1. トップ
  2. ヘア
  3. 子供っぽくならない前髪ありショートスタイル♪その秘密はスタイリングにあります!

子供っぽくならない前髪ありショートスタイル♪その秘密はスタイリングにあります!

  • 2018.7.10
  • 12772 views

前髪のショートスタイルは、可愛く大人女性にも大人気のヘアスタイルです。しかし、中には子供っぽくなってしまうのでは、と踏ん切りがつかない方もいるのではないでしょうか?

そんな方に今回は、前髪を作っても子供っぽくならないショートスタイルをご紹介させて頂きます。なんと言っても大切なのはスタイリングになります。その秘密を公開しますので、是非参考にしてください。

大人っぽくなれる前髪ありショートスタイル

眉が隠れるぐらいの長さに前髪を設定して、シャープな感じにしたショートスタイル。

全体的に毛先を軽やかにして抜け感を出す事で、色っぽい動きをつけて子供っぽさを感じさせないヘアスタイルに。

a s u k aさん(@asuka__m)がシェアした投稿 -

顔まわりにレイヤーをしっかりと入れたマニッシュショートスタイル。

顔まわりのレイヤーと前髪を繫げる事で、縦長のシルエットになりカッコいい感じの大人女性になれます。

yusuke sakamotoさん(@yusksakamoto)がシェアした投稿 -

パーマとハイライトを使う事で、アグレッシブな動きのあるショートスタイル。

丸みをなくしたヘアスタイルにしているので、子供っぽさがなくなります。ハイライトを入れる事で、個性が出ますね。

Kyohei Konishiさん(@kyohei_konishi)がシェアした投稿 -

ダークグレージュカラースタイルが大人の雰囲気を出してくれるので、カラースタイルから攻めてみるのもオススメです。

前髪を真っ直ぐに降ろさずに、少し斜めに流してあげると大人可愛い印象になります。

長めの前髪でクールな印象にしたショートボブスタイル。

ハイトーンカラースタイルで外国人風のヘアスタイルにして、柔らかい印象になれるカールをつけてあげると、前髪があっても幼くなりません。

暗髪のグレージュカラースタイルと、無造作な動きがモード感を出してくれます。

耳にかけてあげてスッキリとさせるのも、子供っぽさを取り除く可愛いスタイリング方法ですよ。

ハイトーンのマットグレージュカラースタイルで、外国人風にしたショートボブスタイル。

前髪は薄く抜け感を出すように作って、全体を波巻きウェーブでスタイリングします。

丸みがありながら、毛先を外ハネにしているのでオシャレで可愛いヘアスタイルになりますよ。

Satoshi Ogakiさん(@ritme_ogaki)がシェアした投稿 -

ナチュラルなスタイリングで大人っぽい仕上がりにしたボブスタイル。前髪に軽くカールをつけて、さらっと動かすように。

おでこが透けるぐらいの抜け感を出すと、大人びた表情を出せるようになります。

Satoshi Ogakiさん(@ritme_ogaki)がシェアした投稿 -

毛先に動きを出して色っぽさを出すことで、子供っぽさを微塵にも感じさせません。

ゆるく巻いた波巻きウェーブで大人の色気をたっぷりと感じさせましょう。

カジュアルなマッシュショートスタイルで、大人のラフさを出したヘアスタイル。

目にかぶるぐらいの前髪を、分け気味で流してあげて色っぽい雰囲気に。

まとまりすぎないように動かすと、大人の余裕を感じさせることができます。

重めのショートボブスタイルは、スタイリングで可愛さと大人っぽさを出しましょう。

前髪も含めて全体的にくせ毛のようなカールを出して可愛さを出したら、前髪は薄く隙間を作るようにすると、大人っぽさも演出できますよ。

大胡 貴洋さん(@tricca.daigo)がシェアした投稿 -

透け感をたっぷりと出す事で、前髪を作っても子供っぽくなりにくいです。

ペタッと下ろす前髪ではなく、流しせるぐらいの前髪が、より大人っぽさを演出してくれます。

yusuke sakamotoさん(@yusksakamoto)がシェアした投稿 -

外国人風のマニッシュショートスタイルは、ハイトーンのアッシュベージュカラースタイルと合わせると、オシャレな雰囲気たっぷりのヘアスタイルになります。

クセっぽい感じを出してあげると、さらにいい感じに。

嶋 啓太さん(@novel_keitaxyzz)がシェアした投稿 -

黒髪でクールな印象を出した大人ボブスタイル。全体の重さよりも、前髪を薄めに作ってあげるのがポイントです。毛先に遊びを出してオシャレ女性に。

前髪からトップにかけてボリュームを出すようにスタイリングする事で、立体感と縦長のシルエットが完成します。

丸さを出すと子供っぽくなりやすいので、縦長をイメージしてスタイリングすることが大切です。

まとめ

いかがでしたか?前髪はスタイリング一つで印象を変えることができるので、前髪を作ろうかお悩みの方は是非チャレンジしてみてくださいね。

元記事を読む