1. トップ
  2. ファッション
  3. かわいいスカートが苦手なら!《タイトスカート》で大人の魅力を引き出そう♡

かわいいスカートが苦手なら!《タイトスカート》で大人の魅力を引き出そう♡

  • 2018.7.1
  • 28448 views

ふんわりスカートはかわいすぎて苦手という大人女子も少なくないですよね。そこでおすすめなのが、タイトスカートです。

タイトなシルエットなら、スカートも大人っぽく着こなすことができますし、かわいいのが苦手な多でも着こなしやすいんですよ!

今回は、おすすめのタイトスカートコーデをまとめました♡

ベーシックカラーのタイトスカートは着回し力高

出典:http://zozo.jp/

シンプルなベーシックカラーのタイトスカートは、特に着回しの幅が広い!

どんなトップスとも合わせやすいから、様々なジャンルのコーディネートに使えちゃいます!

出典:zozo.jp

ラップ風のデザインとウエストのリボンがアクセントになったタイトスカート。

きれいめな印象が強いですが、あえてアクティブなカジュアルコーデに仕上げるのもアリですね!

出典:zozo.jp

白のタイトスカートは、さっぱりとした抜け感があるので、これからの季節にピッタリです。

深みのあるダークなカラーのトップスを合わせても、夏らしく決まっていますね!

出典:zozo.jp

ベージュのタイトスカートはクラシカルな雰囲気で大人っぽさ満点。

フロントボタンもレトロな部分を演出してくれていますね。

鮮やかなカラーのトップスを合わせても、幼く見せません。

甘めなレーススカートはタイトスカートで上品に

出典:zozo.jp

ガーリーなイメージが強いレーススカート。

とくに白レースのスカートは、甘さが出やすいですよね。

でも、タイトなシルエットなら上品に見せることができますよ!

出典:zozo.jp

パキッとした色味のビビットピンクなら、レーススカートでも甘さ控えめでクールな着こなしをかなえてくれます。

きれいめな着こなしはもちろん、カジュアルなトップスも合わせるのもgood。

出典:zozo.jp

スカートが濃色レース×タイトなシルエットで大人っぽいので、かわいらしいフリルスリーブのトップスを合わせても、ガーリーになりすぎる心配がありません。

大人の女性らしい、ほんのりしたかわいらしさを演出できますよ♡

undefined
出典:zozo.jp

ヌーディなライトピンクのレースタイトスカートは、女性らしいやわらかさを演出してくれるアイテム。

女っぽさも上品さも格別なので、お仕事コーデだけでなく、ちょっとしたお呼ばれ事にもピッタリです!

カラースカートも幼く見えない

出典:zozo.jp

幼く見えてしまいがちなカラースカートですが、夏は鮮やかなコーディネートが着たいので、大人女子でもチャレンジしたいですよね!

そんなときは、タイトなシルエットをセレクトしてみてください。

幼く見えず、上品にカラーを取り入れれます♪

出典:zozo.jp

イエローは、鮮やかな色味だと子供っぽさが出てしまいやすいので、タイトなシルエットとともに、少し渋みのある色味のものを選ぶのも、大人っぽく見せるポイントです。

出典:zozo.jp

存在感たっぷりの真っ赤なタイトスカート。

シンプルに着こなしてスカートメインのコーディネートに。

物足りなさを感じるときは、ビスチェをレイヤードしてこなれ感をプラスして♪

柄物も安心

出典:zozo.jp

カラースカート同様に、着こなしの難易度が高い柄スカートも、タイトなシルエットなら安心です。

トレンドのギンガムチェックも、幼さが気になってチャレンジできずにいた方は、タイトスカートで挑戦してみて!

出典:zozo.jp

華やかなペイズリー柄も、タイトスカートですっきりと着こなしましょう。

柄に華やかさがあっても、シルエットがすっきりとしていれば、コーディネートはきれいにまとまってくれます。

カジュアルなデニムスカートもタイトなシルエットで大人っぽく

出典:zozo.jp

カジュアル感の強いデニムスカートですが、タイトスカートなら大人っぽくきれいめな印象。

いつものカジュアルなイメージを払拭して、ひと味違った雰囲気を楽しめます♪

出典:zozo.jp

黒デニムだとより引き締め感があって大人っぽいですね。

ロング丈で上品さもアピールすれば、カジュアルなデニムスカートをきれいめに着こなすこともできちゃいますよ!

大人のスカートコーデはタイトスカートで

いかがでしたか?普段あまりスカートをはかない方でも、タイトスカートならチャレンジしやすいですね!

ふんわりスカートが苦手でも、タイトなシルエットから、スカートにトライしてみてくださいね♪

元記事を読む