あなたはネイルサロン派?セルフネイル派?メリット・デメリット

ネイルサロンでしてもらうネイルは、やっぱりプロにしてもらうだけあって完成度が高い! ただお金も時間もかかります。 セルフネイルなら、自分の好きなタイミングでお安く施術できます。 とは言え、その完成度やいかに…? ネイルサロンでのネイル、自分でするセルフネイル、どちらにもそれぞれの良さがあり、そしてデメリットもあります。

ネイルサロンとセルフネイルの違い

ネイルサロンでしてもらうネイルは、やっぱりプロにしてもらうだけあって完成度が高い!

ただお金も時間もかかります。

セルフネイルなら、自分の好きなタイミングでお安く施術できます。

とは言え、その完成度やいかに…?

ネイルサロンでのネイル、自分でするセルフネイル、どちらにもそれぞれの良さがあり、そしてデメリットもあります。

ネイルサロンに行くメリット

まずネイルサロンに行くメリット。

それは、前述したとおりプロのネイリストさんに施術してもらえると言うこと。

ネイリストの認定試験に合格して、毎日仕事でお客様やサンプルチップにネイルアートしている、そんなプロに素人がかなうはずありません。

ただ、ネイリストの資格がなくても技術さえあれば働くことは可能なので、サロンで資格認定証が飾ってあるか確認すると良いですね。

認定証があれば資格が何級なのかも分かり、どれだけ極めているプロかが分かります。

完成度が高い上に、長持ち

ネイルサロンでは高度な技術で素人には難しいスカルプチュア、細かなアート、エンボス、3Dエンボスなどあらゆる希望に応えてくれるでしょう。

特にスカルプチュアや3Dエンボスアートは上手な人が作らなければすぐに折れたり、取れたりしてしまいます。

たったの一日で取れちゃった!なんてこともあるので、やはり熟練のネイリストさんに任せたい施術ですね。

また、普通のジェルネイルにしても下処理が徹底しているので、一ヶ月くらい長持ちさせられます。

ネイルサロンに行くデメリット

デメリットを挙げるなら、やはり費用。

メニューとしてはラメグラデーションなどがお安いほうですが、それでも5000円〜が通常価格となります。

また人気のサロンの場合、予約しなければ飛び込みで施術してもらえないですし、サロンに行くとなるとそれなりにおめかしもしなければなりません。

セルフネイルのメリット

その点、セルフネイルはコスパに優れている!

ジェルネイルの場合、LEDもしくはUVマシン、ジェルカラーや筆、ファイルなど一式そろえなければなりませんが、揃えてしまえばあとはいつでも自宅でネイルが楽しめます♪

セルフネイルのデメリット

ただやっぱりデザインの完成度が低くなったり、利き手への施術だけいびつになったり、すぐに剥がれてしまったり…。

金欠のときはセルフ、リッチなときはサロン、という風にわけてもいいかもしれませんね♪

Itnail編集部

元記事を読む
提供元: Itnailの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理