1. トップ
  2. ダイエット
  3. 肩こりや首こりを感じたら!オフィスでできるタイ式ヨガ・ルーシーダットン

肩こりや首こりを感じたら!オフィスでできるタイ式ヨガ・ルーシーダットン

  • 2018.7.4
  • 1365 views

「腕枕の仙人」のポーズはどんなときに行うと良い?

首こり、肩こりを感じた時に行うのがおすすめです。
簡単にセルフケアできるので、例えば会社でも座ったまま行うなど日常に取り入れて、疲れを溜めない体づくりを目指しましょう。
3回ほど繰り返して3分くらいを目安に行いましょう。

STEP1. 親指を耳の後ろにあてる

まず、背筋をまっすぐに伸ばして正座の姿勢を取り、親指を耳の後ろのくぼみにあてます。

残りの4本の指は、頭を後ろから包むようにやさしく持ちましょう。

ポイント

足同士を重ねないで、正座をしましょう。正座ができない方は、あぐらもしくは膝を曲げても良いので長座で行うと良いでしょう。正座で足が痛くならないようマットなどの上で行うのがおすすめです。

STEP2. 右ひじを上げていく

鼻からゆっくりと息を吸いながら、顔を上げていきましょう。

ポイント

呼吸が大事なので、鼻から吸うことを意識しましょう。

そのまま右ひじとあごを右斜め上に上げていきます。このとき、右手の親指で頭を持ち上げるように少し力を入れましょう。

ポイント

体を傾けるというよりも、ひじを上げるように意識します。わきの下の伸び感を感じましょう。

STEP3. 元の姿勢に戻す

口からゆっくりと息を吐きながら、元の姿勢に戻していきます。このとき、親指の圧もゆっくりと抜いていきましょう。親指を離したタイミングで首の血流が良くなり、老廃物が流れやすくなります。

STEP4. 2回目はさらに斜めに傾ける

息を吸いながら反対側も同様に行います。2回目はひじと顔をさらに斜めに傾け、目線も真上に向けましょう。目を意識して動かすことで、目の緊張を緩和することも期待できます。

口からゆっくりと息を吐き出しながら、元の姿勢に戻していきます。

監修:朝倉万寿美(日本ルーシーダットン普及連盟プログラムディレクター)
日本ルーシーダットン普及連盟
http://www.rusiedutton.com/menu.html

スポット情報

  • スポット名:ルーシーダットンスタジオ LASSA
  • 住所:東京都中央区銀座4-11-7 第2上原ビルB1F
  • 電話番号:03-6435-3864
元記事を読む