2017.10.26

今できることを今やっておく。星玲奈が築いたポリシー。#私のTRILL

いま輝いている人の、自分らしさやTrue & Realな本音に迫る連載企画「#私のTRILL」。TRILLが、総勢16名の著名人にインタビューを決行。ここだけのトークに、自分をもっと好きになるヒントが見つかるかもしれません。

第4回目は、大人のきれいめコーデで多くのフォロワーから人気を集める、美容関連会社経営でありながら人気インスタグラマーでもある星玲奈さん。

以前はネイリストとして活躍されていた星さんですが、あるとき「この仕事を諦めた方がいいのかもしれない」と思うことがあったそう。それでも幼い頃から大好きだった美容やファッションの世界で活躍しつづける彼女のポリシーとは?

― 星さんといえば、ネイリストとして活躍された後、現在ではSNSで発信されている美容やファッションに注目が集まっていますが、活動の上でのポリシーはありますか?また、美容の道に進まれたのはなぜですか?

昔からあまり変わらない自分の中での気持ちっていうのが、「今できることを今やっておこう」っていうのが、ずっと多分、ぶれてないんですね。ネイリストとして美容の道に進んだ背景にも、中学、高校ぐらいのときから、美容に関することはすごく興味がありました。

― この道であっていたのだろうかと、不安になったり迷ったりということはなかったですか?

私がネイルサロンで働いていた十何年前っていうのは、すごく爪を長くするっていうものが割と主でした。施術にはアクリルの粉を使うんですけど、マスクをしてても、どうしても吸い込んでしまって。もともと、喉が弱かったので、喉の炎症による高熱を何度も出してしまっていたんです。トイレにも行けない、ご飯を食べる時間もすごく不規則で、自分も多分、早く成長しなきゃ、早くいっぱいできるようにならなきゃっていう焦りもあったと思います。今までで一番、体重が減ってしまったときもありました。

― それで諦めよう、とはならなかったですか?

そうですね。そうなったときに、じゃあ、体調崩したからといって、「違う道?どうなんだろう」って、いろいろ考えたんですけど。でも、どうしても美容以外は考えられなかったんですね。

― 出産をして母になって、美容に対する意識は変わりました?

出産をして、自分の身なりをきれいにすることがなかなかできなかった状況に、すごくストレスを覚えたのが記憶にありますね。でも、夫にちょっとだけ子どもを見ていてもらって、まつ毛のエクステに行ったときに、「このリフレッシュ感、何なんだろう」って思ったんです。ほんとに少しだけでいいんですけど、そういうことに私は、だいぶ救われました。

― 今後のビジョンは?

美容とかファッションというのには、離れないでいたいな。その時々に自分にできることを、その自分の状況の中で、できる範囲のことはやっていたいなと思います。

* * * * * *

{{alt}}

星玲奈(ほし・れいな)
6歳と5歳の二児の母。出産前は青山にあるヘアサロン『NATURA』にてネイリストとして活動。女性誌や美容誌で読者モデルとして活躍する傍ら、現在は美容関連会社を経営。ブログやInstagramでも自らのライフスタイルを発信し、現在約34万人のフォロワーを持ち幅広い層に支持されている。2015年自身初のスタイルブック『キレイめカジュアルで作る大人コーデ』(KADOKAWA)を出版。2017年11月には、2冊目となる書籍を出版予定。

関連する他の記事