1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 賃貸でもできるキッチンの収納術8選!収納力をアップしてすっきりとした空間にしよう

賃貸でもできるキッチンの収納術8選!収納力をアップしてすっきりとした空間にしよう

  • 2018.7.17
  • 8863 views

賃貸だと原状回復の義務があるため、収納スペースが足りなくて困っていても、収納棚を設置するということはなかなかできませんよね。そのためキッチンなど、ものが多い場所ではきれいに整理整頓するのが大変です。そこで今回は、賃貸でも安心してできるキッチンの収納術をまとめました。

壁を傷つけずに収納スペースを増やしてきれいなキッチンにしよう

ディアウォールを使って

TAEKOさん(@hukurou2128)がシェアした投稿 -

こちらのおうちでは、板を貼ってはがせる両面テープを使って壁に固定し、ディアウォールを板の前に立ててしっかりおさえています。

板を壁に固定することで、棚を設置しても壁自体に傷がつかないので、こちらのように鍋や急須を見せる収納にすることができますよ。

ラブリコを使って

ERIさん(@eririichi)がシェアした投稿 -

ラブリコを使ってシンクの前に棚を作っているおうちもあります。

ラブリコは、壁に傷をつけることなく棚を作ることができる賃貸の強い味方です。

キャニスターやガラスの容器などを棚にきれいに並べれば、見た目もおしゃれなカフェ風インテリアのキッチンに。

有孔ボードを使って

有孔ボードは収納力が高く、キッチンやリビングなど、どこでも活躍するアイテムです。

こちらのおうちでは、ディアウォールを使って柱を作り、有孔ボードをつけて壁面収納スペースを作ったのだとか。

収納力がぐっとアップするので、キッチンツールをたくさん吊るして収納することができます。

網を使って

網や結束バンド、突っ張り棒を使って壁面収納スペースを作ったおうちもあります。

網にフックを引っかけたり木箱をつけたりすることで、キッチンツールや調味料などを収納することができますよ。

冷蔵庫の側面を活用

しゅうこんぶさん(@shuconbu)がシェアした投稿 -

冷蔵庫の側面を収納スペースとして活用するのもおすすめです。

フックをつけることで、鍋敷きなどを吊るして収納できるようになりますよ。

隙間を活用

yuntosanさん(@yunsamama)がシェアした投稿 -

収納スペースが不足している賃貸のキッチンでは、ちょっとした隙間も見逃したくないもの。

キッチンとシンクのちょっとした隙間にぴったり収まるアイテムをDIYすれば、調味料やトレイなどをすっきり収納することができますよ。

タオルハンガーを使って

しゅうこんぶさん(@shuconbu)がシェアした投稿 -

こちらのおうちでは、タオルハンガーを壁に固定して、横ブレしにくいフックを使いキッチンツールを吊るす収納にしています。

吸盤タイプのタオルハンガーなら、壁に傷をつけることなく固定することができ、コンロの横に収納スペースをプラスできて便利ですよ。

仕切り棚を使って

arisaさん(@alinu.h.h.k)がシェアした投稿 -

食器を収納するスペースが足りないという方は、仕切り板を利用するのもおすすめですよ。

仕切り棚を使うことによって、高さを無駄にしない収納ができるようになります。

まとめ

賃貸におすすめのキッチンの収納術をご紹介しましたが、いかがでしたか?

ディアウォールやラブリコなど、壁に傷つけずに棚を作ることができるアイテムを活用したり、ぴったりなサイズの収納アイテムを作ったりすることによって、収納力をぐっとあげることができます。

キッチンの収納スペースが足りずお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

元記事を読む