1. トップ
  2. グルメ
  3. 今週末のおすすめ東京イベント10選(2月20日~22日)

今週末のおすすめ東京イベント10選(2月20日~22日)

  • 2015.2.20
  • 635 views

~キュート&おいしいスイーツに癒やされる~

・映画ドラえもん × TOWER RECORDS CAFÉ(~3月13日)@TOWER RECORDS CAFE 渋谷店

http://isuta.jp/44870/

ドラえもんの新作映画公開を記念したカフェ。「ヒーロードラいカレー」や「流星ドラロール」など、ドラえもんをモチーフにしたかわいいメニューが盛りだくさん。特製どらやきや限定グッズなどもあり。

・ムーミンカフェ(Roppongi Hills meets Moomins)

http://isuta.jp/45317/

新作映画が公開中のムーミンの世界を体感できるイベント。数ある企画の中でも、ムーミンのラテやワッフルが味わえるカフェは特にオススメ!他にも記念撮影スポットやグッズ販売、貴重な作品展などもあり。

・ポケモンカフェ(~3月15日)@渋谷パルコ

http://isuta.jp/40283/

あのピカチュウをモチーフとしたオリジナルメニューやグッズを提供する、期間限定カフェ。オムライスやハンバーグなど、子どもも大人も大好きな洋食メニューから、シュークリームやパンケーキなどのスイーツまで豊富。

・盆栽カフェ(~4月5日)@東急ハンズ渋谷店

http://isuta.jp/44710/

盆栽を模したスイーツやドリンクメニューを提供する、期間限定カフェ。「苔-BONSAI-パフェ」、「BONSAI ティラミス ~芽吹き~」「抹茶ラテ -BONSAI-」などユニークなメニューが盛りだくさん!関連イベントもあり、これから盆栽を始めてみたい人にもぴったり!

・FORTY NINER Hawaii(フォーティーナイナー)オープン(2月21日~)@六本木

http://isuta.jp/44823/

ハワイのローカルの間で、古くから“パンケーキの美味しい店”として知られてきた「フォーティーナイナー」がオープン!日本ではあまり作られていない、バターミルクを使用した“元祖ハワイアン・パンケーキ”をはじめ、バナナ・フレンチトースト、アサイー・ボウルなどが味わえる。

~冬のグルメを味わう~

・広島春牡蠣フェスタ(2月21日~4月5日)@新宿・大久保公園

http://isuta.jp/43891/

“広島県産の牡蠣”をお花見しながら楽しめるイベント。自分たちで焼いて食す“BBQスタイル”をはじめ、定番のカキフライ、春カキのアヒージョ、春カキのクリームスープなど、牡蠣好きにはたまらないラインナップ。全天候型のユニットハウスなので、雨や雪の日を選ばず来場できるうえ席数も300席と広々。

・かき小屋 ヴィーナスフォート店(~4月5日)@お台場 ヴィーナスフォート

http://digiq.jp/venusfort/

冬季限定の「かき小屋」。新鮮なぷりっぷりの焼きかきの食べ放題のほか、「もつ鍋」、日本酒「飲み比べセット」などもあり。温かい小屋の中で、寒い季節ならではのグルメを楽しんでみては?

~アートを楽しむ~

・大友良英 音楽と美術のあいだ(~2月22日)@NTTインターコミュニケーション・センター

www.ntticc.or.jp/Exhibition/2014/Between_Music_and_Art/index_j.html

即興音楽から「あまちゃん」のテーマソングまで、幅広い活躍を見せる大友良英の展覧会。美術館やギャラリーなどでの展覧会への参加もしている大友が、「音楽」と「美術」という異なる表現の相違に目を向け、それらの「あいだ」にあるものとはなにかを、複数のインスタレーションとさまざまなイベントによって考えていく。

・スイスデザイン展(~3月29日)@初台 東京オペラシティアートギャラリー

http://www.operacity.jp/ag/exh172/

日本とスイスの国交樹立150年にあわせて開催される展覧会。近代デザインの草創期から、その開花を迎える20世紀中葉、そして多様な価値観とアイデアの展開する現在まで、スイスから世界に向けて発信されたさまざまなデザインを紹介している。

・奈良原一高 王国(~3月1日)@竹橋 東京国立近代美術館

http://www.momat.go.jp/Honkan/naraharaikko/index.html

戦後に登場した世代を代表する写真家の一人として知られる、奈良原一高の写真展。1958年に発表した「王国」は、北海道の修道院と和歌山の女性刑務所という、それぞれ外部と隔絶された空間に生きる人間存在を見つめた作品。極限状況を生きる人間というテーマを深化させたこの作品は、今なお色あせることがない。