1. トップ
  2. グルメ
  3. 欧米で話題の肌に優しく快適な“新生理用品”、食べるを我慢しない最新デトックス法など今週注目の話題

欧米で話題の肌に優しく快適な“新生理用品”、食べるを我慢しない最新デトックス法など今週注目の話題

  • 2018.5.27
  • 31962 views

今週(2018.5.19~2018.5.25)お届けした話題の中から特に反響の大きかった話題を紹介☆ 欧米を中心に人気が高まっている『肌に優しく快適で高コスパな新生理用品』、あの海外セレブたちが続々ハマる『食べるを我慢しない最新デトックス法』など、週末のひとときまとめてチェックしておきましょう。

肌に優しく快適で高コスパ。欧米を中心に話題の新生理用品

女性の一生涯の生理の回数はおよそ450回と言われ、切っても切れないのが“生理用品”ですが、使いやすくて肌に優しく快適な使用感と三拍子揃ったアイテムに巡り会えないという方が少なくないと思います。

そこで注目したいのが、いま欧米を中心に話題になっている生理用品「Menstrual cup(メンストラルカップ)」です。ナプキンやタンポンに替わる新しい生理用品で、タンポンと同じように膣内に挿入して経血をためて使用します。

▲鈴のような形状の生理カップ「エヴァカップ」。FDA(アメリカ食品医薬品局)認証されており、最長で12時間使用可能

中でも「エヴァカップ」は、世界の生理カップランキングで常に上位に入っているアイテム。挿入しやすく取り出しやすいので、初めて使用する方でも使いやすいと言われていて、リム(縁)のほどよい厚さと本体のやわらかさによって経血がもれにくく、さらにはナプキンのようなムレ、かゆみ、ニオイも発生しません。また、身体への安全性を第一に考えられていて、素材には哺乳瓶の乳首やコンタクトなどと同じ医療用シリコーン100%を使用されているので、紙ナプキンやタンポンに含まれる化学物質の影響が心配という方も安心して使用できます。

さらに1回の生理期間中に使用する生理用品の金額は約¥600と言われていますが、生理カップは何回も繰り返し使えるのでコスパも良いという点も魅力。経血量に合わせて使用できるように、サイズ違いで2〜3個揃えておくのがベストと言われています。生理期間中ストレスなく過ごすためにもぜひチェックしてみてくださいね。<問:インテグロ株式会社 https://integro.jp>

海外では“食べるデトックス”が最新トレンド

いまや定番ともなっている“デトックス”に重きを置いたダイエット法ですが、「クレンジングジュース」や「マスタークレンズ」といった厳しい食事制限が伴うイメージでなかなかチャレンジに二の足を踏んでしまう方が少なくないと思います。

でも、いま海外で注目が高まっているのは“食べるデトックス”。そんな最新の“食べるデトックス”の筆頭的存在がボディトレーナーのジョー・ウィック氏が提唱する「Leanin15」というものになります。

その内容は「野菜などを中心にクリーンでヘルシーな食事を摂る」だけ。しかもトースト、パスタ、マフィンなどの炭水化物やチーズもOKで、厳しい制限がなく量も比較的ボリュームを取れるというもの。

また、ジョー・ウィック氏は自身のインスタグラム(@thebodycoach)で簡単においしくできるレシピ動画も配信して好評を集めているだけでなく、レシピブックも出版しているので、ぜひ参考にしてみましょうね。

元記事を読む