1. トップ
  2. ファッション
  3. “トキメキ”で乱れを改善!?冷えによる女性ホルモンの乱れを正す3つの習慣

“トキメキ”で乱れを改善!?冷えによる女性ホルモンの乱れを正す3つの習慣

  • 2015.2.20
  • 568 views

少しずつ暖かくなってきましたが、やはり朝晩はまだまだ寒いですね…。寒さは風邪やインフルエンザだけではなく、女性ホルモンの乱れにまで及ぶこと、ご存知でしたか?今日は寒さで乱れたホルモンバランスを正常に戻すための習慣を3つご紹介します。

■冷えが原因で、自律神経の乱れが生じ、ホルモンバランスが崩れやすくなる

寒い季節になると月経が遅れたり、生理痛に悩まされたりする経験はありませんか? 女性の体は、冷えや冷えに対するストレスなどが原因で、自律神経に乱れが生じ、ホルモンバランスが崩れやすい傾向にあります。また、血液の巡りも停滞しがちな為、女性ホルモンを崩さない生活習慣を意識するべき時期なのです。

■冬場でも女性ホルモンのバランスを整える生活習慣3つ

(1)寒くても朝日を浴びる

朝日を浴びることで、ストレスを和らげる「セロトニン」が分泌され、体内時計の調整にも一役買ってくれます。寒いからといって朝カーテンを閉めたまま生活すると、自律神経が乱れやすくなってしまうので、朝は思い切ってカーテンを開けましょう!

(2)帰宅したら早めにお風呂

冬場はついついお風呂に入るまでが億劫に感じてしまいますが、帰宅したらなるべく早めにお風呂に入りましょう。寝る2〜3時間前に入ると、ちょうど眠りにつく時間に、体温が下がり始めるので、質の良い睡眠をとりやすくなります。

(3)厚着ばかりでなく、ときにはおめかしをして出かけよう

この時期は防寒や機能性を重視したインナーや、厚手のセーターなどの出番が多くなります。しかし、恋をしたときのドキドキや幸福感によって分泌されるドーパミンには、ホルモンバランスを安定させる効果があります。たとえ恋をしていなくても、日常の中にもちょっとしたときめきや高揚感が必要。身体を冷やすのは厳禁ですが、柔らかい素材のワンピースやお気に入りのアクセサリーなど、生活の中にも女性らしさを引き出すアイテムを取り入れて“トキメク”ことで、ホルモンバランスを整えましょう!

ホルモンバランスを整えることで、気持ち良く春を迎えられるようにしたいものですね。

(前田紀至子)