1. トップ
  2. インテリア
  3. 賃貸や狭小住宅でもできる!ラウンジスタイルで家族のくつろぎスペースを作ろう

賃貸や狭小住宅でもできる!ラウンジスタイルで家族のくつろぎスペースを作ろう

  • 2018.7.21
  • 3361 views

ラウンジスタイルとは、低めのダイニングテーブルとソファを使い、リビングとダイニングを一体化するインテリアのこと。手狭な賃貸のリビングでも取り入れることができ、スペースを有効に使えるスタイルなんです。

そこで今回は、素敵なラウンジスタイルインテリアをまとめてみました。

ラウンジスタイルで食事もくつろぎも思いのまま!

落ち着きのあるラウンジスタイル

FLYMEeさん(@flymee_official)がシェアした投稿 -

ウォールナット色のダイニングテーブルに合わせたのは、黒いレザーの座面がエレガントなコの字型のソファベンチ。

重厚感がありながらもコージーな雰囲気で、居心地のよい空気を作ります。

クールなラウンジスタイル

キャメルカラーのレザーを使ったソファベンチは、細身のアイアンフレームがインダストリアルな雰囲気。

アイアンフレームは軽快な雰囲気があるので、狭いリビングダイニングでも圧迫感を感じません。

北欧モダンなラウンジスタイル

kirario interiorさん(@kirariointerior)がシェアした投稿 -

明るいブルーの壁が優しい雰囲気を作るリビングダイニング。ライトグレーのファブリックソファは、座り心地が良さそうでついつい長居してしまいそう。

白木のダイニングテーブルが、北欧モダンなインテリアにぴったりです。

グレーで引き締め感をプラス

kirario interiorさん(@kirariointerior)がシェアした投稿 -

先ほどよりも濃い目のファブリックを使ったソファ。白木のテーブルとコントラストがはっきりつくことで、インテリアが引き締まりますね。

イエローをアクセントに、都会的な雰囲気を漂わせています。

ふかふかのソファでゆったりと

kirario interiorさん(@kirariointerior)がシェアした投稿 -

厚みのあるソファを使ったラウンジスタイルのリビングダイニング。クッション性のあるソファを使うことでくつろぎ感が増し、ゆったりとした印象の空間を作れます。

ひとり暮らしでも

ひとり暮らしにもおすすめなラウンジスタイル。限られたスペースを有効的に使えるので、空いたスペースにデスクや収納家具を置くなんてこともできますよ。

マンションでも

hara_stagramさん(@hara.gram)がシェアした投稿 -

マンションのリビングにもラウンジスタイルを。お部屋の角のラウンジスペースは、こじんまりとして居心地が良さそう。

白熱電球を使ったペンダントライトを低めに設置して、さらにリラックスした空間を作っています。

ペンダントライトを

@k717oがシェアした投稿 -

ラウンジスタイルのリビングダイニングに、シンプルなペンダントライトを一つ灯しています。

照明が変わるだけでもインテリアの印象が変わるので、家具のテイストに合わせてコーディネートするのがおすすめです。

パーティも出来る

SACHI-AREさん(@sachi.r2)がシェアした投稿 -

こちらのラウンジスタイルは、定番のコの字型のソファのほかにベンチを置いています。

大人数でテーブルを囲むことができるので、おうちに人を呼ぶのが好きな人にもおすすめ。行きつけのお店のようなおもてなしができそうです。

ロースタイルで

ダイニングテーブルの代わりにローテーブルを置いています。

ソファだけでなく、床に座布団を置いておけば、座って食事もできるので、食事と団欒を同じ場所で済ますことができますよ。

まとめ

限られた空間を有効に使えるラウンジスタイルをご紹介しました。食事をした後も同じ場所でくつろげるラウンジスタイルは、家族のだんらんの時間を増やしてくれる効果も期待できます。皆さんのお宅にもラウンジスタイルを取り入れてみませんか?

元記事を読む