1. トップ
  2. ダイエット
  3. 1日1分!三日月のポーズでお腹&下半身引き締め

1日1分!三日月のポーズでお腹&下半身引き締め

  • 2018.7.25
  • 4693 views

アメリカ発の最先端ヨガ「ボウスプリング」は「Bow Spring=しなる弓形」のポーズが特徴です。1日1分、毎日継続することで効果を実感できるはず!

ヒップアップ・太もも痩せ・ウエストのくびれに効く「アースポーズ」と「三日月のポーズ」は必見です。

まずはシードハンドの形に

指先を軽く握り、親指のつけ根と小指のつけ根を近づけるようにして手のひらをギュッと寄せ、手の形(シードハンド)をとります。腰を引く際は肋骨全体を膨らませ、脚のつけ根の部分を後ろに引くのがポイントです。

POINT. 腕を横にも前にも下にも押し返すように

前に伸ばすことで背中を開き、下に下げることで胸の前面を開きます。さらに横に広げることで肋骨を広げるイメージです。

アースポーズで立つ

次に、「アースポーズ」で立ちます。シードハンドを維持しながら、両足を腰幅に広げ、両手はひじを軽く曲げて前に伸ばしましょう。両手はなるべく胸の高さでキープして、下がり過ぎないように心掛けてください。

両太ももの付け根部分を後ろに引くように意識して、ひざを曲げて重心を取りながら腰を反らしていきます。足はつま先から意識します。指で床を蹴る力が徐々に上に繋がっていくイメージです。

三日月のポーズをつくる

次に「三日月のポーズ」です。両手の肘を曲げて指先で後頭部をつかみます。肘は閉じて、頭に手の平がつかないよう指先だけでつかむことを意識してください。

三日月のポーズのポイント

耳を肩に近づける体勢をつくり、この状態で体を倒していきます。その際に、倒れる方向の反対側の肋骨を持ち上げるようにしましょう。

息を吸って、吐きながら側屈して体を戻すセットを左右1回ずつ行います。肘は常に前に出すことを意識しましょう。肘を開くと背中が閉じてしまいます。

体勢をキープすることを心掛けて

下半身は軸をずらさないように心掛けることで、より肩こりや腰痛に効果が出やすいと言われています。また目線も反ってしまいがちですが、正面を見た状態をキープしましょう。

アースポーズに戻る

再びアースポーズに戻ります。一連の流れを2度繰り返し行いましょう。

連続して長時間行わず、適度に休憩を取り入れながら行うことが大切です。「アースポーズ」と「三日月のポーズ」を1セットとして実践してみましょう。これだけでも次第に効果が現れてくるはず!

監修:STUDIO BOWSPRING

スポット情報

  • スポット名:STUDIO BOWSPRING
  • 住所:東京都中央区日本橋小網町11-9 ザ・パークレックス小網町第2ビル7F
  • 電話番号:0120-700-255
元記事を読む