1. トップ
  2. 恋愛
  3. 二度目のデートで「絶対付き合いたい!」と思わせる女性の特徴3つ

二度目のデートで「絶対付き合いたい!」と思わせる女性の特徴3つ

  • 2018.6.30
  • 42957 views

初めてのデートでは、お互いに相手から好かれようと自分を良く見せますし、緊張して素の自分なんか出ませんよね。

そして、二度目のデートでは、かなり打ち解けて、接し方も話す内容もフランクになっていくはず。

でも、三度目に誘われるかどうか、本命彼女に確定するかどうかは「二度目のデート」で決まるといってもいいでしょう。

今回は、二度目のデートで「絶対付き合いたい!」と思わせる女性がしていることを紹介します。

また、NG行動もいくつかあげたので、参考にしてください!

二度目のデートで「絶対に彼女にしたい」と思われる女性がしていること

■自然に男性をほめる

二度目のデートで、男性から本命彼女として付き合いたいと思われる女性は、ちょうど良い褒め言葉を言います。

卑屈になるわけでもなく、あからさまに媚びるわけでもなく、自然に男性の優れた点を持ちあげて「すごいね」と言えるのです。

また、それを実行するには、二度目のデートまでに、ちゃんと男性を理解することが大事。

何に自信を持っていて、どんな分野・仕事に興味を持っているのか、好きなものは何かを、正しく把握できなければ、「自然な褒め」は難しいでしょう。

逆に、二度目のデートで彼女にしたいとは思われない女性は、男性を理解して立てることより、自己主張をしたがります。

自分の思い通りに男性を動かそうとしたり、男性の選んだお店やプランにケチをつけたりして、恋心を萎えさせてしまうようです。

■明るい話題を話し、ニコニコする

芸人並みにネタを見せて男性を笑わせる必要はありませんが、一緒にいて無邪気に笑えることって、恋愛においてはとても大切です。

「しゃべりには自信ない…」という方も、いつも笑みを絶やさずにいれば、彼もニコニコしてくれるはず。

笑いに対するハードルを低くし、明るい話題を話すように意識したほうが良いでしょう。

逆に、仲良くなるにつれて「ムリ!」と、男性から拒否されてしまうのは、自虐ネタが多く、暗い打ち明け話をする女性。

「何もかも打ち明けてからお付き合いした!」と、言わなくてもいい暴露をしてしまうようです。

長くお付き合いするにあたり、「短期間でも鬱っぽくなってしまった」とか「いつも自分に自信が持てない」などといった話しを共有するのは大切です。

しかし、二度目のデートでは自分を理解してもらうことより、彼と楽しい時間を過ごすことを考えましょう。

■「付き合うことになったら……」と、未来の話をする

基本的に、過去より未来です。二度目のデートで本命彼女に確定する女性は、男性に対して「今度は、一緒に水族館に行きたいな」とか、「次は、あそこのレストランに行ってみよう」と、未来の話をします。

男性に、このまま付き合ったら楽しく過ごせそうという期待を持たせることが上手なのです。

逆に、気になる彼と良い感じに打ち解けたからと、昔の恋の話をしてしまう女性がいます。

それは自ら地雷を踏んでいるも同じ。男性は、過去の彼氏なんて知りたくありません。二度目のデートで話したなら、気持ちを冷めさせるだけでしょう。

■付き合うまでに全部を知り合う必要はない

腹を割って何もかも話しておかないと、付き合ってから彼にガッカリされるかもしれない……と、不安がる女性が結構います。

けれど、彼氏彼女になった時点で、お互いのことは3割程度しか知らなかったとしても、全然かまいません。

むしろ、10割を知り尽くして交際をスタートさせるカップルのほうが珍しいでしょう。

愛の伝道師、美輪明宏さんは、「親しい間であればあるほど、腹八分目で付き合うのが丁度良い」と語ります。

つまり、恋人同士として良い関係を築くには、親密になっても、あえて知り尽くさないことが大切なのです。

二度目のデートでは、出しゃばらず、突っ込みすぎず、ひたすら「彼と仲良く、楽しく過ごすこと」を意識するのが良いでしょう。

(沙木貴咲/愛カツライター)

(愛カツ編集部)

オリジナルサイトで読む