1. トップ
  2. ダイエット
  3. タイ式ヨガ・ルーシーダットンでお腹引き締めを目指す!「脇のSENを刺激する仙人」のポーズ

タイ式ヨガ・ルーシーダットンでお腹引き締めを目指す!「脇のSENを刺激する仙人」のポーズ

  • 2018.7.11
  • 3779 views

「脇のSENを刺激する仙人」のポーズはどんなときに行うと良い?

SENとは、エネルギーが流れるラインのことで、タイ特有の考え方です。エネルギーの流れが悪くなると体調を崩しやすくなると考えられています。ポーズをとりながらエネルギーの流れをスムーズにしていくこともルーシーダットンの大きな特徴です。

「脇のSENを刺激する仙人」のポーズは内臓機能の活性化、ウエスト引き締めが期待できるポーズです。3回ほど繰り返して3分くらいを目安に行いましょう。

ポーズ全体を通して手を添える位置を意識しましょう

ウエストをつかむ手の位置がこのポーズのポイントです。あばらと骨盤の間、骨の無いところを意識しましょう。可能なら、肌に直接触れて、しっかりつかむのがおすすめです。

STEP1. あぐらで座りウエストをつかむ

脚は重ねずにあぐらで座り、組んでいる足の前側にある方のウエストを反対側の手で掴みます。肋骨と骨盤の間をつかむようにしましょう。

ポイント

あぐらで座るときは、鼻筋はまっすぐ、鼻からおへそを一直線にするイメージで。その延長上に踵が縦にふたつ並ぶように座りましょう。

あぐらがつらい場合は、お尻の下にクッションや座布団を当てると楽になります。もしくは踵の位置を内側に狭めてもOKです。

STEP2. 手首を押し出すように伸ばしていく

ウエストをつかんでいない反対側の手を、外側に向かって押し出していきます。そのとき指先は天井に向けておきましょう。

外側に向かって押し出していきながら、上半身を反対側にスライドしていくのがポイントです。

腕は地面と平行になるような高さをキープして、ひじが伸びるまで手首をしっかりと押し出します。二の腕の引き締めにも効果的なポーズです。

腕を外側に押し出すときに、鼻から息を吸います。腕を押し出しながら息を吸いきったら、腕を戻すタイミングでゆっくりと口から息を吐きましょう。

STEP3. 顔を指先に向けゆっくりと元に戻る

同じ動作をもう一度繰り返します。鼻から息を吸いながら腕を押し出し、ゆっくりと顔を指先の方に向けましょう。そのあと、口から息を吐きながらゆっくりと元に戻ります。

簡単にできるタイ式ヨガ・ルーシーダットン。さっそく今日から取り入れて、スッキリとしたお腹を目指しましょう。

監修:朝倉万寿美(日本ルーシーダットン普及連盟プログラムディレクター)
日本ルーシーダットン普及連盟
http://www.rusiedutton.com/menu.html

スポット情報

  • スポット名:ルーシーダットンスタジオ LASSA
  • 住所:東京都中央区銀座4-11-7 第2上原ビルB1F
  • 電話番号:03-6435-3864
元記事で読む