1. トップ
  2. ファッション
  3. 【5,000円以下】のレーストップスを着こなす♡大人可愛いフェミニンコーデ集

【5,000円以下】のレーストップスを着こなす♡大人可愛いフェミニンコーデ集

  • 2018.7.17
  • 7878 views

レーストップスは、着るだけで女性らしく大人可愛い着こなしを叶えてくれるので、大人女子にとって欠かせないアイテムですよね。

そこで今回は、5,000円以下で購入出来ちゃうプチプラレーストップスをブランド別にピックアップしてみました。

お買い得なうえに、おしゃれなアイテムばかりなので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

coca

出典:zozo.jp

パンチングカットワークが涼しげで可愛らしいブラウスは、着るだけで大人可愛い雰囲気に。

深すぎないVネックラインで、デコルテがキレイに見えますよ。

今年は、デニムと合わせて甘辛ミックスコーデを楽しみましょう。

出典:zozo.jp

Aラインシルエットが可愛いブラウスは、着こなしを一気にガーリーにしてくれます。

肩を出すのに抵抗ある方も、ふんわりとしたレースがカバーしてくれるので安心です。

いつものデニムと合わせても、このブラウスを着れば一気に華やぎます。

出典:http://zozo.jp/

花柄のカットワークレースが清涼感溢れる、チュニックワンピース。

デニムと合わせてレイヤードすれば、今年らしいトレンドライクな着こなしが完成です。

出典:zozo.jp

花柄刺繍が可愛いブラウスは、大人っぽいフェミニンスタイルを叶えてくれるアイテム。

バギーパンツと合わせると、甘くなり過ぎない、こなれたコーデに仕上げてくれます。

ViS

出典:zozo.jp

スカラップレースがキレイなブラウスは、エレガントかつ華やか見えするアイテム。

Aラインスカートやワイドパンツにインして、フェミニンに着こなしましょう。

出典:zozo.jp

袖レースがキレイなプルオーバーは、大人っぽく上品に決まります。

キレイ色のクロップドパンツと合わせれば、キレイめなお出かけコーデが完成。

Aラインスカートを合わせて、女性らしく着こなしてもいいですね。

出典:zozo.jp

ケミカルレースのタンクトップは、エレガントで大人のムード漂うアイテム。

デニムと合わせてラフに着こなせば、今年らしい抜け感が演出できます。

レジャーやリゾートでも活躍するアイテムです。

出典:zozo.jp

ふんわりとしたボリューム袖が可愛いブラウスは、着るだけで大人可愛いコーデに仕上がります。

清涼感溢れる爽やか配色のAラインスカートと合わせて、フェミニンに着こなしましょう。

デートやお出かけ着としても活躍すること間違いなしのアイテムです。

出典:zozo.jp

ブラックカラーのレースブラウスは、コーディネートを引き締めてくれるアイテム。

淡い色のスカートと合わせることで重たくならずに、大人可愛いスタイリングに仕上がります。

出典:zozo.jp

ギャザーを寄せて仕立てたカーキのブラウスは、ナチュラルな雰囲気に。

ホワイトカラーのスカートと合わせることで、フェミニンかつ清楚な印象に仕上がります。

出典:zozo.jp

繊細なレース使いのタンクトップは、大人ガーリーな雰囲気に仕上げてくれます。

サロペットと合わせれば、可愛くなり過ぎずに大人っぽく着こなせますよ。

GLOBAL WORK

出典:zozo.jp

程よい透け感で甘くなり過ぎない総レースのトップスは、カジュアルにもキレイ目にも着こなせるアイテム。

鮮やかなカラーのスカートとも好相性。

ワイドパンツと合わせて、カジュアルに着こなしてもおしゃれですよ。

出典:zozo.jp

スカラップ刺繍生地を使ったブラウスは、オフショルダーとしても着れる2WAY使用。

クロップドパンツやデニムと合わせても、大人可愛さを演出できる優秀アイテムです。

earth music&ecology

出典:zozo.jp

ピンタックとレース使いが大人ガーリーなブラウスは、レッドカラーでパリジェンヌのような着こなしに。

短め丈なので、ワイドパンツやAラインスカートと相性抜群です。

出典:zozo.jp

透け感のある総レースがフェミニンなブラウスは、着るだけでコーディネートをおしゃれ見えしてくれるアイテム。

ワイドパンツやAラインスカートと合わせることで、今年らしいトレンドライクな着こなしが完成します。

まとめ

今回は、5,000円以下のプチプラで購入できるレーストップスをご紹介しましたが、いかがでしたか?

どれもお買い得な上に、おしゃれなアイテムばかりでしたね。

ぜひ、お気に入りのレーストップスを見つけて、フェミニンコーデを楽しんでみてくださいね♪

元記事を読む