妻との関係は変わってきますよね。
今でも時々会うのか、どのくらいの頻度で会っているのか、子供との関係は?などちゃんと聞いておかないと、お付き合いをしたあとに「奥さんの家に泊まりに行ってる」なんて事実が発覚してびっくりしてしまう方もいます。
離婚をしたから疎遠になるというのは昔の風潮、今は離婚をしても普通のカップルのように仲が良い方達もいるので、その辺の話はしっかりと聞いておいたほうが良いでしょう。

3. 養育費、慰謝料の話

浮気などで裁判を起こされ離婚に至ったケースでは、前妻に慰謝料を払ったり、子供に養育費を毎月支払う義務が発生したりします。

大手の会社に勤めていても、慰謝料と養育費を払って残る給料が少く年収300万程度になっている男性もいるようです。
お付き合いだけならまだしも、結婚を前提としたお付き合いをするなら、お金の話はしっかりと聞いておきたいところです。

4. 子供が欲しいのか欲しくないのか

初婚である女性は、結婚をしたら「子供が欲しい」と考える人は多いと思います。
彼に前妻との間に子供が何人かいる場合、彼は「もう子供はいらない」と考えている事もあるかも。
そうなると、いざ結婚した後に「俺はもう子供は作りたくないんだ」と女性との間に考えの違いが生まれて、結局離婚という形をとるケースも少なくないようです。
女性の人生設計を彼に伝えながら、彼にも「これからの人生どういう暮らしをしたいの?」聞いてみた方がよいでしょう。

バツイチの男性は結婚経験もあるので、初婚男性に比べて結婚へのハードルが低くなっています。
結婚しやすいという利点があるものの、過去にやらかした色々な事で清算していかなければならないオマケが付いて回ることも。。
結婚を前提にお付き合いするなら、離婚の理由、前妻との関係、養育費・慰謝料、子どもが欲しいか、この4点についてしっかりと確認してからにしたほうが良いでしょう。

written by 亀ぱんだ

元記事を読む