1. トップ
  2. メイク
  3. メイクでマイナス3kgの印象を。細見えフェイスラインを叶える“V字アゴ”のつくり方

メイクでマイナス3kgの印象を。細見えフェイスラインを叶える“V字アゴ”のつくり方

  • 2018.7.26
  • 10343 views

同じ体重でも顔に肉がつきやすい人とつきにくい人とでは見た目印象は大きく変わるもの。「自分は丸顔だから…」とを諦めている人にオススメしたいのが、コントゥアリングを応用したフェイスラインの細見えを叶える“V字アゴ”メイクです。

▶︎【肌印象マイナス3歳】アレの位置を見直すだけでOKの超簡単メイクテク

用意するコスメは肌のトーンよりワントーン明るめのコンシーラーと、肌のトーンよりワントーン暗めのコンシーラーの2つ。

メイクでマイナス3kgの印象を。細見えフェイスラインを叶える“V字アゴ”のつくり方

最初はプチプラコスメで試してみるものOKなので、早速メイク方法をチェックしてみましょう。

(1) 唇上とアゴにハイライトを入れる

メイクでマイナス3kgの印象を。細見えフェイスラインを叶える“V字アゴ”のつくり方

唇の山の上に明るめコンシーラーをのせます。また、オンナらしいやわらかい雰囲気を出すためにアゴの中央にも明るめコンシーラーで小さく丸を描きます。

(2)フェイスラインにシェーディングを入れる

メイクでマイナス3kgの印象を。細見えフェイスラインを叶える“V字アゴ”のつくり方

最も重要になるフェイスライン(耳の中央横からアゴ)に暗めのコンシーラーでシェーディングを入れます。全体的な印象が重くなるので、フェイスラインから人差し指の幅くらいの空間(写真X部分)をあけてること、アゴ先にはシェーディングを入れないことがポイントです。

(3)フェイスラインのキワにハイライトを入れる

メイクでマイナス3kgの印象を。細見えフェイスラインを叶える“V字アゴ”のつくり方

(2)であけておいた空間(フェイスラインのキワ)に明るめのコンシーラーをのせます。レフ板効果で(2)で入れたシェーディングの効果を最大化してくれる効果を期待できます。

(4)(1)のハイライトをのばす

メイクでマイナス3kgの印象を。細見えフェイスラインを叶える“V字アゴ”のつくり方

(1)で唇上とあごの中央にのせた明るめコンシーラーをスポンジで軽くたたいて境目をぼかします。

(6)(2)と(3)の境目をなじませる

メイクでマイナス3kgの印象を。細見えフェイスラインを叶える“V字アゴ”のつくり方

(2)と(3)でフェイスラインにのせた明るめコンシーラーと暗めコンシーラーの境目をスポンジでそっとこすってぼかすように馴染ませます。両色が混ざらないように注意して必ず境界線だけに沿ってなじませるのがポイントです。

このように明暗2色のコンシーラーを上手に活用するだけで、見た目マイナス3kgに見せるV字アゴを簡単に実現できます。ぜひ試してみてくださいね。<text: kanacasper(カナキャスパ)>

元記事を読む