1. トップ
  2. ダイエット
  3. タイ式ヨガで骨盤を調整!好印象な姿勢を叶える「薬草を摘む仙人」のポーズ

タイ式ヨガで骨盤を調整!好印象な姿勢を叶える「薬草を摘む仙人」のポーズ

  • 2018.7.11
  • 1436 views

「薬草を摘む仙人」のポーズはどんなときに行うと良い?

「薬草を摘む仙人」のポーズは、骨盤を正しい状態に整えるポーズです。
3回ほど繰り返して3分くらいが目安です。自宅でできる簡単な骨盤調整で、好印象な姿勢を目指しましょう。

STEP1. 脚は後ろに大きく引き、右手は脚の付け根に置く

左足を大きく引いて踵を上げ背筋を伸ばし、視線はまっすぐ前を見ます。右手は右脚の付け根の部分を軽くつかむようなイメージで置きます。

ポイント

後ろ足のかかとをしっかり上げ、左側のおしりを軽く締めましょう。グラグラして不安定な場合は、右手を壁につくなどして安定した状態で行いましょう。

STEP2. 腰のくぼみに左手を置く

左手の平を腰のくぼみの部分に指を下に向けるように置きます。肘は軽く引いておきましょう。

STEP3. 体をまっすぐ下ろし、脚のつけ根の筋肉(腸腰筋)を伸ばす

ゆっくりと鼻から息を吸いながら、腰をまっすぐ下に下ろします。この時、前脚の膝がつま先の前に出ないように注意しましょう。

ポイント

後ろの膝を軽く曲げ、その膝から下ろしていくと、腰がまっすぐ下に下りやすくなります。前脚の膝とつま先の向きは、まっすぐ前に向けて置きましょう。

STEP4. かかとを押し出す

そのまま、左の踵を後ろへ押し出しましょう。脚のつけ根(腸腰筋)が伸びてくるのを意識して。伸びを感じたら口から息を吐きながらゆっくりと元に戻ります。

視線はまっすぐ前に向けておきましょう。一点を見つめるとバランスが取りやすくなります。

STEP5. ひじを後ろに引きましょう

2回目は鼻から息を吸いながら腰を下ろし、かかとを押し出した後で左ひじをぐっと後ろに引きましょう。

STEP6. 息を吐きながら体を元に戻す

ゆっくりと息を吐きながら元の状態に戻りましょう。左右入れ替えて同じように繰り返します。全体を通して、体が前に倒れないように気をつけると美しい姿勢をキープできるでしょう。

監修:朝倉万寿美(日本ルーシーダットン普及連盟プログラムディレクター)
日本ルーシーダットン普及連盟
http://www.rusiedutton.com/menu.html

スポット情報

  • スポット名:ルーシーダットンスタジオ LASSA
  • 住所:東京都中央区銀座4-11-7 第2上原ビルB1F
  • 電話番号:03-6435-3864
元記事で読む