1. トップ
  2. 恋愛
  3. 私はデートのつもりだったのに、彼はデートだと思っていないシチュエーションとは?

私はデートのつもりだったのに、彼はデートだと思っていないシチュエーションとは?

  • 2018.7.6
  • 13313 views

今日は、前からいいなと思っていた男性とのデート!と思ってうきうきしてたのにいざ当日を迎えると……なんだかアレ?と感じた事ってありませんか?

実はそれ、彼の中では最初からデートのつもりじゃなかったのかもしれません。

ということで今回は、実はそれデートじゃないかも!というあるあるシチュエーションについてご紹介します。

デートのつもりなのに実は違う

ときめきポイントがないまま終了

そもそも彼がこれを「デート」だと思っていなかった場合、変に気合を入れたりデートコースを考えたり、あなたのことをもてなそうという発想すら思い浮かびません。

なぜなら彼の中ではこのデートは単純に「仲のいい異性とのお出かけ」なだけだからです。

相手もこれが「デート」だと思って気合を入れていたら、素敵なデートスポットに連れて行ってくれたりディナーをごちそうしてくれたりと、何かときめきポイントがあるかもしれません。

しかしそういったポイントが一切なかった場合はそもそもデートではなかったという説も考えてみた方がいいかもしれませんね。

彼の発言にも注目!

もしかしたら、彼の発言からも「これはデートじゃないよアピール」が出ているかもしれません。

例えばデート中に「そういえば彼氏いないの?」と聞かれる、本命相手の話をされる等。そもそも彼もデートのつもりで来ていたら、絶対にこんな発言はしてこないでしょう。

でもあえてこういった発言をすることで、「これはデートじゃないよ」「だから意識しないでね!」という微妙なアピールをしているのです。

デート終了後にも特に何もなし

もしこれが彼の中で「デート」だった場合は、「今日はありがとう」「また一緒に出掛けようね」「楽しかったよ」といった、心のこもったお礼のメッセージが送られてくるはず。

それは、きちんと関係性を築くことで次に繋げたいからです。

でもこういったものではなく「またね」等そっけないメッセージだった場合は、次に繋げようという気持ちはなく単純な挨拶になります。

彼の中ではそもそも気合を入れたデートではなかったと判断してもいいかもしれません。

勘違いをすると痛い女に……

もし彼の中ではデートのつもりでは一切なかったのに、あなたが一人で舞い上がってしまっていたとしたら2人の中で空気感がズレてしまい、下手をすると痛い女という印象を与えてしまう可能性があります。

しかし、こういった彼からの微妙なサインを意識することで2人の空気感を合わせ自然な雰囲気で接することができるはずなので、ここからじわじわと関係を発展させられるチャンスもやってくるかもしれませんね。
(愛カツ編集部)

元記事で読む