それ残念眉かも!? 「眉がうまく描けない」3つの原因と解決法

メイクで苦戦するという声が多い“眉”。しかし、眉は顔の印象を大きく左右する重要なパーツでもあるため、適当に仕上げてしまうとメイク全体がイマイチな仕上がりになってしまうことも……。そこで今回は、眉がうまく描けない3つの原因と解決法を、コスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者が解説します。

原因1:片眉ずつ見ながら描いている

眉が上手く描けないという方の、ほとんどがやってしまっていることのひとつがこれ。眉メイクの際、左眉を描くときは左側の顔を鏡に向け、右側の眉を描くときは右側を鏡に向けて描いてしまっていませんか? 実はそれ、左右の眉がアンバランスになってしまう原因なのです。

解決法

眉を描くときは鏡に顔をまっすぐ向けて、左右のバランスを見ながら描いていくのがポイント。左右の眉の形や、眉頭のスタート位置などがそろっているかなど、鏡を正面で見ることで確認がしやすくなりますよ。

原因2:いかにも感のある眉

顔をパッと見たときに、思わず眉に視線がいってしまいそうなインパクトのある眉。そんな力強い眉は不自然な印象を与えてしまいがち。眉頭から眉尻までガッツリ描いていることが、残念眉になってしまう原因なのです。

解決法

眉頭から眉を描くのではなく、眉頭より5㎜くらい内側から眉を描くのをスタートさせましょう。そうすることで抜け感が演出できて、いかにも感のある眉の回避につながります。眉頭はできればパウダーアイブロウで描くのがおすすめです。

原因3:アイテム使いをしない

眉メイクをするとき、ひとつのアイテムで済ませてしまうという方も多いのではないでしょうか。しかしひとつのアイテムで眉を描いてしまうと、メリハリもなく形も整っていない残念眉になってしまいがち。

解決法

出典: Shutterstock

眉頭はパウダータイプでナチュラルに、また眉尻などの細かい部分はリキッドなどで繊細な線を描くなど、部分に合わせてアイテムを使い分けるのがおすすめ。そうすることでメリハリもできて、ナチュラルなのにきちんと感のある眉に仕上がりますよ。

眉は、メイクのなかでも難しいと感じる人が多いパーツ。でも、描き方のポイントさえおさえれば、誰でも上手に眉メイクができるようになります。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

【画像】

※ JAYANNPO / Shutterstock、node、june. / PIXTA(ピクスタ)

元記事を読む
提供元: GATTAの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理