1. トップ
  2. 恋愛
  3. あんまり効いてない?距離を置いたのに彼が今までと変わらず接してくるのはなぜ?

あんまり効いてない?距離を置いたのに彼が今までと変わらず接してくるのはなぜ?

  • 2018.7.19
  • 10222 views

彼と「距離を置こう」と話し合ったのに、数日たって何事もなかったように彼がLINEをしてきた。またはいつも通りに話しかけてくる……。

これはどういう意味なの?

彼の中で「もう距離を置くのはもういいや」ってこと? それともすっかり忘れているの?

こんなとき、数日前の話は何だったのか、さっぱりわからなくて困惑してしまいますよね。

今回は、この不思議な彼の行動を解説していきたいと思います。

彼の中で距離を置いたつもり

彼の中で“距離置き”は数日で終わったのでしょう。ときどき、このように勝手に決めて勝手に自分の中で設定する人がいます。

自分の怒りや何やらが落ち着いたので通常に戻ったのでしょう。ケンカもそうですが、自分が落ち着いたからと言って平然と何もなかったようにされては相手は戸惑います。そのときはおさまりますが、だんだんと納得しない気持ちが蓄積されていきます。

深く考えていない

熱しやすく冷めやすい性格の場合。距離を置く話になったときはそれなりに考えていたが時間とともにスーッとクールダウン。「また彼女が怒ってる」くらいに軽く考えている、能天気パターン。

様子見の状態

相手の様子を見ている。これで彼女が普通に接してくれたら「ははーん、結構ちょろいなこれは」と甘く見られてしまうことも。つまり余裕で、“距離を置く”は効いていないようです。

いずれにせよ、これでは距離を置いた意味がありません。そもそも距離を置くにはなにか理由があるからです。せっかく宣言してもこれではなにもしないのと同じ。

彼が普段通りに接してきたら

  • 笑顔で短く受け流す:「無視=嫌い」の意味なので無視はしません。
  • 偶然会ったら:挨拶だけで話はしない。
  • LINEも返信しない:返信をすぐしてしまったり、無関係の話だから、仕事の話だからと返信してしまった……なんてこともありますが、様子をうかがっていることもあるので返信しないようにします。

男性は時間が経つと気持ちが収まってしまうので、忘れてしまう人が多いようです。

同じ職場ではあいさつ程度の接触はしかたないですが、みんなで一緒に飲み会、などは避けたほうがいいかも。

せっかく置いた距離が近づいてしまいますし、お酒のせいでうやむやになってしまったり、「別の異性と仲良くしていた」とお互いの誤解を招くことがあります。

おわりに

“距離を置く”ことは冷静になること。少し離れてじっくり考えましょうということです。そこで、彼に問題があったのか、彼が言ってきたのかでも違ってきます。

彼が「距離を置こう」と言ってきたけれど、普段通りに話してくる場合は、こちらも普通に接してきてもかまいません。

でも、彼に問題があるのに何事もなかったように……ならうやむやにしようとしている可能性が。その状態を前提に、よく考えてみてくださいね。(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事を読む