読み聞かせ、ママのお悩み一挙公開!気楽に続けるコツは?

ウーマンエキサイトで人気連載中のちゅいママさんの記事「読み聞かせのお悩み8つを解決! ママも絵本を楽しむコツは?」で、読み聞かせに関するアンケートを実施しました。

アンケートの結果からは、ママたちが読み聞かせを重要視していること、少しでも楽しく、子どものためになるような読み聞かせをしたいと思っていることがわかりました。



■毎日読み聞かせをしているママは半数以上

読み聞かせは子どもにとって大きな利益をもたらすと言われています。だからこそ、多くのママが“読み聞かせをしてあげたい”“読み聞かせをしなきゃ”と思うようです。

今回のアンケートの結果では、じつに55%のママが「毎日読み聞かせをしている」と回答。さらに、読み聞かせに対する悩みや疑問が集まり、ママたちの読み聞かせに対する真剣度の高さが浮き彫りになりました。
Q. 子どもに読み聞かせをする頻度をお知らせください
毎日している 55%
週に数回程度 27%
月に数回程度 15%
していない 3%
その他 0%

■抑揚をつけるのはNG?



今回のアンケートのコメント欄で1番目立ったのが「読み聞かせをする際、抑揚をつけるのはダメなのか?」という悩みでした。
読み聞かせのときに、「抑揚をつけずに読んだ方が子どもの想像力がふくらむのでよい」ということをときどき耳にします。たしかに登場人物によって声色を変えて読むのは固定概念(小さいうさぎは高い声、こわそうなライオンは低い声、など)を与えてしまいそうな気がします。
でも、たとえば楽しい気持ちの場面などで、たんたんと読んでいるのはなんとなくつまらない気がして、日によって同じ本でも読み方を変えるときがあります。子どもが喜ぶのはどのような読み方なのか、日々悩んでいます。
「子どもが喜ぶ読み方は?」「子どもにとって良い方法は?」。そんなコメントからは、ママたちが絵本で子どもを楽しませようという気持ちが伝わってきます。

読み聞かせに関して、育児書やインターネットを見ると、「単調な読み方のほうが想像力を育む」「オーバーすぎる読み方だと、子どもが絵本の世界に入りにくい」「抑揚をつけるとママの表情や発声だけが記憶に残り、物語の内容が残らない」などと書いてあることがあります。

たしかに、そのようなマイナスの要素もあると思います。でも、抑揚をつけることで、子どもの「楽しい!」という気持ちがアップして“思い出に残る読み聞かせ”になれば、それはステキなことなのではないでしょうか。

抑揚をつけたらダメと決めつけず、淡々と読む絵本、オーバーに読んで子どもたちと思い切り笑いあう絵本と分けてもいいですし、そのときによって1冊の絵本を読み分けてもいいと思います。

ちゅいママさんが言うように「読み聞かせに正解はない」。抑揚をつけて読むことが好きなママ、淡々と読むほうが好きなママと、“読む人=ママ”の気持ちも大切にしないと、読み聞かせが続かないと思います。子どもの反応を見て、ママが読みたいように読むのが1番ではないでしょうか。

■落ち着いて聞かないときはどうする?



「絵本は好きだけど、最初から最後まで順番に読むことができない」というエピソード。じつは、これとてもよく耳にするエピソードなんですよね。

子どもにとっては、物語よりも目の前にある「この絵を見たい!」という欲求の方が強くなってしまうのでしょうか。ただママとしては、「ストーリーを追って聞く力を育てたい」と思ってしまうものですよね。
ページをめくるのが楽しくて読んでいても、進みすぎたり戻ったりします。そんなときは元のページに戻してから続きを読めばいいのか、話の内容なんて関係なしに子どもが開いたところから読めばいいのか迷います。「読んで~」と持って来たのを読んでいると、集中せずまた次の絵本を開いたり、持って来たり…。絵本は好きなようなので読んであげたいのですが、聞かずにキョロキョロそわそわ次の本を探されると、モチベーションが下がり面倒くさく感じてしまいます。
ページを飛ばされたり、絵本を変えられてしまうと、「一体なんの話だった?」とママも混乱しますし、そもそも「読み聞かせにならない!」なんて思ってしまいますよね。

でも、子どもって基本は興味を持つものが出てきたら、それに飛びつく瞬発力に優れた生き物。いまはストーリーを読むことより、めくる感触を楽しむことや、気に入った絵をじっくり見ることが、その子にとっては大切な時間なのだと思って好きにさせてあげることも、“心の栄養”になるのではないでしょうか。



■兄弟によって読みたい本が違う!

夜寝る前に行う読み聞かせの時間のママは、少し疲れ気味。できれば、ママ自身もゆったりした気持ちで1日の終わりの子どもとの触れ合い時間を楽しく過ごしたいと思っているのではないでしょうか。

しかしそんなときに勃発するのが兄弟によって読んで欲しい本が違うという争い。
一人ずつ本を選んだ場合、読む順番でもめる。本の好みが違ったり、年齢によって理解できたりする本が違う。下の子に合わせてしまうので、上の子には物足りないかなと思うことがある。四歳の兄は絵本が大好きで毎日、寝る前読み聞かせをしますが、10ヶ月の赤ちゃんが邪魔をしてしまって…。兄や私にちょっかいを出してきて、こちらがほっとくと泣き出す感じです。
赤ちゃんは「だるまさん」シリーズ、飛び出す系の仕掛絵本なら興味を持って見てくれますが、兄にはもうおもしろくはないので「違う本にして」と言われてしまいます。二人とも楽しめる絵本があれば知りたいです。上の子と下の子で読んであげたい本が違うのですが、別々に読み聞かせる時間もありません。でも、上の子に合わせちゃダメかなという気もします。ちゅいママさんはちゃんと3人にそれぞれ読んであげていてすばらしいお母さんだと思います。



上の子、下の子、それぞれのことを想い、頭を悩ませているママの様子が目に浮かびますね。しかし、兄弟ひとり一人に平等に読み聞かせをするというのは至難の業。

それぞれ1冊ずつ選ぶ、交互に好きな本を選ぶなどをルールを設けてもいいかもしれません。どちらかに我慢させてしまっているなと感じたら、たとえば休日に多くセレクトできるなど、少し特別感あるルールを作ってしまうというのはどうでしょう。

また、上の子どもが文字を読めるようになったら、下の子どもに本を読み聞かせてあげるという方法も! 上の子にとっては読む勉強、下の子にとってもママとは違った読み聞かせで、楽しく過ごせるでしょう。

また年齢とは異なる絵本を読んだことで、その子なりの新たな発見につながる可能性も。必ずしも対象年齢にとらわれず、上の子が選んだ本を下の子にも一緒に読ませてみたり、下の子に合わせた絵本を上の子も一緒に読ませてみたりすることが、子どもの興味が広げるキッカケになるかもしれません。

■年齢が上がってくると一冊が長くなる!

子どもの成長にしたがって、読む絵本は変わっていきます。内容の濃いもの、お勉強色が強いもの、子どもの想像力に任せるような構成のものなど。そして、それに従い文字数も増えていきます。

そうなるとつまりは、1冊読むのに時間がかかるように。そんな読む絵本の長さについての悩みもアンケートでは集まりました。
年齢があがってくると文字数が増えて、1冊を読むのに時間がかかります。それでも下の子と同じ冊数を読んで欲しがるので、時には声がガラガラになります(笑)。最近では長い話のものが増えて、1冊全部読むのが大変になってきています。いつ頃から「ここまでね、続きはまた明日」ができるようになりますか? それはしない方がいいですか?
たとえ読み聞かせの時間を大事に思っていたとしても、そのために寝る時間が遅くなってしまうのはママとしては不本意ですよね。

そんなときは、子どもに「つづき」の楽しさを教えてあげましょう。「『つづき』があるから明日はもっと楽しみだね」とお話ししながら、「あのあとクマさんはどうなるのかな?」「おばあさんは何を作るんだろうね?」と一緒に空想しながら眠りについてもいいかもしれません。

成長と共に読む絵本はもっと長くなっていくと思いますから、一度そのような習慣をつけると、ママも少し気が楽になるのではないでしょうか。





■絵本を“読む”だけではないプラスの作用がある



そのほかにも、「“あと一冊! あと一冊!”と、読み聞かせがエンドレスになってしまう」や、読み聞かせをする際の部屋の明かるさ、絵本のチョイスについてなど、ママたちが日々思いを巡らせていることがわかりました。また、読み聞かせに対して、こんな位置づけをしているママも。
私も、絵本が大好きなので、毎日読むようにしています。それが仲直りの時間になったり、上の子の唯一の構ってあげられる時間になったりするからです。おかげで、上の子は絵本が大好きで、最近は自分で読むのも挑戦し始めています。
ただ絵本を読むだけでなく、読み聞かせには親子にとってたくさんのプラス作用があります。

たとえば、今日どんな絵本を選んだかでその子の気分が伝わってきたり、今どんなことに興味が向かっているのか、さらには性格や個性といったものもわかってくる可能性があります。

ここまでいうと大げさかもしれませんが、その子を知るキッカケや、子育てのヒントになることもあるかもしれませんね。

■大事なのは、楽しく続けること

選ぶ本や好むページは子どもによってそれぞれ違いますし、そのときそのとき、その親子によって読み聞かせのスタイルがあっていいはず。

必ずしも1ページ目から最後まで順番どおりに読まなくてもいい。ママが全部読まず、子どもが読むページがあってもいい。兄弟一緒に聞かなくてもいいし、もちろん一緒でもいい。

ただ、忙しいママにとって、毎晩ゆったりと余裕を持って読み聞かせの時間を取れるとは限らないはず。そんなときは「なし」でもいいのではないでしょうか。今回集まったエピソードのなかには、疲れてしまったときは「子どもにお願いする」というママも。
「読んで読んでー」と言われ寝る前に10冊読んだ事もありました。でも私がヘトヘトな日は、子どもに「読んでー」とお願いします。
まだ字が読めませんが、自分の知っている単語を持ち出し絵を見て一生懸命説明してくれる姿がカワイイです。あまり読んだこともないのに気に入ったフレーズはすぐ暗記してる事にもビックリさせられます。
なんともかわいらしいエピソードですね! これもまた、読み聞かせが生んだプラスの作用と言えそうです。

子どもが絵本から得る感動や発見を一緒に共有できるのは、小さいうちだけ。ちゅいママさんが言うように、「無理せず、楽しく、ゆる~~く。読まない日があってもOK」。気負わず、楽しく続けていきたいですね。



Q. 読み聞かせについてお悩みがあれば教えてください
回答数:32
(アンケート集計期間:2018/6/28~2018/7/1)

(古口春菜)

提供元: ウーマンエキサイトの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
定番の「デニムパンツ」を使って旬コーデ!マンネリ化させないコツとは?
デニムパンツは、カジュアルコーデの定番で、年中使える外せないアイテムですよね!ただ、定番アイテムだからこそ、コーディネートのマンネリ化も気になります。そこで今回は、デニムコーデをマンネリ化させないための、旬な着こなし術をいくつかまとめてご紹介したいと思います!ぜひ、最後までチェックしてみてくださいね。
folk
無機質になりすぎないお部屋に!素敵なモノトーンインテリアのコツ
黒や白の無彩色で構成されたモノトーンインテリアは、クールな雰囲気を演出できる反面、無機質になりがちです。そこで今回は、冷たい印象になりすぎず、それでいてスタイリッシュな魅力を演出するための、モノトーンインテリアのコツについてご紹介していきます。
folk
ハロウィンだけじゃない! ブラックのリップスティックをうまくこなすコツ
HOW TO MAKE BLACK LIPSTICK WORK FOR YOU (AND FOR HALLOWEEN)
Harper's BAZAAR
目指せ持たない暮らし! 物を増やさないようにするコツ
必要な物を必要な量だけ持ち、シンプルに生活をしていく。そんな「持たない暮らし」に憧れたことがある人もいるのではないでしょうか? 物が少なければ無駄遣いも減り、掃除も楽になり、いいことばかりありますよね。とはいえ、物欲や消費欲にまみれるからこ…
Googirl
目覚めスイッチON!「コーヒー」の効果とおいしく淹れるコツ
朝時間.jp10月22日:今日は「ドリップコーヒーの日」朝ごはんのパンとともに、またがんばった後の休憩時間に。香り高いコーヒーを飲むと、幸せな気持ちになりますよね♪毎朝欠かせない!という方も多いと思います。今日は、コーヒーの効果と、ドリップコーヒーをおいしく入れるコツを調べてみました!目覚めスイッチON!「コーヒー」の効果&おいしく淹れるコツコーヒーの効果まずコーヒーには、眠気を覚ます効果があるといわれます。これは、コーヒーに含まれているカフェインが、脳などの神経を刺激する作用があるから。眠気をなくしたい受験勉強中や運転中、また、朝出かける前にシャキッとしたい!というときにも役に立ってくれますよね。ただしそのぶん、夜寝る前に飲んでしまうと興奮状態になり、寝入りが悪くなると言われるので、時間帯にはご注意くださいね。また、脂肪燃焼を高める作用が期待できたり、有酸素運動の効率アップにもつながるため、ダイエットにも効果があるともいわれています!お酒と同じく飲み過ぎはNGですが、うまく活用したいですよね♪ドリップコーヒーのおいしい淹れ方とは?コーヒー豆をミルで挽いて、お湯をそそぐ「ドリップコーヒー」。毎朝おうちでお湯を沸かし、ドリップしている方も多いのでは?そんなドリップコーヒーをおいしく淹れるためには、豆の鮮度や煎り方、挽き方にはじまり、お湯の温度や量などいろいろなコツがありますが、まずおぼえたいのが「お湯の注ぎ方」。ドリップコーヒーは、いきなり大量のお湯を注ぐのはNG。まずはコーヒー豆を「蒸らして風味と香りを引き出す」ため、「の」の字を描くように静かに少量のお湯を注ぎます。コーヒーの粉がふわっと膨らんだら注ぐのを止め、30~40秒ほど蒸らしましょう!蒸らしが終わったら、真ん中からのの字を書くように、分量のお湯を注いでドリップ完成。このように「蒸らす」作業を丁寧に行うことで、より香り高いコーヒーが完成するんですって☆***コーヒーを飲むと「よし、頑張ろう!」とスイッチが入る方も多いはず。毎日の生活にうまく取り入れてみてくださいね!「ドリップコーヒーの日」とは?神奈川県横浜市に本社を置き、コーヒーなどの通信販売を手がける株式会社ブルックスが制定。誰でも簡単に美味しく入れられるドリップバッグコーヒーの良さを多くの人に知ってもらうのが目的。日付は秋が深まりよりドリップコーヒーが美味しくなる時期と、10と22を「ド(10)リップコーヒーを、ふぅ~ふぅ~(22)しながら飲んで、心も体も温まってもらいたい」との思いから。▼あなたは今日をどんな1日にしたい?朝時間.jpのiPhoneアプリにある、1日をハッピーにするための新習慣「ひとこと朝宣言」で、今日の目標ややりたいことを宣言してみて! iPhoneアプリダウンロードはこちら♪ → http://apple.co/1pWvasG
朝時間.jp
インフルエンザ2018「予防接種スタート! 今年はどうなる?」【ママが知るべき「子どもの感染症」傾向と対策 第2回】
冬の感染症といえば、インフルエンザが真っ先に思い浮かびますね。子どもが通う保育園や幼稚園、学校のクラスではやっていると聞いた暁には「どうか、かかりませんように」「今、休まれると仕事が…!」などと気が気でない日々を過ごすママも多いはず。今年のインフルエンザはどうなるの? 症状や対策は? くわしく解説していきましょう。
ウーマンエキサイト
年上にドキドキ!かなり年上の彼氏と上手く付き合うコツ!
年上にドキドキ!かなり年上の彼氏と上手く付き合うコツ!
Grapps
赤ちゃんが泣いて焦ってしまうママへ【4人の子ども育ててます 第18話】
赤ちゃんは泣くのが当たり前…それはわかっているのですが、お母さんはまわりのことが気になりますよね~。私もそんな経験は多々ありました。しかし今回この記事を書くに当たって、家族に「赤ちゃんの泣き声って気になる?」と質問してみました。
ウーマンエキサイト
40代にありがちな肌の悩みやトラブル。本当に必要なスキンケアは何?
40代になるとシミやしわ、くすみなどそれまでの肌悩みが加速してきたと感じる方も多いのではないでしょうか。免疫力の低下やホルモンバランスの乱れなどもあり様々なトラブルが現れてくるのです。本当に必要なスキンケアを知り、それらの悩みや肌トラブルを解決していきましょう。
myreco
「イライラ」からママを救う7つの救命言葉【ママのイライラ言葉変換辞典 第3回】
ママが子どもにイライラ言葉を使ってしまう「引き金」は子どもの言動ですが、根本的な原因は「親の心の中」にあるそう。娘二人を現役で東大にいれたスーパーママ江藤さんも「子育て中は、イライラしっぱなし」だったそう。そんな江藤さんは、どのように自分を変えていったのでしょうか?
ウーマンエキサイト
ママにもオススメ!秋にぴったりなダウンベストコーデをご紹介します♪
トレンチコートやミリタリージャケットなど秋に人気なアウターは色々ありますが、今回はアクティブな方にもぴったりなダウンベストコーデをご紹介します!ダウンベストは両手が自由に動きやすいので、荷物が多いママにもぴったり♪カラー別にまとめましたので、いつもの自分の雰囲気に合わせて上手にチョイスしてくださいね!
folk
イヤイヤが起こると、周りの視線が痛い。ママが追い詰められたときには【子育ては毎日がたからもの☆ 第31話】
成長にともなって、いろんなことができるようになったことにより自信がついてくる2歳…。色んなイヤイヤを発揮していた息子ですが、いちばん頻度が多かったのは、地蔵になる(固まる)イヤイヤです。ぺぷりさんの息子くんのイヤイヤ期のエピソードです。
ウーマンエキサイト
美人度とお洒落感を底上げ。重めの秋冬コーデに似合う【小顔ヘア】を叶えるコツ3つ
こっくりした濃い色やボリューム感のあるアウターなどを身につける機会が増えてくると、ファッションとヘアスタイルとのバランスが気になる方は少なくないと思います。そこで今回は重めの秋冬の装いに合うトレンドを抑えた【小顔ヘア】をチェックしつつ、似合わせのコツを探ってみましょう。 ▶︎もっと…
beauty news tokyo
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理