2018.04.20 PR | 提供 : ダイソン

ツヤ髪のために「髪を傷つけない」習慣を! 今すぐ見直したい"大人の美髪ケア"

どんなにおしゃれなヘアスタイルでも、ツヤのないパサパサ髪では台無し。だからこそ、トリートメントにこだわったり、サロンでスペシャルケアをしたりと、ダメージケアに力を入れている人も多いはず! でも、美しい髪のためにもっと見直せる毎日のケア習慣があるって知っていましたか?

{{alt}}

ヘアケアについて働く女性にアンケートを実施したところ、約7割の人が1か月に3,000円以上を投資。年間にするとなんと36,000円以上もヘアケアにかけていることに! 日本の女性のヘアケア意識の高さがうかがえます。

{{alt}}
{{alt}}

ほとんどの人がトリートメントやシャンプー・コンディショナー選びなど、受けたダメージを補修するケアが中心で、毎日使うドライヤーにこだわっている人は約半数の人にとどまっています。そこで、毎日のヘアケアのポイントについて、美容師さんに徹底取材しました!

{{alt}}

教えてくれたのは人気ヘアサロン「apish AOYAMA」のヘアスタイリスト宮永 玲奈さん。取材の中で、ツヤ髪のためには、ダメージを補修するケアだけでなく、毎日の習慣でいかにダメージを与えないことが重要なことが明らかに!

{{alt}}
{{alt}}

出典:Shutterstock

「髪はカラーリングやパーマでもダメージを受けますが、毎日の習慣も髪にダメージを与えてしまう原因のひとつなんです。ダメージを補修するケアを頑張りながらも、日常的にダメージを与え続けてしまっているということも。まずは、日々の中で髪を傷つけないようにするという意識を持ってみてください」

{{alt}}

出典:Shutterstock

「髪にダメージを与えるかどうかは、洗い方でも大きな差が出ます。濡れた髪は、水分を含んで膨張し、キューティクルがふにゃふにゃになった裸の状態。この時にゴシゴシこすってしまうと摩擦でキューティクルが傷ついてしまいます。シャンプーを泡立ててから洗う、優しく挟むようにタオルドライする、それだけで髪は変わってきます」

{{alt}}

出典:Shutterstock

「水分を含んだ髪をこすらないだけでなく、濡れて傷つきやすい状態で放置しないことも大切です。ただし、乾かす時に150度以上の過度の熱を与えてしまうと、髪のキューティクルは硬くなり、表面がガサガサに。キューティクルの表面が整っていれば、きれいに光が反射して髪にツヤが出ますが、ダメージでキューティクルが傷ついていると、光が乱反射してツヤがないように見えてしまいます」

{{alt}}

出典:ダイソン

「過度の熱は髪にダメージを与えてしまうため、美しい髪のためには毎日使うドライヤーにもこだわりを。お風呂上がりの濡れた髪は無防備な状態。低温で、すぐに早く乾かすことで、ダメージを受けるリスクを小さくできます。もともと低温設計になっているドライヤーを使うこともオススメです」

{{alt}}

出典:Shutterstock

「洗い方や乾かし方を変えたり、髪に優しいドライヤーに変えるなど、今、髪を傷つけないケアを始めることは、10年後、20年後に大きな差となって表れます。特に、毎日髪を熱にさらすドライヤーは、すぐにでも見直したいポイントです」

{{alt}}

出典:ダイソン

ダイソンのドライヤーはサロンで使用していますが、根元まで届く風量のため短時間で乾き、熱くなりすぎないのが特徴。オーバードライしにくいことを実感しています。風速を3段階から選べるので、乾かす時、スタイリングの時と使い分けられるところも優秀です」

オススメのドライヤーをCheck!!

{{alt}}

人気サロンでも使用されるダイソン スーパーソニック ヘアードライヤー。過度の熱に頼らず、根元から毛先まで一気に乾かすことができる、その高機能性はどのようなものなのでしょうか?

{{alt}}

出典:ダイソン

ダイソン スーパーソニック ヘアードライヤーは、温度が上がりすぎることを自動で防ぐ賢いドライヤー。過度の熱ダメージを防ぎ、髪本来のツヤを守ってくれます。ドライヤーを髪に近づけるブローでも、熱くなりすぎないから安心。

{{alt}}

出典:ダイソン

ダイソン スーパーソニック ヘアードライヤーは、過度の熱ダメージを防ぐ以外にも髪への優しさや使いやすさにこだわった機能が満載。ダメージヘアの研究から始め、開発から完成まで約5年間もかけた、まさにヘアケアのためのドライヤーです!

もっと詳しく知りたい!

{{alt}}

出典:ダイソン

頑張ってケアしてきたけれど「ダメージを防ぐ」ケアがきちんとできていなかったかも…。そんなあなたは、まずは毎日使うドライヤーを見直してみませんか?見過ごしてしまっていた髪を傷つけない習慣を取り入れて、今こそパサつき知らずの輝くツヤ髪を手に入れましょう。

髪を傷つけない習慣を始める

Edit:Hiroko Miyazaki
Design:WHITE AGENCY