1. トップ
  2. 楽しい…それともたいへん? お子さんと料理、してますか【パパママの本音調査】 Vol.283

楽しい…それともたいへん? お子さんと料理、してますか【パパママの本音調査】 Vol.283

  • 2018.7.9
  • 4082 views




生活するうえで重要なスキルの1つであるお料理。学校の家庭科で学ぶこともできますが、家でも練習できると心強いですよね。とはいえ、お子さんと料理をすると、火傷や怪我の懸念、またかえって効率が悪くなることなどから、なかなか機会がないというご家庭も多いのではないでしょうか。そこで、パパママ世代に家でお子さんと料理をするかを聞いてみました。



Q.お子さまとお料理、しますか?
1.頻繁にする 8.7%
2.たまにする 54.6%
3.ほとんどしない 31.3%
4.したことがない 4.8%
5.その他 0.6%


子どもと料理をたまにするという人が半数以上という結果になりました。一方、ほとんどしない人も31.3%。子どもの年齢にもよりますが、頻繁に料理をしている人は少ないという結果となりました。


■料理好きは男女問わず! 好きな子は積極的にキッチンへ

男の子、女の子問わず、お料理が好きな子もたくさんいるようでした。料理仲間がいると、食事を作るママやパパもうれしいですよね。たとえそのためにハラハラすることや片付けるものが増えたとしても…。


「小2の息子が卵焼きを焼いてくれます! 1つだけの得意料理です。火傷や切り傷も少しくらいならいいやと、お手伝いしてもらっています。キッチンはめちゃくちゃですが…」(滋賀県 40代女性)

「息子は将来料理人になりたいという夢があるため、一緒に料理したり、いろいろ作ってくれます」(茨城県 40代女性)

「小学4年生の男の子ですが、よく一緒に晩御飯を作ります。私のいるとき以外は火は使いませんが、いるときには冷蔵庫に入っている野菜などで、味噌汁を作ってくれます」(北海道 30代女性)

「うちは共稼ぎなので、私が遅いときは、娘は主人と一緒に夕飯を作ってくれます。私が休みのときは一緒に餃子を包んだりします。料理ができるように今から少しずつ教えてあげています」(福島県 40代女性)

「小6の男の子だけど、料理したがるのでいろいろとやらせています。魚のうろこと内臓は取れるようになりました」(神奈川県 40代女性)




■一緒にやりたいけど、効率を考えると難しい

子どもと一緒にやると時間もかかるし、手間もかかるからやらせないというコメントもありました。子どもが興味がないなら仕方ないですが、もしやりたがっているなら、休日限定で一緒にやってみるのもアリかも!?


「一人でやったほうが断然早いので、子どもと一緒にはやりません。子どもたちが小さいときも、一緒にやるのはクッキー作り程度でした。お手伝い…。何もしないでいてくれるのが、一番のお手伝い」(神奈川県 40代女性)

「あまりしないですね。言い訳になってしまいますが、時間があればやりたいです。私自身は、小学生くらいから亡き母と一緒に台所に立っていました。『今日、これ作りたい』と、料理の本を見て、おかずを作ったりしていました。4世代同居の9人家族の主婦だった母。時間に追われてばかりだったろうに、子どもがやりたいと言ったときにやらせてくれたなんて、見習わなきゃ」(神奈川県 40代女性)



■家庭科の授業が始まるときがポイント

小学校5年生になると家庭科の授業が始まります。その時までに、簡単な包丁の使い方などがわかっているといいのかも。もしくは、授業をきっかけに家で料理をするようになるのもいいですね。


「男の子も、簡単な自炊くらいはできるようになってもらいたいので、小さい頃から料理を教えてきました。小5になり、家庭科の授業で野菜を切る機会があったときに『みんな包丁が使えなくて困ってたよ。教えといてくれてありがとう』と言ってもらえました」(神奈川県 40代女性)

「5年生になり、家庭科が始まると少しずつ興味が出てきたようで、調理中に自主的に手伝いに来ます。時間に余裕があるときは簡単なことから教えながら、一緒に台所に立つようになりました」(北海道 40代女性)



Q.お子さまとお料理、しますか?
アンケート回答数:5841件
ウーマンエキサイト×まちcomi調べ

(サトウヨシコ)

元記事を読む