1. トップ
  2. ダイエット
  3. 二の腕&背中の引き締めにお役立ち。トップアーティストが日課にする3つの簡単エクサ

二の腕&背中の引き締めにお役立ち。トップアーティストが日課にする3つの簡単エクサ

  • 2018.6.3
  • 20929 views

年齢を重ねることで身体のラインの崩れや不調などの悩みが次々と出てきてしまうもの。そこで、現在東京公演中のシルク・ドゥ・ソレイユ「キュリオス」に出演する“世界最高レベルの柔軟ボディ”を持つコントーショニスト・IMIN TSYDENDAMBAEVA(イミン・チデンダンバエヴァ)さん(以下、イミンさん)に、イミンさん自身も日々ルーチンとして実践している“引き締め”や“サイズキープ”に役立つ簡単エクササイズをパーツ別に教えてもらいました。

今回は「二の腕」と「背中」にフォーカスしたエクササイズ3つです。早速チェックしてみましょう!

美しい後ろ姿に導く“背中”ストレッチ法2つ

A.背中全体の筋肉に効くストレッチ法

(1)床にうつ伏せになり、両膝を曲げて両手でつま先をつかむ

(2)ゆっくりと頭と胸をあげると同時につま先を上へ持ち上げ、ゆっくり呼吸をしながら30〜40秒キープする

余裕を持ってできる方は、さらに首を反り返して顔を天井に向けると高い効果が得られます。

B.背中の筋肉の他、太もも、お尻、二の腕の筋肉に効くストレッチ法

(1)床に仰向けになり、脚を腰幅くらいに広げて両膝を立てる

(2)両手のひらを耳の横につけて、頭を床につけたままお尻だけを持ち上げ、ゆっくり呼吸をしながら30〜40秒キープする

余裕を持ってできる方は、上写真のようにゆっくりと両手両足で床を押して身体全体を持ち上げと高い効果が得られます。

細腕を育む“二の腕”エクササイズ

(1)床に四つん這いになり、脚をピッタリと閉じたまま膝下を持ち上げる ※手は肩幅よりも少し内側に置きます

(2)脇をしめ、そのままの体勢で腕立て伏せを10回行う

効果をしっかり得るために、実践時は「猫背にならない」ように注意してください。また余裕を持ってできる方は腕立て伏せの回数を増やしてみましょう。

背中や二の腕は意識が向きにくいパーツではありますが、筋力が弱いと姿勢の悪化につながりますし、首肩および背中にコリがたまると脂肪が付きやすくなってしまいます。イミンさんによれば日々ストレッチやエクササイズで背中や肩周りの柔軟性や筋力をキープすることで、体型キープだけでなく疲労感が残らない巡りの良い体づくりも叶います」とのこと。また、「朝起きた後に20分程度のヨガやストレッチがオススメですが、時間がないときは夜寝る前に少しでも行うことが大切」とも教えてくれました。ぜひ実践して背中と二の腕の“引き締め”と“筋力UP”に役立ててくださいね。<text:Hirmi Anzai photo:本城直季(Naoki Honjo) ストレッチ監修:IMIN TSYDENDAMBAEVA(シルク・ドゥ・ソレイユ)>

元記事で読む