1. トップ
  2. グルメ
  3. 「ローソンは大革命を起こした」 新機軸の「トルティーヤチップと食べる! ざくざくサラダ」が「旨すぎてヤバい!」と大好評

「ローソンは大革命を起こした」 新機軸の「トルティーヤチップと食べる! ざくざくサラダ」が「旨すぎてヤバい!」と大好評

  • 2018.5.31
  • 23421 views

トルティーヤチップの食感がやみつきになる「ざくざくサラダ」

ローソンは、5月になってから“新機軸のサラダ”を続々と販売しています。赤いドレッシングが特徴の「赤のまぜまぜサラダ」や“パリパリ麺”が入った「パリパリサラダ」など、今までにないメニューが勢ぞろい。

今回紹介する新作のサラダは、“トルティーヤチップを割りながら”いただく一品です。ネット上では「旨すぎてヤバい!」と話題になっているので、どんなテイストなのか実際に食べてチェックしていきましょう!

同商品の中央には、アメリカで誕生したメキシコ風料理の「チリコンカン」をトッピング。ピリ辛”のトマトソースに仕上げており、中にはひき肉と豆が入っています。スパイシーな香りがただよって、一気に食欲がアップ。さらに“サワークリームドレッシング”をかけるとこうばしい香りが引き立つので、よくかき混ぜてから食べるのがおすすめです。

サラダには、レタスやアボカド、トマト、紫玉ねぎ、チーズなどがラインナップ。まずは、トルティーヤチップを砕いてからレタスを一口味見します。ザクザクとした食感の後にチリコンカンのスパイシーなテイストがやってきて、クセになりそう。またドレッシングの酸味が後味をまろやかにしてくれて、口の中に残る余韻が爽やかに。注目ポイントのトルティーヤチップは割り箸だと砕きにくいので、スプーンの背を使ってつぶした方がいいかも。

女性に人気のアボカドやトマトは予想以上に甘味を含んでおり、味にアクセントをつけてくれます。また紫玉ねぎは苦味があるので、一度に豊富なテイストを楽しめるのが好印象。トルティーヤチップの量が多く、最後まで“ザクザク感”を堪能できました。

同商品の購入者からは、「ローソンのざくざくサラダ旨すぎて夢中になって食べちゃった」「トルティーヤチップがあるだけでこんなにおいしくなるのか。ローソンは大革命を起こしたね」と好評の声が続出。新感覚の味わいが楽しめる、ローソンの「ざくざくサラダ」をお見逃しなく!

 

文/プリマ・ドンナ

オリジナルサイトで読む